FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

Entries

秋空の甲斐駒ヶ岳

9/22(土) 

明日は、秋のお彼岸の中日である。まずは、こうして健康で元気に山へ行けることを、ご先祖様に感謝したい。
またまた山へ出かけてしまった。今週3度目の山行である。我ながらよく行くものだとあきれ返っている。
今回は、秋空を求めて南アルプス甲斐駒ヶ岳へと、仲間と3人で日帰りで出かけてきた。
朝3時に名古屋を出て、戸台の仙流荘バス停へ6時前に到着。
すでに、沢山の車が入っており、駐車場はほぼ満車状態。さすが連休である。
6時発の北沢峠行バスも5台ほど出ただろうか。
7時前に北沢峠に着いたが、広河原からのバスも到着して、人で一杯。
山小屋はどこも予約のない者は泊まれない状態である。
朝食を食べ、7時過ぎに双児山コースを登りだす。
原生林の中を1時間半ほどで稜線に出る。
素晴らしい晴天のもと、仙丈、北岳などが、くっきりと青空に聳えている。

IMGP0231.jpgIMGP0229.jpg

駒津峰を経て甲斐駒ケ岳 双児山を過ぎ、2時間半ほどで駒津峰へ到着。
少しガスが出始めたが、摩利支天を従えた、甲斐駒が行く手に聳え立つ。     

IMGP0234.jpgIMGP0243.jpg

甲斐駒ヶ岳の雄姿 六方石を通り、分岐からは稜線通しの道をとる。
あえぎながら岩をよじ登り、11時過ぎやっと頂上(2967m)に到着。
風もなく、視界はよくきいたが、ガスが立ち始め遠くの山は雲海の中。
でも雲の中から北岳の三角錐がスックリと頭を出し、鳳凰三山のオベリスクが、雲間に浮かぶ姿は、感動的であった。

IMGP0252.jpgIMGP0259.jpg

IMGP0251.jpg
雲の間に鳳凰三山が顔を出す

1時間程昼食を採っている間に、登山者が頂上から青空に凧をあげていた。

IMGP0260.jpg
駒ケ岳山頂での凧揚げ


帰りは、巻き道をとり、駒津峰からは仙水峠への道を一路下山する。
午後4時のバスに間に合うために、かなり飛ばして下ったので、膝がガクガク。
北沢駒仙小屋前のテント場には、すごい数のテントが張られていた。
何とか3時40分頃北沢峠に到着し、無事にバスに間に合い下山する。
今回の山行は、素晴らしい天気に恵まれ、やはり山は天気が一番だと実感した。
秋の紅葉にはまだ少し早かったが、上の方ではナナカマドなどの紅葉が始まっていた。
10月中旬頃には素晴らしい紅葉が向かえてくれるであろう。

山遊人
関連記事

*Comment

*Comment_Post

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-