FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

今年最後の沢遊び

9月25日(水)

南信州:万古(まんご)渓谷

教室の受講生7人と一緒に今年最後の?沢遊びに行く。

mangomap_20130928095039f43.jpg



8月に行った南信州の「万古渓谷」は初心者にとって楽しい沢歩きが出来るところである。
今日は結構暑くなりそうで上々の天気である。
朝6時半過ぎに2台の車に分乗して中央道を走り、三遠南信道の天竜ICを出て、泰阜村から林道を走り、9時半前に「二軒屋キャンプ場」の駐車場に着く。
他には一台も車は停まっていない。
沢靴に履き替え準備を整えて、9:45、万古川に架かる赤い「鎌倉橋」下から入渓する。
R0010496.jpg

最近雨が降ったのか、川の水は笹ニゴリである。
キャンプ場横の広い河原を少し歩いて小さな淵にさしかかる。
本格的な沢歩きは初めての人もおり、緊張気味に通過する。
R0010497.jpg

15分ぐらいで「関小屋の滝」が右手に現れる。
「千本立」という看板が立っているところを過ぎ、10:30、いよいよ最初の淵が現れる。
ここでストックをしまい、クサリと足場のボルトを頼りにして、淵をヘツッていく。
R0010502.jpg

R0010507.jpg

淵を無事通過し、河原でしばし休憩をとる。
R0010510.jpg

次の淵はかなり高い所にクサリがついており、落ちないように慎重に登る。
R0010515.jpg

細心の注意で上のクサリまで辿りつく。
R0010517.jpg

二つの淵を過ぎ、11時半過ぎ「魚止の滝」の下に出る。
今日の予定はここまでなので、滝下の河原で昼食を摂る。
そばに大きなガマガエルが居り、気温が低いのかほとんど動かない。
R0010518.jpg 

滝下のしぶきに打たれながら皆で記念撮影をする。
R0010523.jpg 

12:10、来た道を下りにかかる。
来るときはヘツッてきた淵も帰りは滑り降りたりして楽しみながら下る。
R0010526.jpg 

皆水に慣れてきて積極的に滑り降りて楽しそうである。
R0010535.jpg 

しばし童心に帰っての沢遊びである。
R0010536.jpg 

午後2時前に駐車場まで戻り、途中の下條村の「コスモスの湯」で汗を流す。
中央道を走り、午後6時過ぎに名古屋へ帰る。



今日は沢歩きの初心者もいて、沢の装備、歩き方などのトレーニングにはいい山行であった。
ただ、沢歩きは落ちたりしたら大きな事故になる恐れもあるので、充分に注意をしてこれからも沢歩きを楽しんでいただきたい。
山遊人
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示