FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

新緑清々しい養老山

5月23日(土)
            養老山 

山の会の仲間6人で、梅雨前の一日、新緑を求めて岐阜県の養老山に山行する。

   youroumap.jpg 
コースタイム
養老駅9:15 → 10:05養老の滝10:12 → 11:00休憩ベンチ11:08 → 11:35三方山11:48 → 12:13小倉山12:55 → 13:15養老山13:20 → 14:00笹原峠 → 14:20休憩ベンチ → 15:05養老の滝 → 15:50養老駅


昨夜来の雨も上がり気持ちのいい絶好の登山日和である。
朝7時45分、近鉄名古屋駅に集合し、近鉄で桑名まで行き、養老鉄道に乗り換え、9:07養老駅に着く。
yoro02DSCF0982.jpg 

駅前から養老公園を通り、ウォーミングアップを兼ねて、モミジの新緑が美しい滝川に沿った道を緩やかに登り、養老の滝まで50分ほどである。 
                   yoro04DSCF0984.jpg  

途中河原に花が咲いているのかと見紛う赤い風車がたくさん並べられたところがある。
yoro03DSCF0983.jpg 

滝前の広場で準備運動をして、10時過ぎ駐車場で登山届を提出し、林道を少し歩いて谷を渡り、登山道入り口から三方山斜面のジグザグの道を登りだす。
yoro05DSCF0987.jpg 

30分ほどの急登で尾根に出て、ベンチの設置された休憩所で一服をする。
更にここから尾根道を登って、三差路を左に三方山(720m)山頂に11:35到着する。
三方山からは眼下に木曽三川を見下ろし、濃尾平野が一望である。
名古屋の街や遠くかすかに御岳も見ることができる。
yoro07DSCF0991.jpg 

山ツツジの咲く道を10分ほどで笹原峠に着き、主稜線を左に、満開の山ツツジやタニウツギがを見ながら階段状の道を登り、12時過ぎ広い小倉山(841m)山頂に到着する。
yoro12DSCF1014.jpg 
yoro11DSCF1007.jpg 
yoro09DSCF1005.jpg 

小倉山山頂は小公園になっており、ベンチや東屋が設置されている。
yoro13DSCF1015.jpg 

鈴鹿北部の霊仙山や琵琶湖の一部が見渡せる東屋で昼食を摂る。
仲間の持ってきたおいしいみかんの缶詰やお抹茶をいただき、13時前に養老山へ向けて出発する。 
アセビの木が多く、山フジの咲く稜線を西に20分ほどで、壊れかけた山頂道標が少しかわいそうな、展望もきかない三角点の立つ養老山(859m)山頂へ13:15に着く。 
yoro10DSCF1006.jpg 
yoro01DSCF0965.jpg 

帰りは、養老山系最高峰笙ヶ岳を正面に見ながら登ってきた道を下り、観光客で賑わう滝に15時過ぎ下山する。
yoro15DSCF1017.jpg 
yoro14DSCF1016.jpg 

土産物屋の並ぶ道でお店のおばさんに「おかえり」の声をかけられ、15:50に養老駅に無事到着する。
養老線に2駅乗り、南濃の「水晶の湯」で汗を流し、のどを潤して、20時過ぎに名古屋へ帰る。
ちょうど山上では山ツツジ、タニウツギ、山フジなどが美しく、新緑の中に色どりを添えており、寒くも暑くもない天候に恵まれ、清々しさを感じた山行であった。
養老山は何度も来ているが、紅葉の頃と並びこの新緑の頃も気持ちのいい稜線歩きが出来て好きな山の一つである。
                     山遊人  

 

 

 

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示