FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

楽しいスノーシュートレッキング

1月8日(日)

         akasaka_20120109082319.png

高島トレイルの赤坂山へスノーシュートレッキングに行く。
  akasakamap_20120109082318.jpg


冬型の天候がやや緩み、北陸地方の降雪も収まりそうな天気である。
朝6時半に出発し、北陸道の木之本ICを出て、8号線の塩津から琵琶湖北岸を回って8時前にマキノ高原スキー場に着く。
曇り空ながら赤坂山に続く稜線はかすかに見えている。
すでに多くの家族連れのスキー客が来ている。
準備を済ませて、8:15に出発する。
P1050434.jpg 

1m近く積雪のあるスキー場を抜け、急斜面を登って尾根に取り付く。
昨日のトレースがついておりツボ足で登る。
琵琶湖が見下ろせる展望台を過ぎ、9時半前東屋の建つブナの木平に着く。
東屋は雪で埋もれている。
P1050437.jpg

ここからスノーシューやワカンを着ける。
一旦谷に下り、堰堤を過ぎ、雪の急斜面を登る。
P1050444.jpg

再び尾根に出ると木の間越しに琵琶湖が冬の陽光にニビ色に輝いて眼下に見える。
P1050445.jpg

2時間ほど登って送電線の鉄塔近くから赤坂山山頂が見えてくる。
2m以上は積もった真っ白な斜面を先行者が登って行く。
P1050450.jpg

10:55やっと赤坂山山頂に着く。 
山頂は風が強いため雪が吹き飛ばされ地面が見えている。
P1050455.jpg 

P1050454.jpg 

北には昨春登った赤坂山方面、琵琶湖を挟んだ南東には伊吹山が見える。
P1050459.jpg 

冬日に輝く琵琶湖
P1050460.jpg

南には大谷山へ続く稜線が白く輝いている。
寒風を経て下山する予定であったが、時間の都合でそのまま来た道を下山することにする。
雪の斜面はどこでも歩くことができる。
P1050462.jpg

少し下った風の当たらないところで昼食を摂る。
そのころから続々と登山者が登って来る。
さすがにスノーシュートレッキングで有名な山である。
12時前に下山にかかり、シリセードで滑り下りたりしながら家族連れでにぎわうスキー場に下りる。
P1050466.jpg

13:15頃駐車場に戻り、スキー場内にある温泉で汗を流し、午後4時前名古屋に帰る。


昨年は何度も訪れた赤坂山であったが、スノーシュートレッキングとしては初めてのところであった。
豊富な雪があり、割合になだらかな山々が多く、次回はまた違った山などを縦走してみたい。

                    山遊人
                

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-