FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

鈴鹿の秋始まる:釈迦ヶ岳

10月25日(木)

          syaka.png

登山教室の有志の方3人と一緒に鈴鹿の「釈迦ヶ岳」へ山行する。

   syakamap.jpg 
   (途中までGPSのスイッチを入れるのを忘れました)

syaka.jpg


 
朝7時に集合し、東名阪四日市ICを出て、朝明キャンプ場の駐車場へ午前8時前に着く。
天気はやや曇っていたが、午後からは晴れる予想である。
今日は庵座の滝コースを釈迦ヶ岳まで登り、下りは県境稜線を羽鳥峰まで歩き、朝明へ下山する予定である。
準備を整え8:10庵座の滝コース登山口から登り始める。
IMG_1345.jpg 

キャンプ場を過ぎ、やや荒れた谷を詰めていくと、1時間ほどで前方に庵座の滝が見えてくる。
         IMG_1348.jpg 

登山道を離れ、固定ロープを頼りに谷まで下り、滝壺の近くまで行く。
         IMG_1352.jpg 

滝の下でしばらく休憩した後先に行くと、15分ほどで3段の滝が現れる。
IMG_1361.jpg 

滝横のロープの張られた急な道を上がって行く。
         IMG_1362.jpg 

パイプの堰堤を過ぎ、10時過ぎ中尾根への道を右に分けて谷を詰めていくと、釈迦ヶ岳が前方に大きく立ちはだかる。
IMG_1368.jpg 

10:30ピラミダルな松尾尾根の頭方面が正面に見える尾根上に出る。
          IMG_1371.jpg 

ここから最後の急登を木の根につかまりながら30分弱登って、10:46釈迦ヶ岳最高点に出る。
IMG_1372.jpg 

10分ほど歩いて、午前11時前三角点のある釈迦ヶ岳山頂に着く。
IMG_1373.jpg 

山頂で眼下に広がる景色を楽しみながら30分ほどゆったりと昼食を摂って憩う。
その間に老夫婦が岩ヶ峰の方から上がってみえる。
11:30猫岳に向けて県境稜線の道を北へたどる。
前方には御在所岳がよく見えている。
IMG_1375.jpg 

少し登り返して25分ほどで猫岳を超える。
だんだんと天気も良くなり、振り返ると紅葉した猫岳が青空にクッキリと浮かんでいる。
IMG_1378.jpg 

猫岳を越え、ブナの多い稜線を徐々に下って、白滝谷への分岐を過ぎ、12:50羽鳥峰山頂に着く。
IMG_1381.jpg 

このあたりの山腹の紅葉もだんだんと進んでいる。
IMG_1382.jpg 

山頂で眺望を楽しみ、13:15下山にかかる。
紺碧の青空に白い花崗岩の山肌が美しい。
IMG_1383.jpg 

羽鳥峰峠から左の猫谷へ下り、石積みの堰堤をロープにつかまって下りると、しばらくで林道に出る。
約1時間で下り、14:13朝明キャンプ場の駐車場へ下りてくる。

予定より早く下山できたので、途中の日帰り温泉でゆっくりと汗を流し、午後5時過ぎ名古屋へ帰ってくる。



久し振りの庵座谷からの釈迦ヶ岳であったが、適度な緊張感のあるコースであり、始まりかけた紅葉も楽しむことが出来た山行であった。

                              山遊人

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示