FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

雪山楽し:霊仙山

鈴鹿:霊山山(1084m)

1月21日(月)

登山教室の生徒さん達と雪山歩行のトレーニングを兼ねて鈴鹿北端の霊仙山に山行する。

ryouzennmap.jpg

ryouzen.png




夕方から雨が予想される天気予報であるが、昼間は何とか持ちそうな天気である。
9人の参加を得て、朝7時前に集合し、名神米原ICを出て、醒井養鱒場から林道に入り、午前8時に榑ヶ畑の登山口に着く。
雪は少し残る程度で、5,6人の先発パーティが準備をしている。
我々もストレッチをして、8:20、出発する。
IMG_2103.jpg

IMG_2105.jpg

榑ヶ畑の廃村を通り、30分ほどで汗ふき峠に出て、ここで先発パーティーを抜き、左へ尾根道を上がっていく。
樹林の中の道は昨日のトレースがついており、アイゼンを履くまでもない。
9:35、展望が開けた5合目見晴台に出る。
ここでしばらく休憩をした後、急になる斜面を登り出す。
IMG_2110.jpg

お猿岩までの100mほどの急斜面を皆頑張って登る。
だんだんと風が強くなり、お猿岩の稜線に出た所で、防寒着を着て、ワカンを装着する。
IMG_2111.jpg

非常に風が強いので、トレースが消えており、ルートファインディングの練習にも丁度よい。
経塚山のピークに向けて先頭を変わりながら登って行く。
IMG_2114.jpg

途中のお虎ヶ池もすっかり雪の下である。
IMG_2135.jpg 

11:30、経塚山の下にある避難小屋に着く。
風が強いのでここで昼食タイムとする。
IMG_2115.jpg

30分ほど休憩をして、12:00、霊仙山山頂に向けて出発する。
北には雪を頂いた伊吹山が時々顔を出す。
IMG_2119.jpg

この頃よりガスが出始める。
経塚山を超え、一旦下った後霊仙山への斜面を登る。
12:40、他に誰もいない霊仙山山頂に着く。
風が強くて雪は吹き飛ばされているが、山頂の道標にはエビの尻尾が付いている。
IMG_2125.jpg 

伊吹山をバックに皆で記念撮影をする。
IMG_2121.jpg

IMG_2132.jpg

南には鈴鹿の山々が鈍く光っている。
IMG_2123.jpg 

霊仙山は最高峰はすぐ隣にあるが、天気もあまり良くないので登らずに下ることにする。
下りは思い思いに楽しそうに下る。
IMG_2129.jpg

だんだんと雲が厚くなる中、登ってきた道を下る。
IMG_2134.jpg

14:00、5合目に着き、ここでワカンを外す。
1時間ほど歩いて、15:00、登山口に無事下山する。
IMG_2136.jpg  

帰りに彦根の日帰り温泉で冷えた身体を温め、外に出てくるとちょうどその頃より雨が降りだす。
名神を走り、午後7時前名古屋に帰り着く。



冬山初歩トレーニングということで、ワカンでの歩き方、ラッセルの仕方、防寒具の使い方等参加された皆さん熱心に取り組んでみえた。
こういった経験をいろいろと積み、安全には十分注意して、冬の山の楽しさも味わえるようになってほしいものである。

                                     山遊人

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示