FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

冬晴れの湖南アルプス(堂山~太神山)

湖南アルプス「堂山(384m)~太神山(たなかみやま)(600m)」

12月8日(土)

山の会の同期会で、琵琶湖の南、大津市にある「湖南アルプス」の「堂山」と「太神山」へ山行する。
douyamamap.jpg

douyama.png

【コースタイム】
金山(6:50)→アルプス登山口(9:03/9:15)~堂山(10:15)~阿弥陀ヶ原(11:13)→迎不動(11:46/12:10)~中不動(12:47)~涙不動(13:06)~矢筈ヶ岳分岐(13:16)~太神山(13:40/13:50)~矢筈ヶ岳分岐(14:16)~泣不動(14:19)~中不動(14:33)~富川道出合駐車場(15:09)→名古屋(17:32)



今冬一番の冬型配置になり寒い日である。
14名の参加を得て、朝7時前に集合し、東名阪、新名神を走り、瀬田東ICで出て、アルプス登山口に9時過ぎに着く。
堂山登山口対岸の堰堤を越えた所で下車し、河原に降りて準備をし、ストレッチをする。
IMG_1771.jpg

谷を渡り堂山に取り付く。
IMG_1773.jpg

谷に沿った道を上がり、堰堤を越えて尾根筋に出る。
IMG_1781.jpg

尾根上は風が冷たいが青空が広がり、目の前に堂山山頂が見えてくる。
IMG_1783.jpg

稜線上にはツツジが多く花の咲く春もいいかも知れない。
花崗岩の急登を過ぎて1時間ほどで狭い堂山山頂に着く。
IMG_1789.jpg

眼下には琵琶湖や大津の町並みが広がっている。
IMG_1791.jpg

堂山山頂からは花崗岩を縫って行く変化に富んだ稜線上の道が続いている。
IMG_1794.jpg

IMG_1797.jpg

IMG_1799.jpg

IMG_1803.jpg

振り返れば越えてきた堂山が大きい。
IMG_1802.jpg

北には金勝アルプスの鶏冠山や天狗岩が見渡せる。
IMG_1800.jpg

この頃より黒い雪雲が流れてきて、空を覆い始める。
IMG_1810.jpg

最後のザレの斜面を登って、ここから稜線を下る。
IMG_1807.jpg

傾斜が緩やかになると間もなく鎧ダム上流の阿弥陀河原に飛び出す。
地図上ではダム湖になっているが、ほとんど水のない河原の道を歩き鎧堰堤に出る。
IMG_1812.jpg

この堰堤は、明治時代にオランダのデ・レーケによって作られた石積みの堰堤である。
このあたりにはデ・レーケの構築した堰堤が各所にある。
IMG_1814.jpg

谷筋の道を下って12時前に迎不動前の林道に飛び出す。
この頃よりみぞれ混じりの雪がふり出し寒いので、迎不動の社の中で昼食を摂る。
IMG_1819.jpg

12時過ぎ、太神山に向けて林道を奥へとしばらく歩き、車止めを過ぎてしばらくで、右へ東海自然歩道となっている山道に入る。
IMG_1821.jpg

少し急な道を登り尾根上に出て、中不動を過ぎ、13時過ぎ泣不動に出る。
IMG_1823.jpg

矢筈ヶ岳への道を右に分けるとしばらくで、柔和な面白いお顔をされた脇侍のある不動寺の鳥居をくぐる。
IMG_1826.jpg

IMG_1827.jpg

IMG_1828.jpg

広くなった参道の道をしばらく上がり、不動寺本堂に出る。
赤いお不動さんの祀られた脇の200段ほどの急な階段を登る。
IMG_1831.jpg

IMG_1834.jpg

脇には立派な舞台作りのお堂が建っている。
IMG_1835.jpg

階段を登り切り、三角点の建つ眺望のない太神山山頂に出る。
辺りにはうっすらと雪が積もっている。
IMG_1839.jpg

境内の大きな岩をくぐって帰途に着く。
IMG_1841.jpg

登ってきた道を下り、林道をしばらく歩いて午後3時過ぎ「矢筈ヶ岳」の登山口である富川道分岐に着く。
ここで待っていたバスに乗り帰途に着く。

新名神を順調に走って午後5時30分過ぎ名古屋に帰る。



初めての湖南アルプスの堂山から太神山への山行であったが、堂山は400mにも満たない低い山にもかかわらず花崗岩の岩場が続き、アルプスの名に恥じない変化に富んだ面白い山であった。
また、太神山は信仰の山であり、奥深い山中に建つ不動寺の立派な舞台作りの建物などが印象的であった。
湖南アルプスは、北の鶏冠山や竜王山には行ったことがあったが、初めての堂山や太神山への山行も結構楽しむことができた。

                     山遊人
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-