FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

予想外の雪降る鈴鹿南部山行:油日岳~旗山(鈴鹿)

1月28日(水)

鈴鹿南部:油日岳(693m)・加茂岳(700m)・忍者岳(728m)
      ・三国岳(715m)・倉部山(684m)・北打山(678m)
      ・旗山(649m)


登山教室の方4人と、鈴鹿最南部の油日岳~三国岳~旗山のミニ縦走に出かける。
       aburahidakemap.jpg 

【天気】:朝のうち小雪・晴れ時々曇り
実況天気図(2015年01月28日)

【コースタイム】
奥余野森林公園(8:10)→油日岳(9:10)→忍者岳(9:51)→三国岳(10:20)→ゾロ峠(11:00)→北打山(11:20/11:50)→旗山(12:15)→奥余野森林公園(13:23)



冬型気圧配置が強まりそうな天気である。
朝7時前に集合して東名阪道を走り、亀山ICから名阪国道を走る。
途中から雪がぱらつき出す中、伊賀ICを出て関西線を渡り林道をいき、奥余野森林公園へ午前8時前に着く。
10台ほど停められる駐車場とトイレが設置されている。
DSC01549.jpg 

雪が少し降る中準備を整え、8:10、林道を歩き始める。
 DSC01551.jpg 

15分ほどで林道が終わり、東屋の建つ突き当りを左にとり、谷に沿って登って行く。
DSC01552.jpg 

数回谷を渡り返しながら高度を上げて行く。
DSC01556.jpg 

ハシゴやロープのかかった所も通過する。
DSC01555.jpg 

谷を離れて急登をしばらく登り、9:10、油日岳山頂に着く。
DSC01559.jpg 

すぐ横には油日神社奥宮の社が建っている。
DSC01558.jpg 

油日岳から痩せた稜線を東へしばらく行き加茂岳へ出る。
温度が低く、木々に霧氷がついた中を歩いていく。
DSC01561.jpg 

北に那須ヶ原山が近い。
DSC01566.jpg 

次に今日の最高点の忍者岳に着く。
DSC01568.jpg 

痩せた岩場の急登の所もある。
        DSC01573.jpg 

気持ちのいい稜線歩きが続く。
DSC01565.jpg 

10:20、那須ヶ原山へ行く三叉路分岐となっている三国岳に着く。
DSC01575.jpg 

ここからは雨乞岳や御在所岳などの山並みがよく見える。
DSC01576.jpg 

三国岳から南に進路をとり、倉部山を過ぎて、急降下をしてゾロ(ゾロゾロ峠)を通過する。
DSC01582.jpg 

峠から直登すると北打山手前の右手の視界が開けたところがあり、ここで風を避けて昼食をとる。
DSC01586.jpg 

昼食後、北打山を越えて、小平山(烏山)への分岐を右にとり、緩やかに登って、12:15、樹林の中の旗山山頂へ着く。
DSC01588.jpg 

少し先の送電線鉄塔のある展望の開けたところからは隣の霊山や青山高原、琵琶湖東岸の山々も見える。
眺望を満喫した後山頂へ引き返し下山にかかる。
西へ延びる尾根を下り、午後1時ごろ林道へ飛び出す。
30分ほど林道を歩いて午後1時半頃奥余野森林公園まで戻る。

帰りに鈴鹿の「花しょうぶの湯」で身体を温めて、午後5時過ぎに名古屋へ帰る。



今日は鈴鹿最南部の山々を回ったが、途中他の誰とも会うこともなく静かな山行が出来た。
思わぬ雪が少し降り、霧氷も見ることが出来た楽しい山行であった。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-