FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

湖南の里山を歩く

12月18日(土)  

                    鏡山

所属する会の忘年山行で、滋賀県湖南市竜王町の「鏡山」を中心とした里山に山行する。
kagamiyamamap.jpg 


21人の参加を得て、朝7時30分にマイクロバスで名古屋を出発し、名神を走り、竜王ICで降り、希望ヶ丘リッチランドの登山口に午前9時過ぎに到着する。
弱い冬型配置でやや冷える薄曇りの天気であり、準備体操をして9時半に出発する。
DSC00331.jpg 

DSC00333.jpg

眼の前には鏡山が冬枯れの茶褐色の姿で見通せる。
DSC00332.jpg 

林道からしばらくでよく整備された登山道に入り、20分ほどで鳴谷池というため池のほとりに出る。
DSC00338.jpg 

このあたりから道はやや登りになり、「石の広場」を経てかつての「雲冠(観)寺」という山岳寺院があった跡に出る。
DSC00340.jpg 

DSC00346.jpg 

ここには中世以前のものと推考される小さな三尊石仏もある。
DSC00345.jpg 

雑木林の尾根に出て、10:35鏡山(竜王山)山頂に着く。DSC00350.jpg 

ここの山頂は見晴らしがなく、近くに展望台が作られているが、ここも木が繁りあまり見通しはきかない。
DSC00352.jpg

山頂でしばらく休憩をとる。
DSC00353.jpg 

100mほど先に三角点がある。
DSC00356.jpg 

午前11時に山頂を出発し、尾根通しの道を立石山を経て城山に向けて歩を進める。
途中からは木の間越しに俵藤太(藤原秀郷)のムカデ退治で名高い三上山(近江富士)の端正な山頂が近づいてくる。
DSC00366.jpg  

古城山(ふるしろやま)の岩倉城跡を通り城山に向かう。
DSC00369.jpg 

最後の急坂をフィックスロープにつかまりよじ登る。
        DSC00371.jpg 

DSC00372.jpg 

12時過ぎ城山の山頂に到着する。
DSC00374.jpg

ここの山頂は展望がよく、東には歩いてきた鏡山方面の山々が連なっている。
DSC00380.jpg 

西にはすぐ近くに三上山が迫って端正な姿で見える。
DSC00375.jpg 

ここから鞍部に向かって下り、予定を変更して先の吉祥寺山に立ち寄る。
DSC00381.jpg 

鞍部まで戻り、急坂を下り、13:15辻ダム湖畔の林道に飛び出す。
DSC00384.jpg 

ダムを渡って待っていたバスに乗り、近くの日帰り温泉に立ち寄り汗を流した後、そこで一年の労をねぎらい、簡単に懇親会を開く。
005b2w.gif  

午後4時半ごろ帰途につき、名神を走り午後6時半無事帰名する。


のんびりと湖南の冬枯れの里山を歩きながら、今年一年を振り返ることができた楽しい山行であった。

                                   山遊人
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示