FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

イワカガミ乱れ咲く赤坂山

5月21日(土)

   akasaka_20110522080126.png 


  akasakamap_20110522080114.jpg 

マキノスキー場(9:00) → 登山口(9:12) → 展望地(9:32) → ブナの木平(10:05/10:15) → 粟柄峠(11:05) → 赤坂山(11:20/12:00) → 明王の禿(12:20) → 三国山(13:05/13:15) → 黒河峠(14:10/14:20) → バス(14:35)


所属する山岳会の同期の仲間たちで高島トレイルで知られる琵琶湖西北野坂山地の赤坂山と三国山に山行する。
蒸し暑い日であるが、一日何とか晴れそうである。
参加者は23名で、午前7時にマイクロバスで名古屋を出発し、名神、北陸道を走り、木之本ICで下りる。
琵琶湖の北を走り、マキノスキー場の駐車場に8:40頃到着する。
駐車場にはすでに多くの車が駐車しており、さすがに花で人気の山である。
山並みには雲がかかり山頂近くは見ることができない。
準備運動の後午前9時に出発し、スキー場登山口から登りにかかる。
P1040826.jpg 

P1040827.jpg 

P1040828.jpg 

30分ほど急な階段上の道を登り展望所で一服する。
眼下には琵琶湖もうっすらと見ることができる。
P1040829.jpg

出発して1時間ほどでブナの木平という東屋が立つ休憩地に着く。
暑い日なので皆水分を補給し、吹き出る汗をぬぐう。
P1040831.jpg 

ここから一旦谷沿いの道になり、堰堤を越えてまた尾根に登り返す。
このあたりからイワカガミガ見られるようになる。
P1040834.jpg 

更に登りブナの木が多くなった道の両側はまさにイワカガミの大群落である。
皆夢中になってカメラのシャッターを切っている。
P1040839.jpg

P1040835.jpg 

中には珍しい白い花のイワカガミも見られる。
P1040843.jpg 

ここのイワカガミは、一本の茎にたくさんの花を付け、しかも花が大きいのでオオイワカガミのようである。
P1040844.jpg 

イカリソウもここかしこに咲いている。
P1040837.jpg  

尾根近くになるとキバナスミレやカタクリも見つけることができ、まさに花の山というにふさわしい。
P1040845.jpg 

P1040846.jpg 

2時間ほどで主稜線に出て、すぐに粟柄越えの峠を右折れして赤坂山に向かう。
P1040849.jpg 

このあたりは低木の草原上のため見通しがいい。
道の傍らには大きな石をくり抜いた中に仏様が祀られている。
P1040848.jpg 

峠から15分ほど登って、11:20赤坂山山頂に着く。
山頂からは、眼下には霞んではいるが琵琶湖が広がっており、隣の三国山や大谷山もよく見ることができる。
山頂では大勢の登山者が憩っており、我々もここで昼食タイムとする。
三々五々に集いながらお弁当を広げ休憩をする。
P1040850.jpg 

P1040851.jpg 

P1040852.jpg 

P1040853.jpg 

昼食後全員で記念撮影をする。
P1040855.jpg 

P1040857.jpg 

午後1時、次の明王の禿に向けて歩みを進める。
P1040858.jpg 

やや下った後再び登って、東側が大きく崩壊した明王の禿に到着する。
P1040862.jpg 

再びここから下って樹林帯に入り三国山を目指す。
振り返ってみる明王の禿東面は迫力がある。
P1040863.jpg

このあたりではイワウチワがところどころに咲いているが、すでに盛りは過ぎている。
最盛期からは1週間ほど過ぎており、もう少し早く来るとたくさんの花が見られたであろう。
縦走路から少し外れて三叉路を左折れして三国山に登る。
午後1時過ぎ狭い山頂の三国山に着く。
P1040866.jpg  

ここの山頂からは木々に阻まれて展望がきかない。
早々に下山にかかり木道の敷かれた湿地帯を通り下山をする。
P1040869.jpg

斜面をジグザグを切って下り、展望岩を過ぎ、黒河峠を目指す。
P1040872.jpg 

林道直前では、フィックスロープが垂れ下がったところもあり、皆慎重に下る。
P1040873.jpg 

午後2時過ぎ立派なトイレの建つ黒河峠に飛び出す。
P1040876.jpg 


P1040877.jpg 

ここからバスの待っている駐車場まで林道を歩く。
30分ほどの予定であったが、バスがかなり奥まで入っており15分ほどでバスのいるところに着く。
ストレッチの後バスに乗り込み、スキー場前の温泉で汗を流す。
午後3:45、帰りのバスに乗り、メタセコイアの並木道を通り帰路につく。
午後6時前無事名古屋に帰りつく。

その他の木々の花たち
P1040871.jpg 

P1040860.jpg 

P1040864.jpg 


今回の山行は、花に出会うのが目的であったが、目的のトクワカソウ(イワウチワ)は残念ながら最盛期を過ぎていた。
しかし、イワカガミの大群落には出会うことができ、皆満足していたように思う。
高島トレイルの山には初めて来たが、緑の多いいい山々が多く、これから他の山にも登ってみたい。

                    山遊人
関連記事

*Comment

Re: ご無沙汰しております 

Fさん、本当にご無沙汰しております。
私も一年前に仕事を辞め、今は大学で少し非常勤をしています。
山の方は昨年はずいぶんと登りました。
Fさんとは甲斐駒でご一緒した思い出があります。
白峰三山へ行かれるとか?私は昨年行ってきました。
山は楽しいです。どんどん登ってください。
また、コメントをお待ちしています。
メールアドレスを教えてください。
山遊人
  • posted by willkun@sc.starcat.ne.jp 
  • URL 
  • 2011.06/13 08:48分 
  • [Edit]

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示