FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

「劔岳 点の記」映画化される

6月17日(水)

            新田次郎の『劔岳 点の記』映画化される

小説家であり、気象予報官でもあり、また、登山家でもあった新田次郎の『劔岳 点の記』という小説がある。
この小説は、明治時代末期日露戦争直後、当時前人未踏と言われていた富山県の劔岳(2999m)に、陸地測量部測量官”柴崎芳太郎”が日本地図を完成させるために、苦労を重ねて三角点を建てる物語である。
陸軍のメンツ、県の役人との軋轢、発足間もない日本山岳会との初登頂争い(実は柴崎たちの仲間が山頂に立つとそこにはすでに錆びた剣と錫杖があった)などの困難を乗り越え、地元の山案内人”宇治長次郎”(剱岳の沢にその名が残る)たちの協力を得て、ついに明治40年7月27日に四等三角点を建てることに成功した経過を描いた山岳小説である。

劔岳は以前に何回か登ったことがあり、私の好きな山ベスト3に入る山であるが、以前この本を読んで、測量という仕事の大変さを学んだ。
しかも、その当時の三角測量で測量した剱岳の標高が、今日のGPSなど最先端の技術で測量した結果と1mしか違わなかったということを知り、明治時代の先人たちの努力に敬服したものである。
また、学生時代に、この小説に出てくる日本山岳会の設立にかかわった”小島烏水”のことを知り、”志賀重昂”の『日本風景論』を読んで、山が好きになるきっかけになった思い出がある。 

映画は、名カメラマン”木村大作”氏が、初めてみずから監督としてメガホンを取り、2年の歳月をかけて劔岳、立山一帯でオールロケをして完成した大作であるということである。

6/20から各地の映画館で上映されるそうです。
山好きの人にとっては、必見の作品だと思います。
私も是非見に行こうと思っています。
                    山遊人

新田 次郎
文芸春秋(2006-01)


tmpimg0905122052n120090512205707037.jpg 

tmpimg0905122055n120090512205724326.jpg 

tmpimg0905122056n120090512205741514.jpg 

関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示