fc2ブログ

 足慣らし山行:若狭駒ヶ岳 

2022年9月25日(日)

高島トレイル:若狭駒ヶ岳(780.1m)

ふくらはぎを痛めてから3週間がたち、医者からも登山再開のお許しが出たので、まずは足慣らしとして高島トレイルにある「若狭駒ヶ岳」へ山行する。
若狭駒ヶ岳へは4,5年前の春に朽木の方から登ったことがある。
komagatakemap.gif

komagatake.png
【地形図】 熊川・古屋(1/25000)

【コースタイム】
渓流広場駐車場(8:08)~駒ヶ岳登山口(8:11)~森林公園(9:04)~トイレ(9:07/14)~林道分岐(9:26)~駒ヶ越(10:26)~若狭駒ヶ岳(10:35/11:10)~駒ヶ越(11:17)~トイレ(12:00/08)~登山口(12:41)~駐車場(12:44)

【天気】 晴れ時々曇り



太平洋側をかすめて進んだ雨台風の15号が去り、いい天気になりそうである。
山仲間2人と朝6時に待ち合わせて、名神道、北陸道、舞鶴若狭道を走る。
若狭三方ICを出て、R303の道の駅「熊川宿」の横から、川内河ダム堰堤の上を通り、右岸に沿った道を15分ほど走る。
橋を渡り、午前8時前に、きれいなトイレも設置された渓流広場の駐車場に着く。
10台ほどは駐車出来そうな駐車場にはまだ一台も駐まっていない。
P9250001.jpg

準備をして、8:08、登山口に向かって歩き始める。
3分ほどで左手の若狭駒ヶ岳登山口に着く。
P9250002.jpg

尾根に出るまで少し急登が続くが、今日は足慣らしの登山なので、ゆっくりと登っていく。
10分ほど歩くと、靴の外に小さなヒルが這い上がっているのを仲間が見つける。
お互いに靴を調べると2,3匹くっついている。
高島トレイルでヒルに遭遇するのは初めてである。
雨の後でジメジメしているためであろうか?
15分ほどで尾根上に上がると少し風も吹いており涼しい。
P9250003.jpg

階段の多い尾根道を1時間ほど登り、元キャンプ場であった「森林公園」という広い草付きの広場の駐車場に出る。
ここまでは林道を利用すれば車で登って来ることが出来る。
P9250004.jpg

以前使われていた管理棟の前を通り、林道を少し登っていくと、最近建ったきれいなバイオトイレのある広場に出て少し休憩する。
P9250023.jpg

中を覗くと水洗式のきれいなトイレである。
P9250006.jpg

広場からしばらく林道を歩き、途中で林道脇から登山道に入る。
伐採がされた斜面を何度も林道を横切りながら登っていく。
途中下草が茂り分かりにくいところで少し道をそれたが、気づいてすぐに引き返す。
駒ヶ岳が近くなると尾根上には気持ちのいいブナの林が現れる。
P9250013.jpg

最後の急坂を登り、駒ヶ岳南尾根上の分岐点駒ヶ越に出て右折れする。
緩やかな尾根を10分ほど登り、10:35、岩の上に三等三角点の建つ若狭駒ヶ岳山頂に着く。
P9250021.jpg

他に誰もいない山頂で記念撮影。
P9250015.jpg


山頂は東側が開けており、高島市あたりの琵琶湖が見える。
琵琶湖の向こうには、伊吹山や鈴鹿の霊仙山方面が霞んで見える。
P9250020.jpg

山頂から北の仙石山へと続く尾根もブナ林が多そうである。
P9250022.jpg

風も無い涼しい山頂で、少し早めの昼食を食べてゆっくりと休憩する。
食事をしていると、トレランの人が登ってきたが、少し休んだ後すぐに引き返していく。
のんびりと休憩した後、11:10、登ってきた道を下山にかかる。
下っていくとすぐに、マウンテンバイクを抱えた登山者が登ってくるのと出会う。
林道終点までマウンテンバイクで登って来たのだろうか?
森林公園で少し休憩をした後、急な階段の続く尾根を1時間半ほど下り、12:41、登山口に下り立つ。

帰りに、日本海の小浜から京都まで続く「鯖街道」の宿場町であった「熊川宿」に立ち寄る。
IMG_3887.jpg

秋の連休のためか多くの観光客が来ている。
宿場町の雰囲気が遺されている町並みを少し散策する。
IMG_3891.jpg

散策後帰路につき、若狭美浜ICから舞鶴若狭道に乗る。
北陸道が木之本ICを過ぎたあたりから長浜ICにかけて大渋滞をしている。
渋滞を避けて途中の小谷城SICで下り、関ケ原ICまでR365を走る。
関ヶ原ICから名神道に乗りなおし、午後5時半ごろ名古屋へ帰ってくる。



先日痛めたふくらはぎの回復具合を知るため足慣らしを目的に出かけた山行であった。
標高差600m足らず、往復5時間程度のコースを焦らずゆっくりと歩いた。
幸いにも登り下りとも痛めたところが途中で痛くなることはなかった。
しかし、帰りにふくらはぎのあたりに少し張りが出て痛みを感じた。
まだ本格的な秋の山には少し早かったが、ブナの林や爽やかに吹く秋風に和まされた山行であった。
山遊人



 一等三角点の山から絶景の日本海へ 

2022年8月31日(水)

若狭小浜:久須夜ヶ岳(618.5m)

北アルプスへ行く予定が、秋雨前線の停滞などで中止となり、久しく山に登ってないので、天気予報で晴天が予想される久須夜ヶ岳へ山行する。
久須夜ヶ岳(くすやがたけ)は、福井県小浜市の北東に位置する山で、山の北側には断崖となっている蘇洞門(そとも)がある。
kusuyagatakemap.gif
【地形図】:鋸崎

kusuyagatake.gif

【コースタイム】
登山口駐車場(7:57)~泊乗越(8:20/25)~蘇洞門(9:20/55)~泊乗越(11:45/50)~登山口駐車場(12:30/40)~(車移動)~展望台駐車場(12:46)~久須夜ヶ岳(12:53)~展望台駐車場(13:00)

天気】 晴れ(現地の最高気温は35℃近くの暑い日)



山仲間と朝5時半に出発し、名神道、北陸道を走る。
途中の関ヶ原のあたりでは雨が降っている。
敦賀JCTから舞鶴若狭道へ入ると、日本海側は予報通りいい天気である。
小浜ICを出て、小浜の街から海沿いに走り、エンゼルライン(現在は無料)を上がり、午前7時40分頃、第1駐車場手前の蘇洞門登山口近くの駐車場に駐める。
他に車は1台も駐まっていない。
P8310092.jpg

今日の予定は、最初に蘇洞門の海岸まで600mほど下り、帰りは駐車場まで登り返し、車で展望駐車場まで移動して久須夜ヶ岳山頂を目指すコースである。
7:57、準備をして、駐車場すぐ下の登山口より蘇洞門に向けて歩き始める。
このコースは、最近小浜市が整備をしたようで、新しい道標が建っている。
P8310093.jpg

ツバキなどの広葉樹の多い尾根道をP509を越えて下っていく。
30分弱下り、泊乗越という鞍部について少し休憩する。
P8310095.jpg

そこから右に折れて、尾根の山腹を巻きながら徐々に下っていく。
所々ガラガラの足場が悪い所がある歩きにくい道を注意しながら下る。
歩き始めて50分ぐらいで、再び尾根上の道になる。
2,3ヶ所ロープの下がった急坂を下る。
20分ほど尾根を下ると、コンクリートの階段の道になる。
P8310097.jpg

急な階段を下りていくと、途中で蘇洞門の桟橋が眼下に見えてくる。
P8310098.jpg

左側には小浜から続く岬先端の断崖が見える。
P8310099.jpg

9:20、以前の船着場のある蘇洞門の海岸に下り立つ。
P8310100.jpg

ここにはお不動さんが祀られており、後ろの崖からは滝が流れ落ちている。
P8310110.jpg

船着場まで下りていくと、有名な景勝地蘇洞門にある波の浸食で開けられた「大門・小門」がすぐ前に見える。
P8310103.jpg

大門越しには以前登った若狭高浜の青葉山(若狭富士)が聳えているのが見える。
P8310105.jpg

人と比べると蘇洞門の断崖の大きさが分かる。
P8310112.jpg

以前は小浜港から出る遊覧船がこの船着場に着き下船が出来たが、現在は桟橋が未整備のため下船することは出来ないらしい。
誰もいない船着場で、30分以上も食事をしながらゆっくりとする。
9:55、下ってきた道を戻ることにする。
登る途中で、ちょうど小浜から来た遊覧船が眼下に見える。
P8310113.jpg

急な階段を登り返して尾根上に出る。
台風接近のためかの猛暑の中汗が噴き出る。
更にロープのかかる急坂を登り返し、久し振りの山行も手伝ってバテぎみである。
2時間ほどかかって、11:45、やっと泊乗越に出て休憩する。
乗越からは40分ほど尾根道を辿り、12:35、登山口駐車場に戻ってくる。
車に乗り込みすぐ上の展望台駐車場へ移動する。
駐車場で少し休憩した後、空身で10分ほど先の久須夜ヶ岳山頂へ向かう。
車道をすこし登り、12:46、一等三角点の建つ久須夜ヶ岳山頂に着く。
P8310115.jpg

展望のない山頂には沢山の電波塔が建っている。
P8310116.jpg

午後1時、エンゼルラインを下り、小浜港にある日帰り温泉で汗を流す。
小浜ICから舞鶴若狭道に乗り、北陸道、名神道を走る。
羽島ICと一宮ICとの間が大規模改修工事で大渋滞しているので、関ケ原ICで下り、養老を通り東海大橋を渡って帰る。
途中で夕食を摂った後、午後7時ごろ名古屋へ帰る。



今日は、以前から行ってみたいと思っていた蘇洞門へ、最初に下った後、帰りに久須夜ヶ岳登り返す山行であった。
天気予報が当たり、小浜地方は夏が戻って来たような猛暑の日であった。
山頂近くから、最初に海岸まで下り、再び登り返して久須夜ヶ岳山頂に立ったが、このような山行は初めてであった。
暑いのと重なり、帰りの登り返しはつらくバテバテの山行であった。

【追記】
帰った日には何ともなかったが、次の日の朝起きると、以前から少し痛めていた左足のふくらはぎに激痛が走り、起き上がることが出来ない。
その日は一日中寝て過ごし、翌日病院で診てもらう。
その結果、ふくらはぎの筋肉疲労で、内出血もしているという見立てである。
しばらく筋肉を休める必要があるということである。
久し振りの山行で、暑い日でもあったので、筋肉が悲鳴を上げたようだ。
残念であるが、しばらくはおとなしく休養することにしよう。
山遊人



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!



presented by 地球の名言
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -