FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

爽やかな高原台地:美ヶ原

5月23日(月)

美ヶ原高原:王ヶ頭(2034m)

登山教室の生徒さん3人と、日本百名山にも数えられる美ヶ原へ山行する。
utukusigaharamap.jpg
 美ヶ原トラック

utukusigahara.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
三城牧場駐車場(9:40)→広小場(10:12)→塩くれ場(11:20)→美しの塔(11:30)→王ヶ頭(12:00/12:50)→三城荘前(14:10)→三城牧場駐車場(14:18)



朝6時半前に名古屋を出発し、中央道を走り松本ICを出る。
松本市内を通り抜け、東へ扉鉱泉への道を走る。
途中から左に折れ三城牧場の駐車場へ午前9時半前に着く。
2,30台は停められそうな登山者用駐車場へ車を停める。
IMG_0737.jpg

準備をして、9:40、百曲がりコースへの道を登り始める。
あたりではすでにレンゲツツジが咲き始めている。
IMG_0738.jpg

新緑がきれいな中、谷に沿った道を緩やかに登っていく。
IMG_0740.jpg

広小場を過ぎるといよいよ百曲がりを通り美ヶ原台地への登りにかかる。
そんなにきつくはないが、何度もジグザグを切って高度を上げていく。
1時間ほど登り、樹林帯を抜けると南に高ボッチから鉢伏山への稜線が見えてくる。
最後に扁平の岩がゴロゴロする急坂を抜け美ヶ原の台地上に出る。
IMG_0742.jpg

詩人「尾崎喜八」の詩でも有名な広大な溶岩台地が広がっている。

登りついて不意にひらけた眼前の風景にしばし世界の天井が抜けたかと思う。
やがて一歩を踏み込んで岩にまたがりながら、この高さにおけるこの広がりの把握になおもくるしむ。
無制限な、おおどかな、荒っぽくて、新鮮な、この風景の情緒はただ身にしみるように本原的で、尋常の尺度にはまるで桁が外れている。

(尾崎喜八 美ヶ原熔岩台地)

T字路になっている塩くれ場から右へ「美しの塔」への道をのんびりと行く。
山本小屋の駐車場まで車で来たハイカーで一杯である。
牧場内には牛が放し飼いにされており、のんびりと草を食んでいる。
IMG_0749.jpg

美ヶ原の象徴となっている「美しの塔」で記念撮影をする。
IMG_0746.jpg

塩くれ場まで引き返し、美ヶ原の最高点である王ヶ頭を目指す。
東に残雪の北アルプスの穂高から槍ヶ岳の稜線が見えているが、今日はやや霞んでいる。
IMG_0744.jpg

車も走れる広い道を行き、少し登って王ヶ頭ホテル前に出る。
IMG_0751_20160524140909274.jpg

予定より時間が早く着いたので、ホテルの食堂ビーフシチューやコーヒーを頼んで豪華(?)に昼食を食べる。
IMG_0754.jpg

昼食後、ホテル裏の三角点のある王ヶ頭へ行く。
IMG_0757_20160524140904ad9.jpg

北東には蓼科山から八ヶ岳連峰が薄っすらと霞んで見える。
IMG_0759.jpg

眺望を堪能し、12:50、下山にかかる。
IMG_0760.jpg

急な斜面をダテ河原に向けて一気に下り、少し林道を歩いた後再びカラマツ林の緩やかな道を行く。
IMG_0761.jpg

下り始めて約1時間半で少年の家前の車道に出て、少し車道を引き返し、14:18、三城牧場の駐車場へ戻ってくる。
振り仰ぐと、登ってきた王ヶ頭の電波塔群が良く見えている。
IMG_0762.jpg

帰りに、美ケ原温泉で汗を流し、中央道を走って、午後6時半ごろ名古屋へ帰る。



美ヶ原へは、車では何回も来ているが、足で歩いて登るのは大学生の時以来である。
2000mの台地上にこのような大草原が広がる風景は日本では珍しく、山歩きの入門には最適なコースであった。
山遊人


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示