fc2ブログ

 紅葉と大展望:富士見台 

2021年10月29日(金)

南信州:富士見台(1739m)

山仲間2人と一緒に、眺望を楽しもうと、南信州の富士見台へ山行する。
fujimidaimap_202110300851299fb.gif

fujimidai_202110300851233df.png

【コースタイム】
神坂神社(7:30)~分岐(8:35/40)~萬岳荘(9:25/35)~富士見台(10:03/38)~神坂山(11:07)~萬岳荘(11:20)~分岐(12:02/10)~林道出合(12:40)~神坂神社(13:03)

【天気】 快晴




朝6時に集合し、中央道を走る。
園原ICを出て、神坂神社への林道を上り、午前7時半前に神社前の駐車場に着く。
すでに先客の車が1台止まっている。
現地の天気は雲もない素晴らしい晴天である。
7:30、現地で待ち合わせた一人を加えて3人で、神坂神社境内から出発する。
IMG_6101.jpg

境内を抜けて林道に上がり、富士見台への古代東山道カラマツコースを登り始める。
IMG_6102.jpg

杉林の中の暗い道をジグザグに急登する。
50分ほど登って尾根上に出て少し下り、8:35、古代東山道ブナコースとの分岐に出て休憩する。
IMG_6104.jpg

IMG_6106.jpg

休憩後、やや黄色く色づき始めたカラマツ林が続くゆるやかな道を行く。
IMG_6108.jpg

途中では紅葉がかなり進んでいるところもある。
IMG_6109.jpg

旧牧場跡の池之平を過ぎ、西側の谷を隔てた斜面に朝日が当たり紅葉がきれいである。
IMG_6114.jpg

分岐から50分ほど歩き、萬岳荘前に着いて少し休憩する。
IMG_6115.jpg

萬岳荘からはコンクリートで舗装された道を上がり、恵那山へと続く笹原の稜線上に出る。
東の笹原の向こうに南アルプス南部の荒川三山、赤石岳、聖岳などが少し新雪を頂いて聳えているのが見える。
IMG_6117.jpg

神坂避難小屋を過ぎ、富士見台へと続く尾根上に出る。
西北方面に、御嶽山や乗鞍岳が真っ青な空に浮かんでいるのが目に飛び込んでくる。
IMG_6124.jpg

IMG_6118.jpg
(御嶽山)

IMG_6119.jpg
(乗鞍岳)

乗鞍岳の北には、雲の間から穂高連峰が頭を出している。
IMG_6125.jpg

北の方には、中央アルプス方面も見えている。
IMG_6121.jpg

東に目をやると、南アルプスの山々も一望できる。
IMG_6122.jpg
(白根三山)

IMG_6123.jpg
(荒川三山と赤石岳)

笹原の中の道を登って富士見台山頂を目指す。
IMG_6138.jpg

10:03、誰もいない富士見台の山頂に立つ。
IMG_6126.jpg

山頂からは360度の大展望が広がる。
IMG_6129.jpg
(中央アルプス)

IMG_6132.jpg
(白根三山)

IMG_6134.jpg
(塩見岳)

IMG_6133.jpg
(荒川岳、赤石岳、聖岳)

山頂で軽く食事をして休んでいると、神坂峠まで車やバスで来たハイカーが次々と登ってくる。
11:38、山頂が混んできたので早々に下山にかかる。
神坂山へと続く笹原の向こうに恵那山を見ながらのんびりと下っていく。
IMG_6136.jpg

神坂避難小屋前で左折れして神坂山をめざす。
途中にはかつて地元の中学性が落雷に遭った遭難碑が建っている。
IMG_6139.jpg

神坂山へ登る途中、左手に御嶽山や乗鞍岳がよく見える。
IMG_6144.jpg

11:07、大きな岩田石のある神坂山山頂に着く。
IMG_6145.jpg

神坂山からの下山の途中、前方に見える富士見台の笹原が美しい。
IMG_6148.jpg

左手には、どっしりとした恵那山が聳えている。
IMG_6151_20211030084527ea4.jpg

15分ほどで萬岳荘手前に下り、左に折れて登ってきた道を下る。
12:02、東山道分岐に出て、下りは右手のブナコースをいく。
こちらの道から見える山肌の紅葉もかなり進んでいる。
IMG_6162.jpg

IMG_6154.jpg

赤や黄色のモミジの紅葉も美しい。
IMG_6165.jpg

30分ほど下り、林道出合に飛び出す。
IMG_6166.jpg

林道を30分弱下り、13:03、神坂神社駐車場に戻ってくる。

帰りに、日帰り温泉に立ち寄った後中央道を走り、午後4時過ぎ名古屋へ帰る。



今日は、一年に何度もないような、これ以上望めないほどの晴天に恵まれた山行であった。
一点の雲もない真っ青な青空の下、南、中央アルプスや御嶽山、乗鞍岳など、山頂に新雪を頂いた山々の絶景を堪能できた。
今年はどこの山も紅葉が少し遅れ気味だと聞いていたが、登る途中では結構美しい紅葉にも恵まれた楽しい山行であった。
山遊人



 冠雪の富士を仰ぎながら:茅ヶ岳 

2021年10月20日(水)

奥秩父前衛:茅ヶ岳(1704m)・金ヶ岳(1764m)

登山学校OBの方々5人と一緒に、『日本百名山』の著者「深田久弥」の終焉の地として知られている「茅ヶ岳」へ山行する。
kayagatakemap.gif

kayagatake.png

【コースタイム】
深田記念公園駐車場(9:40)~林道出合(10:07)~女岩(10:50)~深田久弥終焉の地(11:33)~茅ヶ岳(11:55/12:20)~金ヶ岳南峰(13:00)~金ヶ岳(13:13/25)~茅ヶ岳(14:12/20)~林道出合(15:25)~深田記念公園駐車場(15:48)

【天気】 晴れ




コロナ禍のため、しばらく一緒に行けなかった方々との久し振りの山行である。
朝6時半前に集合し、2台の車で新東名自動車道を走り、新清水JCTからこの度新しく全線開通した中部横断自動車道を走る。
双葉JCTで中央道に乗り、一区間だけ西に走って韮崎ICを出る。
15分ほど県道を走り、午前9時半前深田記念公園駐車場に着く。
トイレも設置された広い駐車場には7,8台の車が止まっている。
ほとんどが関東圏の車である。
IMG_5884_20211021084923752.jpg

現地の天気は、澄んだ快晴の天気であるがやや風が強い。
支度をして、9:40、茅ヶ岳登山口から歩き始める。
IMG_5886_20211021084923195.jpg

途中まっすぐ行くと「深久記念公園」があるが、右に逸れて山道に入る。
結構広い道を徐々に上がっていき、30分ほどで車道を横切り、再び谷沿いの道を行く。
IMG_5888_20211021084649363.jpg

出発して1時間ほどで谷を外れて右に回り込み、大きな岩の重なる急な斜面を登っていく。
登りついたところが「女岩」のようであるが、標識を見逃し通り過ぎてしまう。
道はさらに急になり、ジグザグを切りながら斜面を登っていく。
11:30、茅ヶ岳から南東に派生する尾根上に出て少し休憩する。
IMG_5890.jpg

休憩後左に折れて尾根道を登っていく。
2,3分登るとすぐに、道の右手傍らに「深田久弥先生終焉之地」の小さな石碑がひっそりと建っている。
昭和46年3月26日、茅ヶ岳を登っていた氏は、頂上まであとわずかのこの地で脳溢血で倒れ急逝された。
IMG_5892_20211021084534261.jpg

さらに急になる尾根道を20分ほど登り、11:55、二等三角点の茅ヶ岳山頂に立つ。
IMG_5895_202110210844113ee.jpg

山頂には二組ほどの登山者が憩っている。
山頂には丸い方位盤もあり、360度の展望が広がっている。
南東方向の甲府盆地の向こうに大きくそびえる富士山の雄姿が目に飛び込んでくる。
IMG_5899_20211021084216064.jpg

今年初めての冬型気圧配置なり、太平洋南岸を低気圧が通ったため、高い山には降雪があり、ちょうど冠雪した富士山を望むことが出来る。
IMG_5902_20211021084216435.jpg

富士山の右には南アルプス最北に位置する鳳凰三山の地蔵岳オベリスクが小さく見える。
IMG_5905_202110210836507a3.jpg

少し新雪を被った甲斐駒ケ岳や鋸岳も望まれる。
IMG_5901_2021102108412823d.jpg

北西に目を移せば、これから登る金ヶ岳の後ろに八ヶ岳連峰の南部が雲の下に望まれる。
IMG_5898.jpg

北東方面には、奥秩父の金峰山や瑞牆山方面が見えている。
IMG_5900.jpg

山頂で昼食を食べた後、12:20、さらに先にある「金ヶ岳」を目指す。
鞍部まで100m近く急坂を下り、石門の下をくぐっていく。
IMG_5907.jpg

石門からは金ヶ岳へ向けて180m近くの急坂を登り返す。
やっとの思いでたどり着いたと思ったのは南峰で、さらにその先には本峰が聳えている。
茅ヶ岳から50分以上かかり、13:13、金ヶ岳山頂に着く。
金ヶ岳の方が茅ヶ岳よりも60mほど高い。
IMG_5909.jpg

山頂からは、木が茂っているため富士山や八ヶ岳方面が見えるだけである。
IMG_5916.jpg

写真だけ撮って登ってきた道を早々に下山にかかる。
下山の途中で前方の茅ヶ岳の向こうに富士山が見える。
IMG_5919.jpg

北西には、山頂は雲に隠れているが、八ヶ岳他連峰の編笠山、権現岳、赤岳などが見える。
IMG_5923.jpg

14:12、茅ヶ岳山頂へ戻り、最期の富士山を望んだ後下山にかかる。
IMG_5924.jpg

13:25、山頂から真南に延びている尾根道を下山にかかる。
結構急な尾根を1時間少し下り、15:25、林道に飛び出す。
林道を横切って、登りに歩いた道を20分ほど下り、15:48、車を止めた深田記念公園駐車場へ戻る。

帰りに日帰り温泉に立ち寄り、中部横断道、新東名道を走り、午後9時頃名古屋へ帰る。



茅ヶ岳は、中央道のあたりから仰ぐと八ヶ岳に似ているので「ニセ八ツ」とも言われている。
富士山を始めとして、南アルプスや八ヶ岳など山頂からの展望が抜群の山であった。
澄んだ秋空のもと、たまたま山頂近くに新雪を被った富士山の雄姿を望むことが出来た。
久し振りの山仲間との山行を楽しむことが出来た一日であった。
山遊人



 秋色の四国山地の山々(その2) 

2021年10月15日(金)

四国山地:石鎚山(1982m)

今日は、午前中に成就社から四国山地の最高峰の「石鎚山」へ登る計画である。
isidutidanmap.gif

Isidutisan.png

【コースタイム】

成就社登山口(6:35)~夜明峠(7:55)~一ノ鎖(8:05)~二ノ鎖(8:30)~三ノ鎖(8:50)~弥山(9:05/12)~天狗岳(9:28/35)~弥山((9:45/10:00)~夜明峠(10:31)~八丁のコル(11:19)~成就社登山口(11:43)

【天気】 快晴




午前5時過ぎに起床すると、空には星がたくさん出ており、今日もいい天気になりそうである。
午前6時からの朝食を済ませ、6:35、準備をして旅館を出発する。
登山口である成就社の神門をくくって歩き始める。
IMG_5835_20211017073308c25.jpg

しばらくはブナなどの茂る八丁坂をゆるやかに下っていく。
IMG_5839.jpg

15分ほどで鳥居の間から石鎚山山頂を遥拝しながら鳥居をくぐる。
IMG_5840_202110170732230e0.jpg

八丁のコルの最低鞍部を過ぎると、階段の多い道を登り始める。
「試しの鎖」を過ぎ、7:33、「不動の力水」を売っている小屋横で少し休憩する。
IMG_5842.jpg

さらに登っていくと、左手に今日初めて石鎚山天狗岳方面の岸壁が見え出す。
IMG_5843_202110170732099c2.jpg

ピークを登り切って少し下り、7:55、正面に石鎚山の全貌が見渡せる夜明峠(よあかしとうげ)に着く。
一点の雲もない青空のもと、石鎚山北面の岸壁が立ちはだかっている。
IMG_5844.jpg

峠から緩やかに登ったササ原状になったあたりの紅葉がきれいである。
IMG_5850.jpg

すぐ上に小屋があり、その先で一ノ鎖場(33m)への分岐になる。
IMG_5851.jpg

太く大きな鎖を頼りに登っていく。
IMG_5853.jpg

鎖場を登り切ると上に白い休憩所の建物が見えてくる。
IMG_5854.jpg

しばらくで登り階段を上がってトイレもある休憩所に着く。
休憩所からは瓶ヶ森の山頂方面が見えている。
IMG_5855_20211017073044e8a.jpg

弥山から下ってきた登山者が休んでいる休憩所を過ぎ、その先で二ノ鎖場(65m)が現れる。
二ノ鎖場を登り切るとすぐに、今度は三ノ鎖場(68m)が現れる。
三ノ鎖はいちばん長く、弥山山頂からほぼ垂直の壁に付けられているように見える。
IMG_5863.jpg

最後の力を振り絞って三ノ鎖を登り、9:05、石鎚神社の裏を廻り込んで弥山山頂に着く。
IMG_5866.jpg

多くの登山者が休んでいる弥山山頂からは、まだ少し紅葉の残る天狗岳の鋭鋒が目に飛び込んでくる。
IMG_5864.jpg

荷物を置いて、天狗岳への痩せ尾根を行く。
IMG_5868.jpg

左側がすっぱりと切れ落ちた岩尾根を15分くらい登り、最高峰の天狗岳山頂に建つ。
IMG_5873.jpg

振り返れば神社の建物や弥山山頂にいる登山者がよく見える。
IMG_5871.jpg

弥山山頂の左に続く尾根がきれいである。
IMG_5876.jpg

次々に登山者が登ってくるので早々に弥山山頂まで戻る。
山頂で少し休憩をした後、10:00、一般道を下山にかかる。
10:31、多くの登山者とすれ違いながら夜明峠まで下り、最期の石鎚山の雄姿を振り仰ぐ。
IMG_5881_2021101707262271e.jpg

八丁坂の途中で、鳥居の間から石鎚山を遥拝し、今日の登山の無事を感謝する。
IMG_5883_20211017072611b01.jpg

11:43、神門をくぐり、旅館まで下って、無事山行を終える。
旅館で昼食を食べた後、山上駅まで歩き、ロープウェイに乗って駐車場まで下山する。
駐車場のおじさんの話では、紅葉最盛期であった先週の土日は、非常に多くの登山者があったそうである。
途中の鎖場や天狗岳への登りでは1時間以上も待ち時間が出来るほどの渋滞で、登るのを諦めた人もいたそうである。

帰りは、いよ西条ICから高速道路に乗り、徳島、鳴門、淡路島を通り、明石海峡大橋を渡って神戸市に入る。
神戸市から大阪までは工事通行止め等で渋滞する中を走り、名神、新名神道を走り、午後9時前に名古屋へ帰る。



2日間にわたる今回の四国山行は、絶好の好天に恵まれて、予定通りに剣山、石鎚山の2山を登ることが出来た。
やはりいい天気のもとでの山行は気持ちのいいものである。
平日の早朝登山のため登山者も予想したよりは少なく、四国山地の紅葉を満喫できた山行であった。
山遊人



 秋色の四国山地の山々(その1) 

2021年10月14日(木)~15日(金)

一泊二日の日程で、山友達と四国の百名山2座(剣山・石鎚山)をめぐる山行に出かける。
前線が抜け、2日間ともいい天気になりそうな予報が出ている。



2021年10月14日(木)

四国山地:剣山(1955m)

今日は徳島県の百名山「剣山」に登る計画である。
turugisanmap_20211016094228998.gif

turugisan_202110160942296d5.png

【コースタイム】
見ノ越駐車場(6:40)~西島駅(7:30/33)~刀掛の松(7:45)~頂上ヒュッテ(8:04/09)~剣山(8:15/18)~二度見展望所分岐(8:33)~次郎笈(9:08/18)~二度見展望所分岐(9:52)~西島駅(10:20)~見ノ越駐車場(10:53)

【天気】 曇りのち晴れ




夜中の0時過ぎに名古屋を出発し、新名神、名神道を走り、大阪、神戸を抜けて明石海峡大橋を渡る。
淡路島を縦断し、大鳴門橋を渡って四国に入り、鳴門JCTから徳島道に入る。
徳島を過ぎ、美馬ICを出て、貞光川に沿ったR438を走る。
つるぎ町を過ぎ、狭い山の中をジグザグに上がっていく。
上りついたスキー場のあたりはガスで真っ白である。
午前6時半前、見ノ越の駐車場に着く。
既にかなりの車が駐車している。
IMG_5795.jpg

準備をして、6:40、劒神社前から鳥居をくぐり階段を上っていく。
IMG_5796.jpg

本殿前を右折れし、リフト山頂駅の西島駅への登山口から山道を登り始める。
IMG_5798.jpg

リフトの下をくぐり、山腹を巻きながら高度を上げていき、7:30、西島駅に着く。
あたりはガスが濃く何も見えない。
IMG_5799.jpg

駅舎横を通り、剣山への尾根道を登っていき、7:45、「刀掛の松」に出る。
IMG_5800.jpg

この頃より時々ガスが薄れ始め、時々頭上に山頂近くの笹原が見え始める。
さらに尾根道を20分ほど登り、剣山本宮神社の鳥居をくぐる。
IMG_5803.jpg

すぐに大岩の下にある剣山本宮である大劒神社に着く。
神社の裏手には、御神体の巨大な「御塔石」が鎮座している。
IMG_5806.jpg

ガスが薄くかかる中、神社と頂上ヒュッテの間のクマザサの中の道を上がっていく。
IMG_5807.jpg

木道の敷かれた道を行き、8:15、一等三角点の建つ剣山山頂に着く。
なお、剣山は別名を「太郎笈(たろうぎゅう)」とも呼ばれている。
IMG_5813_2021101609401930a.jpg

ちょうどそのころよりガスが切れ出し、南西方向に端正な形の「次郎笈(じろうぎゅう)」が見え始める。
IMG_5818_20211016094001b6b.jpg

まだ時間も早いので、次郎笈まで足を延ばすことにする。
次郎笈まではササに覆われた緑のたおやかな稜線の道を歩いていく。
IMG_5822_20211016093955415.jpg

一旦次郎笈峠まで下り、再び急坂を登って、9:08、次郎笈山頂に着く。
IMG_5823.jpg

山頂から振り返れば、登ってきた剣山が全容を現している。
IMG_5829.jpg

山頂で休憩をしていると、三々五々と登山者が登ってくる。
休憩後、登ってきた道を下り、途中から剣山西側を巻く道に入る。
大劒神社下から巻き道を行き、巨大な岩の聳える下を通っていく。
IMG_5831_202110160939312f8.jpg

10:20、西島駅下で、行きに通った道と合流する。
合流点から30分ほど下り、10:53、見ノ越駐車場に戻る。
駐車場は、これから登るたくさんの登山者でほぼ満車状態になっている。




車に乗り込み、林道を下り、美馬ICから徳島道に乗る。
西へ走り、途中の吉野川SAで昼食を食べ、川之江JCTから松山道に入る。
いよ西条ICを出て西条市街を抜け、黒瀬ダムを通り、午後3時40分ごろ石鎚ロープウェイ下の駐車場に着く。
荷物を持って、ロープウェイ駅まで歩いていく。
2021-10-14_14-54-30_417.jpg

途中には、石鎚山開山の祖「役行者」の像などが祀られている。
2021-10-14_14-56-33_170.jpg

山麓下谷駅15:00発のロープウェイに乗る。
7分間の空中散歩の後、山頂成就駅に着く。
ロープウェイを下り、今日の宿舎である成就社にある「白石旅館」まで20分ほど歩いて上っていく。
午後3時半過ぎ白石旅館に着きチェックインする。
午後6時の夕食まで時間があるので成就社のあたりを散歩する。
IMG_5834_20211016093849981.jpg

付近を旅館のマスコット猫の「たまちゃん」がウロウロとしている。
IMG_5836.jpg

午後6時に夕食を食べた後、長旅の疲れのため、午後8時前には床に就く。
山遊人


 紅葉真っ盛りの岩手の名山:栗駒山・早池峰山(おまけ) 

2021年10月8日(金)
奥州平泉・宮沢賢治ゆかりの地の観光

最終日は、夕方まで奥州平泉と花巻周辺の観光に充てる予定である。
天気はあまり芳しくなく、午前中は曇りがちで時々雨模様の予報が出ている。
朝食後、午前8時半ごろ宿を出る。
宿のすぐ近くの景勝地「厳美渓」に立ち寄る。
一関市の観光案内では、厳美渓について「栗駒山から一関市内へと流れる磐井川の浸食により、ゆっくりと時間をかけて形成された国の名勝、天然記念物・厳美渓。エメラルドグリーンの水流に奇岩、巨岩、甌穴、深淵、滝など、約2kmにわたり「静」と「動」の渓谷美が続きます。」と記されている。
一枚岩の岩盤の上を歩いて展望台までいく。
IMG_5771.jpg

展望台から眺めると、磐井川の流れにえぐられた深い淵には小滝などもかかり、なかなか見応えのある渓流美である。
IMG_5769.jpg

厳美渓観光後、平泉まで車で20分ぐらい走り、最初に「毛越寺(もうつうじ)」を観光する。
IMG_5772.jpg

毛越寺は、850年慈覚大師によって開山され、平安時代後期に奥州藤原氏、二代基衡と三代秀衡が金堂円隆寺、嘉祥寺など壮大な伽藍(がらん)を造営したとされる。
IMG_5774.jpg

現在は、「大泉が池」を中心とする「浄土庭園」と、平安時代の伽藍遺構がほぼ完全な状態で保存されており、国の特別史跡に指定されている。
IMG_5777.jpg

池の周りをゆっくりと廻って鑑賞した後、午前10時ごろ車で5分ほど先の「中尊寺」に行く。
IMG_5780.jpg

両側に杉の大木が立ち並ぶ急坂の「月見坂」を上り、途中弁慶堂や本堂に立ち寄る。
その先では左側の階段の奥に有名な「金色堂」が建っている。
IMG_5781.jpg

覆堂(鞘堂)に覆われた金色に輝く国宝の金色堂内には、本尊の阿弥陀如来像を中心として沢山の脇侍が祀られている。
須弥壇の中央に奥州藤原氏の初代清衡、左に二代基衡、右に三代秀衡の遺体と四代泰衡の首級が安置されている。

(中尊寺HPより)

金色堂の横には、俳人松尾芭蕉が「奥の細道」の旅で読んだ有名な「五月雨の降り残してや光堂」の句碑が建っている。
中尊寺を観光した後、駐車場横にある店で名物の「ずんだもち」を買う。
搗きたての柔らかい餅にまぶした大粒に潰した大豆の甘さがからみ絶妙の味である。
車に乗り込み、5分ほど先の源義経最後の地「高館」にある「義経堂」に立ち寄る。
IMG_5782.jpg

北上川に面した丘陵にある高館は、判官館(ほうがんだて)とも呼ばれ、兄頼朝に追われた義経が、三代秀衡の庇護で居館を与えられたところである。
しかし、頼朝の強い要請を断り切れなかった四代泰衡により攻められ、最期を遂げた地である。
IMG_5785.jpg

高館のすぐ下を流れる東北の大河「北上川」や対岸に聳える束稲山(たばしねやま)を仰ぎながら往時を偲ぶ。
IMG_5787.jpg

義経堂と反対側に歩いていくと、奥の細道の名作「夏草や兵共が夢の跡」の句碑が建っている。
IMG_5784.jpg

高館を後にして東北道で花巻まで戻り、午後2時前、郊外の高台にある「宮沢賢治記念館」を見学する。
IMG_5788.jpg

宮沢賢治の科学、芸術、宇宙、宗教、農業観に分かれた展示を鑑賞しながら館内をゆっくりと見学する。
見学後、外にある賢治の童話「注文の多い料理店」にちなんで名づけられた「山猫軒」のレストランで遅い昼食を摂る。
IMG_5789.jpg

昼食後、横にある花巻市街や昨日登った早池峰山が見える展望台に行く。
IMG_5790.jpg

天気がよければ遠くには岩手県の名山「岩手山」も見えるそうである。
IMG_5791.jpg

記念館を後に、花巻空港への帰途、農学校を退職した賢治が農民たちを集めて農業技術や農業芸術論などを講義するために設立した「羅須地人協会」へ立ち寄る。
現在は県立花巻農業高等学校地内に移築復元されている。
残念ながら、コロナ禍のため、現在は閉館されており、フェンスの外から見学するだけである。
IMG_5793.jpg

IMG_5792.jpg

今日の観光をすべて終了し、午後3時半過ぎ、花巻空港へ戻る。
FDA17:30発の飛行機に乗り、午後6時半過ぎ名古屋空港へ無事到着し解散する。



今回は、出かける前から天気を心配しながらの山行であった。
しかし、幸いなことに栗駒山、早池峰山とも大した雨にも降られず、時々薄日も差す天候に恵まれ、予定通りの山行が出来た。
東北の山の紅葉ともに、下山してからのいで湯も楽しめた山行であった。
また、最終日に歩いた奥州藤原氏ゆかりの平泉と花巻の宮沢賢治ゆかりの地も久し振りに訪れ、懐かしい思いで巡ることが出来き、楽しい旅であった。
山遊人


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!



presented by 地球の名言
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -