FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  29

陽だまりの大川入山

11月23日(金) 大川入山(1,908m)

img023.jpg

強い冬型が去り、移動性高気圧に覆われた絶好の登山日和。
以前から気になっていた、恵那山の南、大川入山へ山行する。
朝6:30名古屋を出て、園原インターから昼神温泉を経て、治部坂高原へ8:15到着。
登山口には既に3、4台が駐車している。
8:30出発。登山道にはうっすらと積雪がある。
5分くらいで沢を渡り、尾根に取り付く。
木の根の出た道を50分ほどの登りで横岳へ。
ここからは快適な尾根歩きである。
尾根筋までカラマツ林が続き、もう少し前の黄葉の頃はさぞやすばらしいのであろう。

IMGP1202-1.jpg

舞鶴のコルまでは、3つ4つコブを越えながら、ゆるやかに登っていく。
途中で笹に覆われた端正な三角錐の大川入山頂上が見えてくる。

IMGP1200-1.jpg

途中2、3人のと登山者とすれちがったのみで、風もなく、まさに陽だまりの中の静かな山歩きである。
コルから最後の急登をこなし、11:10山頂到着。
山頂からは、まさに360度の大展望である。
北には、近く中央アルプスがうっすらと雪をいただき、遠くには御岳、乗鞍そして真っ白に輝く穂高連峰が青空に聳えている。
東には、遠く八ヶ岳連峰から、南アルプスが長い連峰を連ねている。
少し北へ下りたところからは、恵那山が指呼の間にたおやかな姿を見せている。

IMGP1206-1.jpg

IMGP1210.jpgIMGP1224.jpg

IMGP1216-1.jpgIMGP1226.jpg

暖かいので、山頂で1時間ほどゆっくりと昼食をとり、下山する。
2時間ほどの下りで登山口へ。
すぐ近くの宿り木の湯で、身体を温めて帰名する。
大川入山は名古屋から手ごろな距離にあり、とてもいい山であった。
今度は、春の残雪の頃か、カラマツの黄葉の頃にでも、また行きたいと思う。

                            山遊人   

関連記事
別窓 | 山行 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<新雪の大日ヶ岳 | 山遊人の徒然日記 | しらびそ峠の紅葉>>

この記事のコメント

No.16 小春日和の中の山行でした
herabunanosatoさん、毎度ご高覧ありがとうございます。
大川入山は、アルプスの展望台として、とてもいい山です。
春の新緑、秋の黄葉、冬の霧氷と四季を通じていい山だそうです。
今回は、ぽかぽか陽気の中をのんびりと逍遥することができた山行でした。
2007-11-25 Sun 10:22 | URL | 山遊人 #-[ 内容変更]
∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |