FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

コアジサイ咲く下呂:白草山

6月25日(水)

下呂:白草山(1635m)

登山教室受講生の方々4名と、下呂の白草山へ山行する。
shirakusayamamap.jpg

shirakusayama.jpg

【コースタイム】
乗政登山口(8:55)→林道終点(9:25)→箱岩山分岐(10:50)→白草山(11:05/11:38)→箱岩山(11:56)→林道終点(13:14)→乗政登山口(13:45)



上空に寒気が入り、午後から雷雨があるかも知れないという不安定な天気予報である。
朝6時半過ぎ名古屋を出発し、中央道の中津川ICを出てR257を下呂方面へ走る。
舞台峠を過ぎて宮地の集落を右に入り、乗政温泉の先から林道を走る。
乗政キャンプ場から左に折れて、午前8時半過ぎ登山口に着く。
先客の車が2台停まっている路肩に駐車し、8:55、登山口を出発する。
DSCN1394.jpg

DSCN1414.jpg

車止めを抜けて黒谷林道を登って行く。
DSCN1395.jpg

道の両側には紫のコアジサイの花がきれいである。
DSCN1413.jpg

30分ほど登り、右側の崖の切れたところを過ぎる。
DSCN1396.jpg

9:25、林道終点に出る。
DSCN1397.jpg

更に奥まで林道工事が続いているが、登山道は橋を渡って谷沿いに登って行く。
しばらくして尾根に取り付き、やや急になる道を登り、1時間ほどで両側に笹が目立つようになると「三つ石」という所を過ぎる。
DSCN1400.jpg

出発して2時間ほどで小さな湿地のある箱岩山との分岐に出る。
DSCN1401.jpg

天気が良ければ目の前に御嶽山の雄姿が飛び込んでくるのであるが、あいにく今日は雲に隠れて見えない。
ここからは気持ちのいい笹原を行く。
DSCN1402.jpg

しばらく行くと右手に白草山が見えてくる。
DSCN1403.jpg 

11:05、一組の登山者がいるだけの静かな白草山山頂に着く。
DSCN1404.jpg

東側には小秀山が近いが、御嶽山は裾野のあたりが見えているだけで山頂は雲の中である。
DSCN1408.jpg

山頂でゆっくりと昼食を食べた後隣の箱岩山を目指す。
途中眼下には乗政方面の町が見えている。
DSCN1409.jpg

所々にレンゲツツジの咲くゆったりとした笹原を行く。
DSCN1407.jpg

20分ほどで三等三角点の箱岩山山頂に立つ。
DSCN1410.jpg

隣の高森山は見えるが、下呂方面の山々は霞んではっきりしない。
ここからもと来た道を下山にかかる。
13:14、林道終点に出て、谷川で顔を洗い、林道を歩いて、13:45、登山口に戻る。

帰る途中からは天気予報どおり雷雨となり、日帰り温泉に入っている頃には雷鳴もとどろく。
温泉で汗を流した後、中央道を走り、午後5時過ぎ名古屋に帰着する。



今日は、白草山からの御嶽山の雄姿を期待して出かけた山行であったが、あいにくの天気でその姿を見ることが出来ず残念であった。
ドウダンツツジなどの紅葉の時期もきれいだということなので、またその時期にでも来てみたい。
山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-