FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

このページ内の記事タイトルリスト

2020年11月3日(火)

関:「観音山(224m)・筆捨山(285m)・羽黒山(290.4m)・関富士(242.4m)」

所属支部の山行で、三重県関市にある関四山へ山行する。
sekisanzanmap.gif

sekisanzan.png

【天気】 晴れ


【コースタイム】
関ロッジ駐車場(8:08)~観音山(8:31)~展望台(8:58/9:08)~羽黒山分岐(9:38)~筆捨山(10:07)~羽黒山分岐(10:36)~羽黒山(11:26/11:57)~羽黒山登山口(12:25)~関富士登山口(12:48)~関富士(13:03/13:07)~関ロッジ駐車場(13:30)



明け方まで雨が降っていたが、朝には上がりいい天気になりそうである。
参加者5名を得て朝7時前に集合し、東名阪道を走り亀山ICを出る。
R1を関まで走り、右折れして関ロッジ前の駐車場へ8時前に着く。
支度をして、8:08、最初の山「観音山」へ向けて出発する。
IMG_4733.jpg

IMG_4734.jpg

道の両側には所々に石仏が祀られている道を登っていく。
IMG_4735.jpg

20分ほど登り展望のない観音山山頂に着く。
IMG_4737.jpg

観音山から反対側の林道に下り、東海自然歩道になっている登山口から「筆捨山」へ向けて登り始める。
IMG_4738_20201104082333544.jpg

やや急な尾根道を15分ほど登り展望台に出る。
IMG_4742.jpg

展望台からはすぐ横にある関富士や西には錫杖ヶ岳が望まれる。
IMG_4741_20201104082259c2d.jpg

IMG_4740.jpg

展望台から2,3の小ピークを越えて、9:38、羽黒山との分岐点に着く。
IMG_4743.jpg

分岐から一旦少し下り、最後の急坂を登り返して、10:07、筆捨山山頂に出る。
IMG_4745.jpg

この筆捨山(筆捨峰)は、安藤廣重の浮世絵「東海道五十三次」の内「坂之下」図で有名である。
hiroshige061_main_20201105064226e5c.jpg 



山頂は展望もなく風が出て寒いのですぐに下り羽黒山を目指す。
分岐まで戻り、左折れして羽黒山への尾根道を行く。
この尾根道は所々に大きな岩が露出しており、それを巻きながら登っていく。
IMG_4746.jpg

馬の背のようになった岩の露出する所で道がなくなり、少し引き返して正規の道に戻る。
IMG_4747_20201104082207d8c.jpg

馬の背の岩を下から巻き、大きな岩が重なる所に出る。
ザックがつかえるほど細い岩の間の隙間を潜り抜ける。
IMG_4748.jpg

分岐から50分ほどかかり、視界が開けてくると、11:26、四等三角点の「羽黒山」山頂に着く。
IMG_4749.jpg

山頂からは鈴鹿南部の山々が見える。
IMG_4753.jpg

すぐ北には明星ヶ岳が近い。
IMG_4755_20201104082128440.jpg

南には錫杖ヶ岳が立派である。
IMG_4754.jpg

他に誰もいない狭い山頂で昼食を食べて休憩する。
30分ほど休憩し、11:57、下山にかかる。
尾根道を10分ほど下ると、右手に少し入った所に展望岩がある。
大きな岩の上からはこれから登る関富士が目の前に見える。
IMG_4757.jpg

尾根道から谷に少し下り、12:25、羽黒山登山口に下り林道に出る。
IMG_4761.jpg

近くにある案内板には羽黒山の名前の由来が書いてある。
IMG_4762.jpg

橋を渡り車道を少し登り返して、左手の小さな案内標識の所から関富士へ登る。
IMG_4763.jpg

急な道を15分ほど登り、13:03、眺望のない「関富士」山頂に立つ。
IMG_4765.jpg

山頂から南の住宅街へ急なシダの中の道を下っていく。
IMG_4766_20201104081957d86.jpg

10分ほどで住宅街へ出て、関ロッジ裏の池に架かる吊り橋を渡る。
IMG_4767_202011040819586a4.jpg

13:30、関ロッジ前の駐車場に下山する。

亀山ICから東名阪道に乗り、午後3時前に名古屋へ帰ってくる。



登山日和に恵まれた秋の一日、関の里山四山を結んだのんびりとした山行であった。
羽黒山への尾根道は、所々で大きな岩が露出しており変化に富んだ道で面白かった。
休日だというのに途中一人の登山者と出会っただけで静かな山行が出来た。
山遊人


    posted at 23:36 | 山行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ全記事表示
リンク
RSSリンクの表示