FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

南アルプス大展望:奥茶臼山

5月2日(月)

南アルプス前衛峰:奥茶臼山(2474.4m)

山仲間と、長野県飯田市の上村にある奥茶臼山へ山行する。
okutyausumap.jpg
 奥茶臼山トラック

okucyausu.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
しらびそ峠(6:30)→前尾高山(7:10)→尾高山(8:00/8:05)→奥尾高山(8:45)→岩本山(9:40/9:45)→奥茶臼山(10:55/11:30)→岩本山(12:30)→奥尾高山(13:30)→尾高山(14:12)→しらびそ峠(15:20)



高気圧に覆われ絶好の登山日和である。
朝4時に出発し、中央道飯田ICを出て、天竜川を渡る。
喬木村の矢筈トンネルを抜け、しらびそ高原への林道を上がる。
6:15、先客の車が1台停まっているだけのしらびそ峠へ着く。
残雪をいただいた南アルプスの聖岳方面の山々が見えている。
IMG_0512.jpg

6:30、準備をして、階段を上がり尾高山への登山道を登り始める。
IMG_0513.jpg

少し登り、笹とカラマツ林の中の明るい森を行く。
更に登るとシラビソやコメツガなどの針葉樹の森を行くようになる。
南アルプス特有の緑の苔のじゅうたんが美しい。
IMG_0514_2016050305561827a.jpg

登山道わきにはバイカオウレンの小さな白い花が咲いている。
IMG_0551.jpg

前尾高山のピークを過ぎ、8:00、尾高山山頂に着く。
IMG_0515.jpg

少し休んだ後、奥茶臼山を目指して樹林帯の中の稜線の道を行く。
途中、奥尾高山や岩本山を越えながらアップダウンを繰り返していく。
IMG_0517.jpg

IMG_0518_20160503055600544.jpg

まだ、雪解け後の道が整備されておらず、倒木が多く歩きにくい。
9:40、岩本山を過ぎて広くなった尾根をしばらく行くと、いよいよ奥茶臼山への最後の登りにさしかかる。
右手には残雪の南アルプスが見え隠れする。
IMG_0520_20160503055602c92.jpg

登山道には少し残雪も現れてくる。
IMG_0523_20160503055603be8.jpg

急坂を登り、南北に長い山頂の一角に出る。
10:55、4時間半かかってやっと奥茶臼山山頂へ着く。
IMG_0524_201605030556054b5.jpg

山頂はあまり展望がよくないので、北に少し下がった切り開かれて展望のいい所で昼食を食べる。
ここからの眺望は抜群である。
北西方面には、伊那谷を隔てて残雪の中央アルプスが青空に浮かんでいる。
中央アルプスの奥には御岳山の頭も少し見える。
右手には北アルプス方面もかすかに見えている。
IMG_0528.jpg

東の方には南アルプス連峰が一望である。
IMG_0530_201605030555431e7.jpg
(仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳)

IMG_0531_20160503055545bd6.jpg
(白根三山と塩見岳)

IMG_0537_201605030555463b3.jpg
(荒川三山)

IMG_0538_20160503055548fdd.jpg
(南アルプスの盟主、赤石岳)

IMG_0540_201605030555420c7.jpg
(聖岳方面)

素晴らしい眺望にいつまでも見とれてしまう。
ゆっくりと昼食を食べて休んだ後、11:30、去りがたい気持ちを裁ち切り下山にかかる。
登ってきた道を下山するも、途中いくつものピークのアップダウンがあり、予想以上に時間がかかる。
14:12、尾高山を過ぎて下って行くと、やっと下の方に「ハイランドしらびそ」の赤い屋根が見えてくる。
IMG_0554_2016050305553044f.jpg

15:20、4時間近くかかりやっとしらびそ峠の登山口に降り立つ。

「ハイランドしらびそ」が定休日のため、飯田市内の「天空の城」の日帰り温泉に浸かり、中央道を走って、午後7時半ごろ帰名する。



奥茶臼山は、南アルプスの前衛峰として、赤石岳のすぐ西に聳えている。
1800m以上のしらびそ峠まで車で上がれるので、日帰りで行ける南アルプスを眺める山としては最高の位置にある。
山頂からの南アルプス全山の眺めが素晴らしいの一言に尽きるいい山であった。

山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示