fc2ブログ

 初夏の霧島山・開聞岳山行(その3) 

2022年5月27日(金)

薩南:開聞岳(924m)

鹿児島山行最終日、薩摩半島最南端にある日本百名山の「開聞岳」に山行する。
kaimondakemap.png
【地形図】 開聞岳

kaimondake.gif

【コースタイム】
開聞岳登山口駐車場(8:40)~五合目(9:55)~八合目(10:55)~開聞岳(11:40/12:15)~五合目(13:35)~登山口駐車場(14:30)
                 (行動時間: 5 時間50 分)

【天気】 快晴




昨日来の雨も止み、今日は快晴のいい天気である。
朝食を食べた後、午前8時前に宿を出る。
今日は開聞岳に登る予定だが、登山口に行く途中で薩摩半島最南端にある「長崎鼻」に立ち寄る。
車で30分ほど走り、長崎鼻に着く。
土産物屋が並ぶ道を抜けると竜宮神社の赤い建物がある。(50年前に来た時にはあったのかな?)
DSCF6960.jpg

その先ではこれから登る開聞岳が堂々と聳えているのが見える。
円錐形のまさに”薩摩富士”の名にふさわしい雄姿である。
DSCF6963.jpg

海岸線からの眺めも素晴らしい。
DSCF6966.jpg

先端には真っ白な長崎鼻灯台が建っている。
DSCF6968.jpg

潮が引いていれば海岸に下りて岩礁帯を歩いて行けれるのだが、時間がないのでここから引き返す。
長崎鼻から更に15分ほど走り、午前8時30分過ぎ「かいもん山麓ふれあい公園」の駐車場に着く。
50台ほどは止められる駐車場にはすでにたくさんの車が止まっている。
中には本州ナンバーの車もかなりある。
さすが日本百名山のためか人気の山である。
駐車場横にはトイレや売店のある管理事務所が建っている。
DSCF6990.jpg

8:40、準備をして登山口から歩き始める。
DSCF6972.jpg

公園の中の芝生を横切ってアジサイの咲く中を歩いていく。
DSCF6973.jpg

前方には開聞岳が大きく聳えており、登高意欲をかきたてられる。
DSCF6974.jpg

少し車道を歩き、一合目からは本格的な登山口になる。
樹林帯の中の道が続き、風が通らず汗が噴き出してくる。
徐々に傾斜が増し、9:55、五合目に着き少し休憩する。
東側が開けた展望台が設置されており、錦江湾の向こうには大隅半島方面が見える。
DSCF6978.jpg

DSCF6977.jpg

休憩後は更に急登となり、大岩がゴロゴロする歩きにくい道を登っていく。
七合目で視界が開け、眼下に南シナ海の島々が見える。
遠く屋久島の宮之浦岳も雲の上に浮かんでいる。
DSCF6980.jpg

仙人洞という洞窟の横を通り、歩きにくい岩場の道から梯子のかかる急坂を登る。
急登を過ぎ大岩を回り込んで、11:40、大勢の登山者で賑わう二等三角点の開聞岳山頂に着く。
DSCF6985.jpg

山頂からは大隅半島方面や池田湖、遠く錦江湾越しに桜島も霞んでいる。
DSCF6989.jpg

DSCF6986.jpg

山頂の岩場で昼食を食べて休んでいると、鹿児島市内の小学校の集団登山で、大勢の生徒が登ってくる。
12:15、満員状態の山頂を退散して下山にかかる。
下山路はこれから登ってくる生徒や下る生徒で渋滞状態である。
途中で抜くこともすれ違うことも出来ない。
開聞岳のような登山道が一本しかない山での集団登山は、他の登山客の迷惑にもなりかねない。
安全登山のためにもこの点をもう少し考えて計画をしてほしいものだ。
下り始めてから2時間15分かかり、14:30、登山口駐車場に戻ってくる。

午後3時前、車に乗り込み帰途につく。
途中、九州最大のカルデラ湖である池田湖畔を通る。
池田湖は、ネス湖のネッシーになぞらえた未確認生物「イッシー」が住んでいると噂されている。
DSCF6994.jpg

湖畔からは登って来た開聞岳がよく見える。
DSCF6992.jpg

再び指宿スカイラインに乗り、午後5時前に鹿児島の街に入る。
飛行機までまだ時間があるので、フェリーに乗り桜島に渡る。
車で上がって湯之平展望所に行く。
DSCF7003.jpg

展望台に上がると、夕日に赤く染まる桜島が眼前に大きく聳えている。
DSCF6999.jpg

仰ぎ見る南岳の方からは微かに噴煙がたなびいている。
DSCF6996.jpg

錦江湾越しには登ってきた開聞岳も遠くに霞んで見える。
DSCF6997.jpg

眺望を堪能した後、フェリー乗り場近くの日帰り温泉で汗を流す。
その後、九州自動車道を走り、午後7時半過ぎ鹿児島空港へ戻る。
21:25発の飛行機に乗り、22:45、セントレアに無事帰着する。



3日間に渡る鹿児島県の「霧島山・開聞岳」山行は、一日は雨に降られたが、山行中は天気に恵まれた。
霧島の高千穂峰では、期待していたミヤマキリシマは、ちょうど満開時期に遭遇することが出来た。
開聞岳山行は、いい天気に恵まれて山頂からの素晴らしい眺望を楽しむことが出来た。
雨天のため一日を史跡などの観光に充てたが、いずれの観光地も印象深く巡ることが出来た。
特に、知覧の特攻平和会館の中にあった特攻隊員が家族などに遺した手紙に心を打たれた。
戦争の悲惨さ、残酷さがひしひしと伝わり、二度とあのような過ちを繰り返してはならないと願った。
命の尊さ、平和の大切さを心に刻んだ山旅であった。
山遊人



 初夏の霧島山・開聞岳山行(その2) 

2022年5月26日(木)

霧島神宮・鹿児島市内、知覧観光

朝起きると外は雨が降っている。
当初の予定では、今日は開聞岳へ登る計画であったが、明日と入れ替えて、今日一日は、観光に充てることにする。
朝食を食べ、午前8時過ぎに宿を出る。
最初に、車で15分ほどの所にある「霧島神宮」に立ち寄る。
DSCF6917.jpg

霧島神宮は、6世紀に創建され、主祭神は建国神話に出てくる瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)である。
今年4月には本殿等が国宝に指定された。
DSCF6918.jpg

DSCF6921.jpg

また、坂本龍馬とおりょうさんも新婚旅行で立ち寄ったとされている。
DSCF6928.jpg

境内には樹齢800年と言われる杉の御神木もある。
DSCF6925.jpg

神宮参拝後、九州縦貫自動車道を走り鹿児島市へ向かう。
市内観光では、最初に「仙厳園(磯庭園)」へ行く。
仙厳園は、薩摩藩島津家の別邸であり、桜島を望む庭園がある。
幕末の開明的な藩主であった島津斉彬の作った反射炉跡なども残っている。
DSCF6940.jpg

DSCF6930.jpg

DSCF6936.jpg

近くには”薩摩切子”の工場などもある。
次に、明治10年の西南戦争で、西郷隆盛たちが最後に立て籠もった鹿児島市背後の城山にある洞窟を見学する。
更に城山公園展望台に上がったが、残念ながら桜島は雲に隠れてその雄姿を見ることは出来ない。
DSCF6945.jpg

近くで昼食を摂った後、指宿スカイラインを走り知覧の町に行く。
知覧は、太平洋戦争末期に特攻基地になったことで知られており、「知覧特攻平和会館」がある。
この平和会館は、特攻隊員の遺品や海底から引き揚げられた”0戦”の残骸など関係資料がたくさん展示されている。
DSCF6946.jpg

17歳、18歳という前途ある多くの若者がこの基地から飛び立ち帰らぬ人となった。
現在のウクライナへのロシア侵攻と重なって、戦争の無残さや平和の貴さを思い知らされた。
知覧はまた「薩摩の小京都」とも言われ、武家屋敷街が残っている。
DSCF6947.jpg

いずれの屋敷も手入れされたマキの垣根が続いている。
DSCF6949.jpg

ちょうど屋敷内庭園ではサツキが咲いてきれいである。
DSCF6950.jpg

DSCF6952.jpg

午後3時半ごろに知覧を後にして、車で、今日の宿である指宿を目指す。
雨も上がりかけた午後5時過ぎに指宿市手前にある宿に着く。
この宿には指宿名物の「砂蒸し風呂」があり、さっそく入りに行く。
砂の上に寝転がり上から砂をかけてもらうとすぐに身体が暖かくなる。
15分ほどジッとしていると、汗が噴き出してくる。
そのあとすぐにシャワーで砂を流してから温泉に入る。
海のそばで塩辛い湯が火照った身体に気持ちがいい。
入浴後、鹿児島黒牛のしゃぶしゃぶや初ガツオの料理などに舌鼓を打ちながらおいしい夕食を頂く。
明日は天気も持ち直し、晴れの予報が出ている。
明日の開聞岳登山に向けて、早めに就寝する。
山遊人


 初夏の霧島山・開聞岳山行(その1) 

2022年5月25日(水)~27日(金)

山仲間3人と一緒に、2泊3日の日程で、九州鹿児島県にある日本百名山の[「霧島山」と「開聞岳」に山行する。



5月25日(水)

霧島:高千穂峰(1574m)
takatihonomine.png
【地形図】:高千穂峰

takatiho.gif

【コースタイム】
高千穂河原(10:45)~御鉢火口壁(11:50)~高千穂峰(12:25/45)~高千穂河原(13:20)
                  (行動時間: 2 時間35 分)

【天気】 曇り後晴れ




天気予報があまり芳しくなく、天気を心配しての出発である。
8:00、セントレア発の飛行機で出発する。
DSCF6830.jpg

9:25、予定通り鹿児島空港に到着する。
空港からレンタカーで霧島を目指す。
午前10時半ごろ高千穂河原の登山口駐車場に着く。
9:45、霧島神宮古宮の鳥居をくぐり、高千穂峰を目指して歩き始める。
DSCF6831.jpg

緑が眩しい所々にミヤマキリシマ咲くゆるやかな道を登っていく。
DSCF6835.jpg

20分ほど歩くと樹林帯を抜け、上方の斜面がミヤマキリシマで薄くピンク色に染まっている。
DSCF6838.jpg

火山特有の赤茶けたガラガラの斜面を登っていく。
DSCF6846.jpg

歩き始めて50分ほどで火口壁の「御鉢」上に出る。
DSCF6857.jpg

稜線上や御鉢の中の斜面には待望のミヤマキリシマが点々と咲いている。
ここのミヤマキリシマは九重山に比べて背丈が低い。
DSCF6853.jpg

期待していたミヤマキリシマに出合えて大感激!
DSCF6859.jpg

御鉢を廻って馬の背の尾根を歩いていく。
DSCF6863.jpg

ややガスが出始める中、背門丘という社のある鞍部へと下っていく。
DSCF6867.jpg

最期に急坂を登りきり、12:25、高千穂峰山頂に立つ。
DSCF6870.jpg

背後には天孫降臨伝説の「天の逆鉾」が立っている。
幕末の志士「坂本龍馬」が、日本人で初めておりょうさんと新婚旅行でこの山を訪れ、この鉾を引き抜いたということである。
現在は柵で囲われており近づくことは出来ない。
DSCF6868.jpg

ガスがかかって眺望はきかない山頂で昼食を食べて休憩する。
休憩後、同じ道を下山にかかる。
DSCF6873.jpg

ややガスが切れ出すと、山腹はピンクのミヤマキリシマで埋め尽くされている。
DSCF6879.jpg

途中であった登山者の話では、今年は、ここ4,5年で一番たくさん咲いているということである。
DSCF6883.jpg

13:20、花を楽しみながら高千穂河原の登山口に戻ってくる。



大浪池

oonamiikemap.png
【地形図】:韓国岳

oonamiike.gif

【コースタイム】
大浪池登山口(14:25)~大浪池避難小屋(15:10)~韓国岳避難小屋(15:52)~大浪池避難小屋(16:50/17:05)~大浪池登山口(17:32)
               (行動時間: 3 時間7 分) 



車に乗り込み、午後2時過ぎ、韓国岳の大浪池登山口に着く。
やや時間が遅れているので、韓国岳まで登れるか分からないが、とりあえず大浪池まで行くことにする。
DSCF6892.jpg

14:45、階段の多い道を登っていき、15:10、避難小屋の建つ大浪池の縁に出る。
ガスがかかり池は全く見えない。
DSCF6893.jpg

左回りで大浪池の周囲を廻って歩いていく。
DSCF6896.jpg

15:52、避難小屋の建つ韓国岳への分岐に出る。
DSCF6898.jpg

ここから韓国岳まではまだ1時間はかかるので登頂は諦め、大浪池を東側周りで一周して下山することにする。
しばらく歩いていくと、時々ガスが切れ出し、右手下に大浪池が見え始める。
DSCF6903.jpg

徐々に天気も回復し出し、ミヤマキリシマなどが咲く池の縁を歩いていく。
DSCF6906.jpg

大浪池避難小屋まで戻る頃にはガスが切れて、大浪池の全容が姿を現す。
DSCF6907.jpg

DSCF6908.jpg

更に少し待っていると、青空が広がり始め、韓国岳も見えてくる。
DSCF6912.jpg

休憩後、避難小屋から下り、17:32、大浪池登山口へ下山する。

車で15分ほど走り、霧島温泉の宿に着く。
宿の窓から覗くと、あたりには温泉の蒸気が噴出している。
DSCF6913.jpg

宿の温泉に浸かって疲れをとり、夕食を食べた後、明日に備えて午後9時過ぎには床に就く。
山遊人


 オキナグサを見に:霧訪山 

2022年5月9日(月)

塩尻市:霧訪山(きりとうやま)(1305.7m)

山仲間3人と一緒に、オキナグサで有名な塩尻市南部にある霧訪山へ山行する。
kiritoyamamap.png
【地形図】:北小野(1/25000図)

kiritoyama.gif

【コースタイム】
北小野登山口駐車場(9:32)~御嶽山大権現(9:52)~かっとり城跡(10:00)~避難小屋(10:07/12)~霧訪山(10:40/55)~避難小屋(11:15/30)~北小野登山口(11:54)

【天気】 小雨




低気圧が近づきつつあり、昼頃からは雨予報が出ている。
時期的に少し遅いが、霧訪山のオキナグサを見に行こうと、思い切って出かける。
午前6時半ごろ集合し、中央道を走る。
伊北ICを出て、R153を北へ走る予定であったが、駐車場への道が分かりにくく少し時間をくってしまう。
狭い町中の道を抜けて、午前9時半前、やっと北小野登山口の駐車場に着く。
IMG_3183_20220510090139ff9.jpg

10台ほどは止められそうな駐車場には、既に地元の車が4,5台駐車している。
IMG_3182_20220510090148eba.jpg

ちょうど到着する頃から小雨が降り出したので雨具を装着する。
9:32、霧訪山に向けて登山口から登り始める。
IMG_3184_20220510090129ed0.jpg

いきなりの結構急な階段の続く道を登っていく。
道の左側は、アカマツ林になっており、ロープが張られて進入禁止になっている。
20分ほど登ると、「御嶽山大権現」の石碑の前を通過する。
IMG_3185_202205100901198db.jpg

10:00、送電線鉄塔の建つ「かっとり城跡」と書かれた所を通過する。
かっとり城とは、小野にある三つの山城の一つで、戦国時代には小笠原氏の居城があったということである。
IMG_3188.jpg

さらに5分ほど歩き、青い三角屋根の避難小屋前のベンチで少し休憩する。
IMG_3190_20220510090100ef5.jpg

急になる尾根道を上がっていく。
途中にはピンクのミツバツツジがきれいである。
IMG_3199.jpg

登り始めてから約1時間10分かかり、10:40、二等三角点の霧訪山山頂に着く。
小雨が降りガスもかかっているので、期待していた眺望はきかない。
山頂には「小野神社」の分社が建っている。
IMG_3198_20220510085923213.jpg

社の囲いの中に、待望のオキナグサが咲いている。
IMG_3193_2022051008592582e.jpg

山頂にはや願い事を唱えながら叩けば夢かなうという「霧訪の鐘」もある。
丸い方向指示板の後ろで記念撮影。
IMG_3195.jpg

東方眼下には小野の町が霞んでいる。
IMG_3197.jpg

予定では大芝山へ縦走する計画であったが、小雨が降って寒いので中止して、そのまま登ってきた道を下ることにする。
IMG_3196.jpg

30分ほどで避難小屋まで下り、小屋前のベンチで休憩して軽く食事をする。
更に下り、11:54、北小野登山口の駐車場に戻ってくる。

帰りに、国道沿いの蕎麦屋さんで美味しい蕎麦と山菜の天ぷらを食べる。
伊北IC近くの日帰り温泉で身体を温めた後中央道を走り、午後4時ごろ名古屋へ帰る。



前から一度登ってみたいと思っていた霧訪山は、登山口から1時間少しで登れる里山的な山であった。
天気がよければ山頂からの360度の大展望が楽しめ、北アルプスや御嶽山、八ヶ岳などを望むことが出来る山である。
今日は生憎の天気で眺望がかなわなかったのは残念であった。
待望のオキナグサは、すでに盛期は過ぎていたが、少しだけ咲いているのを見ることが出来た。
今日は雨天で中止してしまったが、今度は天気のいい日に大芝山の方まで縦走してみたい。
山遊人



 久し振りの高島トレイル:三重嶽・武奈ヶ嶽 

2022年5月4日(水・祝)

高島トレイル:三重嶽(さんじょうがたけ)(973.9m)・武奈ヶ嶽(865m)

山仲間と、滋賀県の高島トレイルにある「三重嶽」と「武奈ヶ嶽」へ山行する。
sanjogatakemap.png
【地形図:熊川(1/25000図)】

sanjogatake.gif

【コースタイム】
石田川ダム(6:30)~三重嶽登山口(7:28/35)~三重嶽(9:40/55)~水谷分かれ(10:34)~武奈ヶ嶽(12:05/35)~赤石山(13:05/12)~武奈ヶ岳登山口(14:45)~石田ダム登山口(14:55)

【天気】 快晴




移動性高気圧に覆われていい天気になりそうである。
ゴールデンウイーク中の山行は、道が混むので遠慮していたが、朝早く出発すれば渋滞にも巻き込まれないだろうと、急遽計画して出かけることにする。
高島トレイル中央部にあるトレイル最高峰の「三重嶽」と、まだ登っていない「武奈ヶ嶽」へ行くことにする。
午前4時半に集合し、名神道、北陸道を走り、木之本ICを出る。
琵琶湖北岸から西岸のR161を走る。
今津で右折れして、R303を西に走り、途中から右折れして石田川ダムへの林道を上る。
午前6時過ぎ、石田川ダム管理事務所の駐車場に着く。
先客の車が3台止まっている。
IMG_7028.jpg

準備をして、6:30、三重嶽登山口に向けて林道ゲートを抜けて歩き始める。
IMG_7029.jpg

IMG_7030.jpg

ダムにはほとんど水がない。
IMG_7033.jpg

15分ほど歩いていくと、武奈ヶ岳北尾根の途中へ出る登山口がある。
数年前の台風で倒木がかなり倒れており荒れていそうである。
IMG_7035.jpg

雪解けあとのためか林道は倒木などが多くかなり荒れている。
IMG_7036.jpg

まだ残雪も残り、崖崩れしている箇所を乗り越えながら歩いていく。
IMG_7038.jpg

1時間ほど歩き、7:28、三重嶽登山口に着き少し休憩する。
休憩後、三重嶽へ向けて登山口から登り始める。
IMG_7039.jpg

30分ほど急斜面を登り、三重嶽南尾根末端に出る。
そこからは緩やかな南尾根を登っていく。
1時間ほど登っていくと、ブナ林の尾根道に変わる。
IMG_7040.jpg

新芽が出たばかりの新緑の気持ちのいいブナ林の中を登っていく。
IMG_7042.jpg

IMG_7043.jpg

所々でピンクのシャクナゲの花が咲いている。
IMG_7045.jpg

足元にはイワウチワも咲いている。
IMG_7044.jpg

いくつかピークを越えながら最後の急坂を登り、9:40、三等三角点の建つ三重嶽山頂に着く。
IMG_7049.jpg

山頂からは東方に琵琶湖が霞んでおり、竹生島の向こうには伊吹山も見える。
IMG_7051.jpg

ここまで誰とも出会わなかったが、山頂で休んでいると単独校の女性の登山者が登ってくる。
休憩後、広い尾根道の高島トレイルを下っていく。
途中ではきもちのいいブナの広い尾根道を歩いていく。
IMG_7052.jpg

途中の窪地にはまだ雪が少し残っている。
IMG_7053.jpg

雪解けあとの小さな池もある。
IMG_7055.jpg

日当たりのいい所では、カタクリの花も咲いている。
IMG_7057.jpg

一旦300mほど下り、再び登り返して、P812を越え、三重嶽から約2時間ほど歩いて、12:05、武奈ヶ嶽山頂に立つ。
IMG_7062.jpg

山頂からは歩いてきた三重嶽が見える。
IMG_7068.jpg

東には琵琶湖の向こうに伊吹山が霞んでいる。
IMG_7069.jpg

南東方面には琵琶湖や、近江富士の三上山が見える。
IMG_7066.jpg

山頂で、昼食をたべて休憩した後、12:35、高島トレイルを南へ下っていく。
途中、イワカガミやイワウチワがたくさん咲いている、
IMG_7074.jpg

IMG_7072.jpg

タムシバの白い花が青空に眩しい。
IMG_7070.jpg

30分ほど下り、高島トレイルと離れて赤岩山へ登り返す。
ここから石田川ダムへの道は、台風被害で倒木が多く荒れているということである。
分かりにくい道を尾根を外さないように下る。
500m程まで下ったところで、薄い踏み跡に惑わされて少し谷の方へ下ってしまう。
途中で道がなくなってしまったが、なんとか急な斜面を登り返し、正しいルートに出る。
更に倒木の中の道を下り、正規の道から少し左に寄った所から林道へ下る。
このコースは台風による倒木などで道が非常に荒れてわかりにくい所もあり、あまり歩かない方がいい。
10分ほど林道を歩いて、14:55、駐車場へ戻ってくる。

帰りの琵琶湖沿いの国道が大渋滞している。
渋滞を抜けた後、途中で日帰り温泉に立ち寄る。
関ヶ原ICから一宮ICまでの名神道も渋滞しているため、関ケ原から養老を通って下道を走り、午後8時過ぎ名古屋へ帰る。



今日は、久し振りに高島トレイルの山に登った。
休憩時間も含めて約8時間半、16kmと、久々のロングコースであった。
よく地形図を確かめなかったため、途中で道を間違えて谷へ下ってしまったことは反省点であった。
連休中だというのに、途中では3,4組の登山者とすれ違っただけで、静かな山を楽しめた。
ちょうど春の新緑の時期で、ブナの芽吹きやいろいろな春の花々も楽しめた山行であった。

山遊人


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!



presented by 地球の名言
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -