FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  374

名残りの雪残る入道ヶ岳

3月22日(土)

鈴鹿:入道ヶ岳(905.5m)

春の彼岸の連休中日、山仲間2人と鈴鹿南部の入道ヶ岳へイワクラ尾根から登る。
nyuudoumap.jpg
(途中でGPSが切れました)



春の彼岸というのに今年は少し春の訪れが遅いようである。
水沢峠を経てイワクラ尾根から入道ヶ岳へ登る予定である。
朝6時に集合し、東名阪道の四日市ICを出て7時半前に宮妻峡駐車場に着く。
曇りがちの天気でチラチラと雪も舞っている。
準備を整え、8:35、水沢峠へ向けて出発する。
DSCN0062.jpg

しばらく林道を行き、8:18、登山口に着く。
DSCN0063.jpg

昨日降ったのか積雪が結構ある。
谷沿いの道を行き、最後の急登を上がって、9:25、県境稜線の水沢峠に着く。
DSCN0065.jpg

この頃には雲もとれ青空がのぞき始める。
稜線に出ると風が少しある。
峠で左に折れて県境稜線の道を南下する。
ますます積雪は深くなり、吹き溜まりでは膝上まである。
DSCN0069.jpg

930mのピークを越え、10:00、宮指路岳へと続く県境稜線とイワクラ尾根との分岐点に出る。
DSCN0070.jpg

ここで左に折れ、西へイワクラ尾根を行く。
イワクラ尾根はヤセ尾根のアップダウンが続き、鈴鹿では変化に富んだ尾根として知られている。
途中には重ね岩などもあり展望もよくきき北には鎌ヶ岳なども見える。
DSCN0073.jpg

積雪があるので、途中の急な下りに結構神経を使い、予定より時間がかかる。
11:40、やっと奥宮の神社がある入道ヶ岳最高点に着き、雪の笹原を通って入道ヶ岳を目指す。
DSCN0077.jpg

11:52、鳥居の建つ入道ヶ岳山頂に立つ。
DSCN0078.jpg

やや風があり寒いので少し降りた風を避ける窪地で昼食を摂る。
時々雪雲が流れてきてパラパラと雪が舞いだす。
お湯を沸かして暖かいラーメンとコーヒーを飲み身体を温める。
12:30、下山にかかる。
北の頭を経て、宮妻峡への新道を下る。
鎌ヶ岳や御在所岳が雲の間から顔を覘かせている。
DSCN0080.jpg

雪解けでぬかるみになった尾根道を下り、13:35、キャンプ場手前の沢に下り立つ。
DSCN0081.jpg 

飛び石づたいに沢を渡り、キャンプ場を抜けて、13:45、駐車場へ戻る。

湯の山の日帰り温泉で冷えた身体を温めてから帰途に着く。
午後4時半過ぎ名古屋に帰る。



今日の山行は、予想以上の積雪があり、イワクラ尾根のアップダウンに結構時間がかかってしまった。
久し振りのイワクラ尾根であったが、変化に富んだ面白い山行であった。
山遊人

関連記事
別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<目覚め今だ早しフクジュソウ:霊仙山 | 山遊人の徒然日記 | 春待たれる敦賀:野坂岳>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |