FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

最後の紅葉映える鳳来寺山

11月28日(土)

            houraiji鳳来寺 

所属する山の会の同期会(山路会)で、ブッポウソウで有名な東三河の鳳来寺山へ山行する。
今回の参加者は10名である。
絶好の秋晴れの天候で、今年最後の紅葉が見られそうである。
houraijimap.jpg 

houraijidanmen1024.jpg 

コースタイム
9:40鳳来寺バス停 → 駐車場10:00 → 参道入り口10:10 → 11:00鳳来寺本堂11:15 → 11:45奥の院11:50 → 11:58鳳来寺山山頂 → 12:10瑠璃山12:45 → 13:55鷹打場展望台 → 14:25東照宮 → 15:05行者越 → 15:15湯谷峠 → 15:55湯谷温泉駅 → 16:05ゆーゆーありーな温泉

朝7時に名古屋駅へ集合し、東海道線、飯田線を乗り継いで9:22本長篠駅へ到着する。
この間のJR料金は「新城・本長篠往復切符」を利用すると割安である。
駅前から少し歩いてバスに乗り、10分ほどで鳳来寺バス停で下車する。
鳳来寺ではちょうどもみじ祭りが開催されている。(~11/29まで)
準備運動ののち、旅館や硯屋さんが立ち並ぶ参道前の門前町を歩いて、1425段の石段が待つ参道入り口に着く。
houraijiP1000444.jpg 

houraijiP1000448.jpg 

両側にうっそうと杉の大木が茂る石段をゆっくりと登っていく。
徳川幕府3代将軍家光が寄進したという朱塗りの仁王門をくぐると、すぐに樹齢800年という傘杉の大木がある。
                    houraijiP1000450.jpg 

両側にはかつて隆盛した頃の坊の跡がいくつも残る。
また、鳳来寺は昔から古刹として文人墨客が多く訪れており、俳人の松尾芭蕉や種田山頭火、歌人若山牧水の句碑や歌碑が立ち並んでいる。
 ● こがらしに岩ふきとがる杉間かな 松尾芭蕉
 ● 仏法僧仏法僧と鳴く鳥の声をまねつつ飲める酒かも 若山牧水
 ● 種田山頭火句      

30分ほどかけて長い石段を登り切り、11時本堂前の広場へ飛び出す。
houraijiP1000456.jpg 

展望台からは下方に門前町が霞んで見える。
ちょうどこのあたりは黄葉も最盛期で、もみじが赤く輝いている。
houraijiP1000458.jpg   

houraijiP1000459.jpg

休憩の後、本堂裏から奥の院への急な階段が続く道を登って、11:45壊れかけたお堂の立つ奥の院に着く。
奥の院裏の展望台からの眺望もすばらしい。
houraijiP1000461.jpg 

奥の院からは木の根の這う尾根道を10分ほどで三角点のある鳳来寺山山頂である。
全員で記念写真を摂る。
houraijiP1000462.jpg 

ここから少し先の最高点である瑠璃山下の岩場で昼食を摂る。
houraijiP1000466.jpg 

宇連山方面をながめながら、ゆっくりと休憩をする。
小金をためて登山用の腕時計を買った会員の自慢話などに花が咲く。
houraijiP1000463.jpg

houraijiP1000464.jpg

12:45下山にかかり、稜線を東に辿り、天狗岩を経て、鷹打場の展望台に午後2時前に到着する。
houraijiP1000472.jpg 

更に下り、午後2時半三大東照宮である鳳来寺東照宮に着く。
houraijiP1000479.jpg 

東照宮前のもみじが午後のひざしに輝きとてもすばらしい。
houraijiP1000484.jpg 

houraijiP1000483.jpg 

東照宮からは、かつての行場であった行者越を通り、湯谷峠から道を左手に湯谷温泉に向けて下る。
林道を抜け、鳳来寺山パークウェーの入口を通って、午後4時少し過ぎ湯谷駅前を通って日帰り温泉の「ゆーゆーありーな」に到着する。
温泉で汗を流し、午後5時過ぎの列車に乗り、豊橋で乗り換え、午後7時過ぎに名古屋へ帰着する。

今日の山行は、天気も良く今年最後の紅葉見物もでき、参加者全員笑顔で帰途についた。
久し振りの鳳来寺山であったが、秋の一日を過ごすには名古屋からは手ごろな山であり、改めて鳳来寺の良さを実感した山行であった。
「山路会」も今年1年6回の山行をすることができ、会員の事故もなく、元気で活躍できたことに感謝している。

                            山遊人
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示