FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

富士山姿を現さず(満観峰)

 1月21日(水)

焼津:満観峰(470m)(天候:曇り)

登山教室で、静岡県焼津市にある富士山の展望台として知られている満観峰へ山行する。
       mankanpoumap_20150122085620641.jpg 

mankanpou.jpg

実況天気図(2015年01月21日)

【コースタイム】
花沢の里(9:35)~鞍掛峠(10:15)~満観峰(11:00/11:33)~日本坂峠(12:22)~花沢山(12:52/12:57)~法華寺(13:42/13:47)~花沢の里駐車場(14:03)



南岸に低気圧が発生して夜には雨が予想される天気である。
受講生、指導員合わせて21人の参加を得て、朝7時前にマイクロバスで名古屋を出発する。
湾岸道、東名高速を走り、焼津ICを出て、午前9時半前に花沢の里に着く。
やはり現地の天候は曇りの天気である。
準備をして、9:35、満観峰に向けて歩き始める。
DSC01498.jpg 

DSC01499.jpg 

しばらく古い民家が立ち並ぶ花沢の里の中の坂道を歩いていく。
DSC01501.jpg 

法華寺を過ぎ、ここから登山道に入る。
DSC01502.jpg 

ミカン畑の中の道を緩やかに登って、10:15、鞍掛峠に着く。
DSC01504.jpg 

峠からは山腹の歩きやすい道を行き、右に曲がって尾根に出ると、茶畑越しに焼津港の向こうに太平洋が見える。
DSC01505.jpg 

登り始めて1時間半、11:00、広い草地の広がる満観峰山頂に着く。
残念ながら期待していた富士山は雲に隠れて見えない。
眼下には静岡の街が霞んで見える。
DSC01509.jpg 

全員で記念写真を撮った後昼食タイムをとる。
DSC01508.jpg 

昼食後、11:33、茶畑の中の稜線を歩いて花沢山を目指す。
DSC01514.jpg 

2、3度アップダウンを繰り返し、急坂を下り、12:22、日本坂峠に着く。
この峠は、日本武尊が東征の時に通ったという古くからの峠である。
DSC01517.jpg 

しばらく休んだ後、最後の急坂を登って花沢山を目指す。
DSC01518.jpg 

登っている途中左手に静岡の街が見下ろせる。
DSC01522.jpg 

傾斜が緩やかになり尾根に出ると、右手に焼津の街が俯瞰できる。
DSC01519.jpg 

峠から30分ほど登り、12:52、展望のない花沢山山頂に着く。
DSC01521.jpg 

花沢山から日本坂峠に戻り、西へ法華寺への道を下る。
急傾斜の道をジグザグを切りながら下り、13:42、法華寺横の案内板のある分岐点に着く。
DSC01527.jpg 

左に折れ花沢の集落の中を歩き、14:03、バスの待つ駐車場へ戻る。

帰りに焼津の「かんぽの宿」の展望風呂で身体を温め、東名を走り、午後5時半過ぎ名古屋へ帰る。



今日は早春の富士山の展望を求めての山行であったが、あいにくの天候で残念ながら満観峰山頂からの富士山の眺望はお預けとなってしまった。
満観峰は、名古屋から車で2時間ほどで来ることが出来るので、天気のいい日に素晴らしい眺望を求めて再度登って欲しいものである。

P1030876_20150122095956d4a.jpg 
(以前登った時の、静岡の街越しの富士山の眺望)
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示