FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

ウェストンの足跡を辿る山旅:クラシックルートからの恵那山

10月15日(木)

東濃:恵那山(2191m)

山仲間4人と一緒に、東濃の恵那山へ前宮コースから山行する。
enasanmap_201510170628582b1.jpg

enasan_20151017062858661.jpg

【天気】 快晴
実況天気図(2015年10月15日)

【コースタイム】
恵那神社(5:30)→前宮登山口(5:50)→対東沢(6:23)→五合目(7:14)→枯大桧(8:15/8:20)→中の小屋跡(8:34)→空峠(9:25/9:35)→行者越(10:00)→空八丁(10:20)→十六合目(10:50)→一乃宮神社(11:30)→神坂峠道分岐(11:35/11:40)→四乃宮神社(最高点)(12:05/12:10)→避難小屋(12:13/12:36)→御坂峠道分岐(12:56)→空峠(14:04/14:14)→枯大桧(14:44/14:54)→前宮登山口(16:06/16:20)→恵那神社(16:35)



今回の山行は、日本近代登山の父・ウォルター・ウェストンも歩いたというクラシックルートの前宮登山口からのコースを辿る予定である。
このコースは、標高650m~2191mの山頂まで標高差1500m以上、登りには6時間以上かかるロングコースである。
朝4時前に集合し、中央道中津川ICを出て、R363の川上集落で橋を渡り、ウェストン公園を通って恵那神社前の駐車場へ午前5時過ぎに着く。
まだ暗い中準備をして、5:30、ヘッドランプを着けて出発する。
30分ほど林道を歩き、明るくなりかけた前宮コース登山口に着く。
DSC03315.jpg

沢に降りて大雨時には流されそうな橋を渡る。
DSC03317.jpg

杉の植林の中の作業道のような広い道をジグザグを切って緩やかに登っていく。
1時間ほどで対東沢(心明霊神)に出て沢を渡る。
DSC03319.jpg

DSC03320.jpg

尾根に取り付くと道は急登となる。
途中五合目の標識を過ぎる。
DSC03321.jpg

更に勾配を増す道を登り、8:15、枯大桧に着き休憩する。
樹齢何百年もある大きな杉の枯れ木である。
     DSC03325.jpg

枯大桧から10分ほどで不動明王像のある中の小屋跡に着く。
DSC03330.jpg

少し登るとやっと視界が開け、周囲の紅葉した山肌が美しい。
DSC03332.jpg

笹の中の急坂を上り、やっと1801mピークの空峠(八右衛門の頭)に着く。
DSC03334.jpg

このあたりから眼前に恵那山を見ながら笹原の中の気持ちのいい尾根道を行く。
DSC03337.jpg

途中の樹間からは北に噴煙をたなびかせる御岳山が見える。
DSC03339.jpg

十三合目を過ぎて尾根道を登っていく。
DSC03340.jpg

乗鞍岳や穂高連峰も見える。
DSC03342.jpg

行者越と名付けられた岩場を通過する。
DSC03347.jpg

更に登ると空八丁と名付けられた急登が待っている。
DSC03348.jpg

急登を登り切り十六合目の標識を過ぎる。
DSC03350.jpg

やっと緩やかな樹林帯の中の道となり、小さな尾根上に登ると一乃宮神社に出る。
DSC03351.jpg

11:35、神坂峠から登ってくる道との分岐点に出る。
DSC03352.jpg

恵那山から続く主稜線上の緩やかな道を、二乃宮神社、三乃宮神社と過ぎ、最高点のある四乃宮神社の裏の展望台に立ち寄る。
そこからは東に南アルプス連峰の連なりが一望できる。
DSC03360.jpg

DSC03359.jpg

聖岳の右肩には富士山が頭を出している。
DSC03358.jpg

北には中央アルプスが見える。
DSC03361.jpg

12:13、登り始めて6時間半以上かかってやっと赤い屋根の避難小屋へ着く。
DSC03364.jpg

小屋前には5,6人の登山者が憩っている。
我々もここで昼食をとる。
下山に相当時間がかかることが予想されるので、三角点の山頂に行かずここで下山することにする。
12:36、登ってきた道を下山にかかる。
ほとんど休みなしに下る。
登りには気が付かなかったが、このあたりの山肌は紅葉してきれいである。
DSC03365.jpg

14:04、空峠に下り少し休憩する。
14:44、大枯桧を過ぎて急坂を下り、午後4時過ぎやっと登山口の林道に降り立つ。
林道を歩いて、16:35、恵那神社前の駐車場へ戻ってくる。

帰りにすぐ近くのウェストン公園に立ち寄る。
ファイル 2015-10-16 7 29 01

園内にはウェストンの胸像が建っている。
     ファイル 2015-10-16 7 29 23

ファイル 2015-10-16 7 29 43

見学後帰途に着き、恵那の「簡保の湯」で汗を流し、中央道を走って、午後7時半ごろ名古屋へ帰る。



今日の山行は、以前から一度登ってみたいと思っていた前宮ルートからの恵那山への挑戦であった。
噂通りの長いルートであったが、道標もしっかりとしており、比較的よく整備されている。
最近中津川市が力を入れて整備しているということである。
同行された皆さん頑張って全員が登頂することが出来、満足された山行であったと思う。
私にとっても、これでやっと恵那山への4コースをすべてを登ることができた山行であった。
山遊人
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示