FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

360度の展望広がる北横岳

2月22日(月)

北八ヶ岳:北横岳(2480m)

登山教室の皆さん10人と一緒に、北八ヶ岳にある北横岳へ山行する。
     kitayokomap.jpg

kitayokodake.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
ロープウェイ山頂駅(10:20)→北横岳ヒュッテ(11:08)→北横岳(11:25/11:40)→北横岳ヒュッテ(11:50/12:15)→坪庭(12:33)→雨池峠(12:55)→縞枯山(13:20)→展望台(13:35)→五辻(14:00)→山頂駅(14:40)



朝6時30分に集合し、3台の車に分乗して中央道を走る。
諏訪ICで下り、ビーナスラインを走り、9:30、北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅に着く。
現地は、周囲の山々もよく見通せる予想していたよりもいい天気である。
10:00、20分間隔で運転しているロープウェイに乗り、7分で山頂駅に着く。
DSC04038.jpg

2200mの山頂駅でも風もなく、そんなに寒くない。
今日はスノーシューかワカンを用意してきたが、今年の冬はどこも積雪が少なく、登山道は踏み固められて必要ない。
軽アイゼンだけを着け、坪庭を通って北横岳を目指す。
ロープの張られた坪庭を少し歩き、ジグザグの北横岳の登りにかかる。
DSC04041.jpg

1時間近く登り北横岳ヒュッテを通過し、15分ほど最後の山頂直下の急坂を登る。
DSC04043.jpg

11:25、三角点のある南峰に着き、すぐに最高点の北峰へ行く。
遮るもののない山頂からの眺望は素晴らしく、360度の展望が広がる。
DSC04047.jpg
(乗鞍岳と笠ヶ岳)

DSC04048.jpg
(北アルプス:槍・穂高連峰、手前は蓼科山)

DSC04049.jpg
(北アルプス:鹿島槍ヶ岳~白馬岳)

DSC04050.jpg
(四阿山~浅間山)

DSC04054.jpg
(南アルプス:北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳)

DSC04053.jpg
(南八ヶ岳::赤岳~天狗岳方面)

全員で記念撮影をする。
DSC04052.jpg

十分に眺望を堪能し下山にかかる。
DSC04058.jpg

少し下った北横岳ヒュッテの横で昼食を食べる。
DSC04059.jpg 

昼食後、坪庭まで下り、三角屋根の縞枯山荘を通って縞枯山を目指す。
DSC04062.jpg

雨池峠から右に折れ、150mほどのほぼ直登の急坂を、皆喘ぎながら登り、13:20、縞枯山山頂へ着く。
山頂から15分ほど稜線を歩き、三角点のある展望台へ行く。
展望台からは金峰山や瑞牆山、遠く特徴のある荒船山なども見渡すことができる。
最後の眺望を楽しんだ後下山にかかる。
DSC04068.jpg

茶臼山の方へ少し下り、鞍部から右に折れ五辻へと下る。
五辻から北へ縞枯山山腹を巻いて、14:40、山頂駅へ戻る。
15:00のロープウェイで山麓駅に下りる。
途中4つほど露天風呂が分散してある「小斉の湯」に浸かり身体を温める。

中央道を走り、午後8時前に名古屋へ帰り着く。



今日は、スノーシューハイクで有名な北横岳へ出かけたが、あいにく雪が少なくスノーシューなどを使うことは出来なかった。
しかし、風もない暖かな天気で、山頂からの眺望には恵まれた山行であった。
北横岳は冬山入門の山としては最適であり、参加された皆さんも楽しんでおられた。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-