FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

雪の藪山歩きの楽しみ

1月30日(土)

   yarigasaki鎗ヶ先 

所属の会の月例山行で、伊吹北部の無名峰「六字ヶ嶺」と「鎗ヶ先」に山行する。
これらの山々は、鑓ヶ先にわずかに登山道があるだけで、六字ヶ嶺は全く登山道がない藪山である。
夏に歩くと藪こぎなどで難渋する山である。
雪に藪が隠れた冬は絶好の登山シーズンであり、どこでも自由に歩き回ることができる。



        yarigasakiyarigasaki.jpg 

yarigasakidanmen.jpg  
今回の参加者は19名である。
高気圧が張り出し、好天になる予報である。
名古屋を7時に出発し、名神を走り大垣ICで降り、9時過ぎ春日村の市瀬に着く。
あたりには積雪があるが、思ったより多くない。
リーダーの話では、数日前の雨が降るような暖かな天気で融けてしまったそうである。
2m以上のきついラッセルを強いられると思ったが、随分と積雪が少ない。
3班に分かれて、すぐにワカンを着け、準備をして林道横の尾根を登り始める。
下の方では積雪はたいしたこともなくザラメ雪である。
トップを交代しながら高度を稼いでいく。
yarigasakiP1010049.jpg 

700mを過ぎるあたりから段々と傾斜がきつくなる。
雪質はよくなり、歩きやすくなる。
途中何度も地図読みをして、現在地の確認をする。
yarigasakiP1010054.jpg 

yarigasakiP1010060.jpg 

12時過ぎに稜線に出て、しばらくの歩きで12時半ごろ六字ヶ嶺の山頂に到着する。
ここで昼食を食べ一服である。
風もなく、あまり寒さを感じない。
yarigasakiP1010070.jpg 

山頂からは、北方に鍋倉山の大きな山容を望むことができる。
yarigasakiP1010064.jpg 

午後1時に鑓ヶ先に向けて更に歩を進める。
先方にやっと鑓ヶ先の特徴的な鋭角の山頂が望めるようになる。
yarigasakiP1010075.jpg 

稜線上は雪庇が張り出して歩きにくいところがある。
特に、鑓ヶ先直下の稜線は少し緊張して通過する。
yarigasakiP1010080.jpg 

yarigasakiP1010079.jpg 

午後3時過ぎやっと鑓ヶ先の山頂に到着である。
山頂からはまわりの展望がすばらしい。
北方には奥美濃の山々が白い雪をかぶっている。
西には貝月山や虎子山が間近である。
北には国見岳や伊吹山が雲の中から望むことができる。
yarigasakiP1010082.jpg 

yarigasakiP1010083.jpg 

yarigasakiP1010085.jpg  

しばらく展望を堪能し、全員で記念写真を摂る。
yarigasakiP1010090.jpg 

yarigasakiP1010093.jpg 

午後3時半下山にかかり、最初のうちはきつい傾斜の尾根を下り、午後5時少し前登り口からやや南の集落に全員無事に下山する。
北の山々が夕日にピンクに染まっている。
yarigasakiP1010094.jpg 

yarigasakiP1010097.jpg 

待っていたバスに乗り、途中の温泉で汗を流し、午後7時半ごろ帰名する。
今回の山行では、登山道がまったくない山を地図を読みながら歩くというテーマがあった。
2、3か所地図を良く見ていないと間違いやすい尾根の分岐があり、リーダーから教えてもらい勉強になる。
また、一日中のワカン歩行でかなり疲れたが、雪の藪山歩きの醍醐味を堪能した。
こういった無名の山々を歩く楽しみを与えていただき、リーダー始めスタッフの皆さんにお礼申し上げる。

                               山遊人 

 

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-