FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

霧氷の花咲く三峰山(みうねさん)

2月15日(水)

        miune.png

所属する会の登山教室で高見山地の三峰山へ山行する。
三峰山は隣の高見山と並んで関西地区では霧氷(樹氷)で有名な山で、休日などには観光バスが何台も入り、混み合うこともある。

miunesan.jpg 


今回の山行は、指導員を合わせて19名の参加で、朝7時に集合して、マイクロバスで東名阪を走る。
バスの中ではリーダーからいろいろと指導をうけながら、伊賀上野から名張を通り、御杖村の「みつえ青少年旅行村」へ9:20頃に着く。
準備運動をした後、登尾ルートの登山口から登り始める。
P1050513.jpg

P1050514.jpg

ところどころ凍っている薄暗い杉の林を40分ほどで尾根上の避難小屋に着く。
P1050515.jpg

ここはログハウス状でトイレもありきれいな小屋である。
P1050517.jpg

階段を登るとすぐ上には星の観察などをする小さな小屋が建っている。
P1050519.jpg

P1050520.jpg 

ガスが出て薄暗く、徐々に残雪が増え始めた中を滑らないように注意しながら高度を上げていく。
P1050522.jpg 

11時半過ぎもう一つの避難小屋に着く。
小屋の中は他の登山者もおり込み合っている。
ここで早めの昼食を食べる。
ここからはアイゼンを付け、12時過ぎ出発する。
15分ほどで稜線上の三畝峠に出る。
P1050524.jpg 

ここで左に進路をとり、三峰山を目指す。
ここらあたりからは両側の木々には霧氷の花が咲いてきれいである。
P1050529.jpg 

12:30頃ガスで視界のきかない三峰山山頂に着く。
P1050528.jpg 

参加者は霧氷を写真に収めたりしている。
全員で記念写真を撮る。
P1050532.jpg 

下りは八丁平という平坦地を経由して下る。
ここの霧氷も見事である。
P1050534.jpg

すぐに三畝峠に戻り、ここからまっすぐに稜線を歩き、新道峠を目指す。
2、3度アップダウンを繰り返し、ヒメシャラの木の群生地を通り、12時半前に新道峠に着く。
ここで皆地図を出して現在地の確認をする。
P1050538.jpg 

ここから右に折れ、稜線を離れてしばらく尾根を下り、14時過ぎ林道に出る。
P1050542.jpg 

マスクで完全武装のリーダーもホッと一息。
P1050543.jpg 

アイゼンを外し、林道をのんびりと下って15:10頃バスの待つ青少年旅行村に無事下山する。
バスに乗り、反省等をしながら午後6時過ぎ名古屋へ帰る。


今日の山行では、諦めかけていた霧氷を見ることができ、初めて冬の山を体験した方もみえ、思い出に残る充実した山行ができたことと推測する。

                        山遊人


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご案内

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示