FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

このページ内の記事タイトルリスト

2020年3月23日(月)

二上火山群:二上山【雄岳(517m)・雌岳(474m)】

大阪と奈良を結ぶ日本最古の官道といわれる「竹内街道」を歩いて、多くの史跡の残る山、二上山(にじょうざん・ふたかみやま)に登る。
nijouzanmap2.gif

nijouzan.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202003230000.png

【コースタイム】
上ノ太子駅(9:35)~近つ飛鳥の里太子道の駅(10:33/10:43)~鹿谷寺跡(11:10)~馬の背(11:38)~二上山雄岳(11:55)~雌岳(12:13/12:35)~岩屋峠(12:50)~竹内峠(13:14/13:23)~綿弓塚(14:00)~當麻寺(14:28/14:58)~当麻駅(15:14)



すっかり春めいた暖かなハイキング日和の一日になりそうである。
同行者3名と朝7時前に近鉄名古屋駅に集合する。
7:00発,この春に投入された新型名阪特急「ひのとり」に乗車する。
深いメタリックレッド色をした車体で、気持ちのいいシートに座って大和八木駅まで乗る。
さらに乗り換えて橿原神宮を通り、9:24、上ノ太子駅で下車する。
ここで待ち合わせしていた大阪からの仲間一人と合流する。
IMG_4219_202003240827283b4.jpg


暖かな陽気の中、駅前から竹内街道歩きを始める。
IMG_4220_202003240827305ff.jpg

R166に沿って歩いていく。
IMG_4221.jpg

国道をはなれ、竹内街道の石碑や案内が建つ雰囲気のある街の中を歩いていく。
IMG_4224.jpg

IMG_4225.jpg


IMG_4230.jpg

飛鳥川を渡り、茅葺の旧家の残る街中の道を歩いていく。
IMG_4232_20200324082657310.jpg

国道横にある「近つ飛鳥の里太子道の駅」を通り、国道を少し歩き,午前11前,二上山登山口に着く。
IMG_4236.jpg

ここから階段の続く登山道を登っていく。
IMG_4239_202003240826408c5.jpg

しばらく登り鹿谷寺跡に出る。
IMG_4240_202003240826268be.jpg

ここには線彫りの摩崖仏がある。
IMG_4241.jpg

岩稜帯の急坂を登っていく。
IMG_4243.jpg

11:38、トイレのある馬の背に着く。
IMG_4246_20200324082613833.jpg

右手に帰りに登る雌岳への道を分け、階段状の道をジグザグに登っていく。
雄岳の山頂から少し行ったところに悲劇の皇子「大津皇子」の墓陵がある。
IMG_4247_202003240826103b3.jpg

万葉集にある姉の大来皇女(おおくのひめみこ)が詠んだ歌が有名である。
大津皇子がひそかに伊勢神宮に下向してきた時に詠んだ歌
 「わが背子を大和に遣るとさ夜深けて 暁(あかとき)露にわが立ち濡れし」
大津皇子を二上山に移葬したときに詠んだ歌
 「うつそみの人にあるわれや明日よりは 二上山を弟背(いろせ)とわが見む」

二上山雄岳山頂まで戻る。
IMG_4249_20200324082550dd5.jpg

雄岳から馬の背まで引き返し、雌岳へ登る。
IMG_4252_2020032408253515d.jpg

雌岳の山頂には大きな日時計が作られており、そこからの神戸、大阪方面の眺望がすばらしい。
IMG_4255_202003240825349dd.jpg

たくさんの人が憩っている雌岳山頂のベンチで昼食を食べて休憩する。
休憩後、12:35、岩屋峠へと下山にかかる。
途中には山桜がすでに咲き始めている。
IMG_4256_202003240825200dc.jpg

南方に、ダイヤモンドトレイルの雄、葛城山や金剛山を望みながら下っていく。
IMG_4258.jpg

急な道を竹内峠へと下り、鶯の関址に出る。
IMG_4261.jpg

R166に沿った道を歩き、途中からは雰囲気のある旧家が続く竹内の集落の中の道を行く。
IMG_4263.jpg

途中で、芭蕉の句碑のある「綿弓塚」に立ち寄る。
 「綿弓やびわになぐさむ竹のおく」
IMG_4264.jpg

綿弓塚を過ぎ、左手に登ってきた二上山を見ながら曼荼羅や中将姫伝説で有名なボタンの寺「當麻寺」を目指す。
IMG_4265_20200324082451e8f.jpg

午後2時半ごろ、立派な當麻寺の山門をくぐる。
IMG_4266_202003240824338c8.jpg

境内には端正な三重塔(東塔・西塔)も建っている。
IMG_4267_20200324082432a6e.jpg

本堂に参拝した後、當麻寺を後に当麻駅まで歩いていく。
駅までの途中には、葛城市相撲館「けはや座」がある。
相撲の起源としては、古事記や日本書紀の中に武内宿禰(すくね)・蹶速(けはや)の天覧勝負の伝説がある。
IMG_4270.jpg 

当麻駅前のヨモギ餅を餡で包んだ中将餅を土産に買う。
午後4時過ぎの近鉄に乗り、大和八木駅で特急に乗り換え、午後6時半過ぎ名古屋へ帰る。



今日は史跡探訪を兼ねて歴史街道の「竹内街道」を歩いた。
竹内街道はシルクロードの東の端ともいわれ、街道沿いには飛鳥から奈良時代にかけての遺跡も多く残る古道であった。
以前から一度歩いてみたいと思っていたが、今回誘われてやっと念願がかなった。
また、竹内街道の途中にある二上山も、山頂からの素晴らしい展望や大津皇子の墓所など史跡の多く残る山であった。
ほかにも奈良地方には史跡が多く、これからはそれらの史跡を訪ねながらのハイキングもしてみたいものである。
山遊人


    posted at 09:20 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2020年3月21日(土)

鈴鹿山系:鈴北岳(1182m)・鈴ヶ岳(1130m)

早春の花フクジュソウを見たくて、鈴鹿の鈴北岳・鈴ヶ岳へ山行する。
suzugatakemap.gif

suzugatake.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202003210000.png

【コースタイム】
鞍掛橋駐車地点(7:20)~鈴北岳登山口(7:32)~第2鉄塔(8:00)~鞍掛尾根出合(8:40)~鈴北岳(9:13)~元池(9:27/9:30)~西のボタンブチ(9:59/10:04)~鈴北岳(10:15)~ヒルコバ(10:37)~鈴ヶ岳(10:55/11:25)~桜峠(11:47)~茶野(12:05/12:15)~桜峠(12:28)~鉄塔(13:25)~鞍掛峠駐車地点(13:45)



新型コロナウィルスの感染拡大が続いている。
家でじっとしているとストレスがたまるので、晴天を見計らって山行する。
この時期は鈴鹿の各地でフクジュソウなどいろいろな春の花が咲きだす。
以前から行ってみたいと思っていた鈴ヶ岳のフクジュソウを見に行くことにする。
朝5時半ごろに出発し、名神道を走って彦根ICを出る。
多賀大社前から右折れしてR306を走り、午前8時過ぎ通行止め手前の鞍掛橋に着く。
橋手前の林道御池谷線入口の車止め手前の空き地にはすでに2台の車が駐まっている。
近くの国道沿いの空き地に駐車する。
準備をして、8:20、林道の車止めを抜けて歩き始める。
IMG_4165.jpg

すぐに右手に折れ御池谷に架かる橋を渡っていく。
IMG_4167.jpg

10分ほどで右手に「急登」と書かれた鈴北岳への登山口が現れる。
IMG_4168.jpg

急なジグザグの道を登っていく。
尾根上に出て30分ほど登り、送電線線鉄塔に出る。
2つ目の鉄塔上で休憩する。
IMG_4170.jpg

強い風が吹きつける中,尾根道を登り、8:40、鞍掛峠から登ってくる尾根と合流する。
IMG_4171.jpg

少し登ると明るく広い尾根道になり、行く手には鈴北岳が見えてくる。
IMG_4172.jpg

気持ちのいい尾根道を登り、少し雪の残る鈴北岳への最後の急坂を登る。
IMG_4174.jpg

9:13、鈴北岳山頂に着く。
IMG_4176.jpg

登ってきた鞍掛峠からの道を振り返る。
IMG_4178.jpg

R302がまだ通行止なので、登山者はそんなに多くない。
時間も早いので元池から西のボタンブチへ立ち寄ってみる。
石灰岩特有のカレントフェルトの斜面を少し下る。
IMG_4179.jpg

御池岳への道を右に折れて元池方面へ行く。
IMG_4180_202003220732446b5.jpg

5分ほど歩くと小さな元池が現れる。
IMG_4182_20200322073245cdd.jpg

池から西のボタンブチを目指す。
どこでも歩けるので、さまよいながら適当に歩いて、9:59、西のボタンブチに着く。
IMG_4186_20200322073226b93.jpg

南西方面が切れ落ちており、遠く御在所岳や雨乞岳が見え,天狗堂が近い。
IMG_4185_202003220732272b0.jpg

鈴北岳まで戻り、ひらりに折れて鈴ヶ岳方面を目指す。
鈴ヶ岳を少し下った斜面に待望のフクジュソウの群落が現れる。
北側斜面のためか,まだやや早かったが、多くのフクジュソウが咲き始めている。
IMG_4191_20200322073206187.jpg

IMG_4192.jpg

IMG_4194.jpg

そこで出会った方の話では、この先の鈴ヶ岳にはもっとたくさん咲いているということである。
ヒルコバという鈴ヶ岳との暗部まで下る。
IMG_4196_20200322073150d5f.jpg

ヒルコバから鈴ヶ岳まで急斜面を90mほど登っていく。
登っていく途中の斜面に待望のフクジュソウの群落が現れる。
ここは南側斜面のためか、ほぼ満開状態である。
足の踏み場もないほどのフクジュソウが咲いており、夢中でカメラに収める。
IMG_4198.jpg

ほぼ全開状況のフクジュソウが明るい太陽の光に輝き素晴らしい。
IMG_4201.jpg

IMG_4199_20200322073130cdc.jpg

IMG_4197_20200322073133827.jpg

山頂近くまで続くフクジュソウの花を楽しみながら、10:55、鈴ヶ岳山頂に着く。
IMG_4204.jpg

北方方面が開けており、伊吹山の向こうに雪の残る能郷白山(?)が見える。
IMG_4205.jpg

風もない暖かな山頂で昼食を食べて休憩する。
昼食後、11:25、さらに先の茶野まで足を延ばし、緩やかな尾根道を下る。
11:47、送電線鉄塔の建つ桜峠まで下り、そこから茶野まですこし登り返す。
IMG_4216.jpg

12:05、石灰岩の点在する展望の開けた茶野山頂に着く。
IMG_4213_20200322073051657.jpg

釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳方面が霞んで見える。
IMG_4214_202003220730528e2.jpg 

西には,眼下に琵琶湖方面が霞んでいる。
IMG_4215_20200322073053fc4.jpg

山頂で休憩した後、桜峠まで戻る。
峠から100mほど急斜面を下り、右に折れて山腹の道をトラバースする。
ほとんど踏み後のない獣道のような所を注意してトラバースしていく。
(全く道はなく滑りやすいのでおすすめはできません。自己責任で!)
峠から1時間ほどでやっと送電線鉄塔の建つ尾根に出る。
ここからは巡視路用の道か、はっきりとしており、尾根道を20分ほど下り、13:45、車を駐めた地点に降り立つ。

日帰り温泉には立ち寄らず、名神道を走って、午後3時半過ぎ名古屋へ帰る。



鞍掛峠を通るR306が開通する前の登山者の少ないうちに、鈴ヶ岳のフクジュソウを見ようと計画した山行であった。
鞍掛橋から登る登山者は5,6組いたが、ほとんどが御池岳を目指す登山者であった。
鈴北岳から鈴ヶ岳への尾根道では、フクジュソウ目当ての登山者がと結構出会った。
桜峠からの下りはほとんど踏み後がなく、尾根に出るまでは結構緊張しながら下った。
すっかり春めいた暖かな一日、春の山を楽しめた山行であった。
山遊人


    posted at 09:47 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2020年3月13日(金)

鈴鹿山系:藤原岳(1140m)

山仲間4人と一緒に、鈴鹿山系の藤原岳へ山行する。
fujiwaramap_202003131937451a1.gif

fujiwara_20200313193740c92.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_202003130000.png

【コースタイム】
茶屋川林道終点(8:31)~茨川(8:40)~蛇谷出合(9:23/9:35)~P893(10:14/10:21)~藤原岳(11:10/11:30)~迷い尾根分岐(12:35/12:40)~茨川(13:15)~茶屋川林道終点(13:20)



雨が降る前の暖かないい天気になりそうである。
10日ほど前に下見をしてきた茶屋川を遡って西尾根からの藤原岳へ登る計画である。
朝7時前に集合し、東海環状道の大安ICを出てR421を走る。
石榑トンネルを抜けてすぐに右に折れし、茶屋川に沿って林道を遡る。
40分ほど走り、林道終点に駐車する。
先客の釣り師の車が1台駐まっている。
8:31、準備をして茨川集落跡から茶屋川に下りる。
IMG_4139_2020031319372566c.jpg

茶屋川の水量はかなり多く、渡れる個所を探しながら歩いていく。
IMG_4141.jpg

途中で先客の登山者がアマゴを釣りあげているのに出会う。
時には登山靴の上までの深さの水の中を何度も渡り返しながら行く。
IMG_4142_2020031319370784b.jpg

茨川から50分ほど遡り、蛇谷との出会いで藤原岳西尾根への取り付きに出る。
以前は道標などなかったが、「鈴鹿10座」に指定されてから立派な案内板が建っている。
IMG_4145.jpg

300mほど急坂を登り、10:14、西尾根突端のP893に着き休憩する。
IMG_4146_20200313193647b2a.jpg

そこからしばらくは気持ちのいい明るい尾根道を歩いていく。
IMG_4147.jpg

途中で樹林が切れると前方に藤原岳(展望台)が姿を現す。
IMG_4148_2020031319365005d.jpg

少し急坂を登り、石灰岩の中の道を過ぎると、11:10、藤原岳山頂(展望台)に着く。
IMG_4149.jpg

山頂には大貝戸(表道)の方から登ってきた登山者がたくさん憩っている。
やや霞んではいるが、御嶽山や乗鞍岳が遠くに浮いて見える。
IMG_4150.jpg

IMG_4151_202003131936273ac.jpg

暖かな山頂で昼食を食べて休憩する。
昼食後、11:30、県境稜線の道を治田峠方面に向けて下山にかかる。
急坂の下り口からは、石灰岩を掘削している斜面や孫田尾根が見下ろせる。
IMG_4155.jpg

先回は見逃してしまったが、急坂の南側斜面にはフクジュソウの花が点々と咲いてる。
今年になって初めて見る春の花である。
IMG_4161_20200313193608880.jpg

IMG_4160_20200313193603c77.jpg

IMG_4159_20200313193601ec1.jpg

小さなセツブンンソウの花も少し咲いている。
IMG_4157.jpg

急坂を下り、多志田山との分岐点で巻き道を行き、再び稜線の道に戻って、12:35、治田峠と迷い尾根との分岐点に出る。
分岐を右折れし、迷い尾根の道を下る。
13:15、名大ワンゲル部の小屋の前で茨川の登山口に降り立つ。
IMG_4163.jpg

丸太がかけられている茶屋川を渡り、13:20、駐車地点に戻る。
IMG_4164_2020031319354019e.jpg

コロナウィルスの感染などが心配されるので、日帰り温泉には立ち寄らず、午後3時ごろ名古屋へ帰ってくる。



コロナ騒動で登山者は少ないかと思っていたが、山頂にはたくさんの登山者が登ってきていた。
街の中でじっとしているよりも、自然の中で活動して気分転換を図った方が健康にはいいと考える人が多いのかもしれない。
この日本中の閉塞状況が一日でも早く終息に向かっていってほしいものである。
山遊人


    posted at 23:48 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2020年3月6日(金)

奥越:銀杏峯(げなんぽ)(1440.6m)

山仲間3人と一緒に、福井県大野市にある「銀杏峯」へ山行する。
genanpomap_202003070730442cc.gif

genanpo_202003070730406f9.png

【天気】 曇り後晴れ
SPAS_COLOR_202003052100.png

【コースタイム】
名松新道登山口(9:38)~水場(9:50)~見返りの松(10:02)~仁王の松(10:30)~前山(11:30/11:37)~銀杏峯(13:17/13:33)~前山(14:30/4:37)~仁王の松(15:05)~水場(15:23)~名松新道登山口(15:30)



低気圧が通過し、前日北陸地方には降雪がある。
今日は高気圧が張り出して晴天が期待される。
朝7時に集合し、東海北陸道を走り、白鳥ICを出る。
R158を走り、大野市内で左折れして宝慶寺いこいの森を目指す。
車から振り仰ぐ銀杏峯方面は、山頂近くに雲がかかっている。
当初の計画では宝慶寺いこいの森の登山口から登る予定でいた。
しかし、いこいの森まで行くとさらに奥まで走れそうなので、まだ誰も走っていない10cmぐらい雪の積もる林道を登る。
いこいの森から10分ほど走り、午前9時半前、「名松新道口」の標識のある林道分岐に駐車する。IMG_4095.jpg

準備をして、ワカン、アイゼンを持ち、9:38、銀杏峯に向けて歩き始める。
IMG_4097_202003070730248a1.jpg

10分ほど林道を歩いていくと、いこいの森から登ってきた登山道と合流する。
そこで石川県から来たという若者3人のパーティーと出合う。
林道から急坂を登り登山道に出てすぐに水場を通過する。
先行者のトレースが付いているのでツボ足のまま尾根道を登っていく。
羽衣の松、見返りの松、仁王の松と名松新道の由来となった立派な松を通過しながら高度を上げていく。
IMG_4099.jpg

ブナの木が多くなると徐々に積雪が増えていく。
IMG_4101.jpg

雪が膝上まであるような急坂を登り、11:30、前山に着く。
IMG_4104_202003070905050e5.jpg

眼下に大野の街が広がり、その向こうには経ヶ岳など大野盆地を取り巻く山々が見える。
IMG_4107.jpg

新雪の下が凍っているので、ここでアイゼンを装着する。
少し下り、だんだんと霧氷が発達しだす樹林帯を登っていく。
IMG_4109.jpg

霧氷の間からは白山方面の山々が見える。
IMG_4110.jpg

益々急になる尾根道を雪をかき分けながら登っていく。
IMG_4117_20200307072936847.jpg

やっと樹林帯を抜けると、眼前に丸い銀杏峯山頂が見えてくる。
強い風に雪が吹き飛ばされ、ややクラストした道を登り、13:17、銀杏峯山頂に着く。
IMG_4121_202003070729384de.jpg

山頂には3組ほどのパーティーがいる。
山頂で記念写真を撮ってもらう。
IMG_4119.jpg

囲いのしてある山頂の祠も雪に覆われている。
IMG_4125_202003070729351d6.jpg 

山頂の風を避けられる所で昼食を食べて休憩する。
IMG_4124_20200307092252961.jpg

残念ながらガスが出て、周囲の展望はきかない。
部子山方面もガスに霞んでいる。
IMG_4123.jpg

予定では少し先の極楽平から小葉谷へ下るつもりでいた。
しかし、時間も遅くなったので、13:33、登ってきた道を下り始める。
IMG_4127_20200307072922643.jpg

霧氷の森の中を快適に下っていく。
IMG_4128.jpg 

下るにつれ徐々に天気も回復し始める。
14:30、前山山頂に着く。
IMG_4137.jpg

この頃より青空も見え始め、白山も姿を現す。
IMG_4132_202003070729249f7.jpg

IMG_4133.jpg

右手には「大野富士」と呼ばれる荒島岳が大きい。
IMG_4138.jpg

IMG_4134.jpg

前山から下り、仁王の松を過ぎるころから、解けた雪がアイゼンの裏に着き歩きにくい。
前山から40分ほどかかり、水場まで下りてくる。
林道を歩き、15:30、車を止めた名松新道登山口まで無事下山する。

帰りに、R158沿いにある「平成温泉」で冷えた身体を温める。
白鳥ICから東海北陸道に乗り、午後7時半過ぎ名古屋へ帰り着く。



今日は絶好の天気に恵まれて、今年いちばんと言ってもいいくらいの雪山山行を楽しめた。
先行者のトレースがありワカンを使うことはなかった。
山頂近くの樹林帯では1m近い雪が積もっており、素晴らしい霧氷や樹氷も見ることが出来た。
今年の冬はどこの山々も雪が少なかったが、春が近づく中、最後の雪山を楽しむことが出来た山行であった。
山遊人


    posted at 10:40 | 山行 | TB(0) | CM(0)
2020年3月1日(日)

鈴鹿山系:藤原岳(1140m)

下見を兼ねて、滋賀県側の茶屋川を遡り、鈴鹿の藤原岳へ山行する。
fujiwaramap_2020030206040746a.gif

fujiwaradake.png

【天気】
 晴れ
SPAS_COLOR_202003010000.png

【コースタイム】
茶屋川林道最奥(7:50)~茨川(7:55)~蛇谷出合(8:45)~西尾根P893(9:30/9:35)~藤原岳(10:25/11:00)~迷い尾根分岐(11:50/11:55)~茨川(12:30)~茶屋川林道最奥(12:37)



新型コロナウィルスが日本中に蔓延し、小中高などの学校も、明日から春休みまで臨時休業を迫られている。
低気圧が夜のうちに去り、いい天気になりそうである。
朝6時前に出発し、東海環状道の大安ICを出て、R421を西進する。
石榑トンネルを出たところで右に折れ、茶屋川に沿った林道を走る。
今朝方雨が上がったばかりで、林道には水たまりがたくさん出来ており走りにくい。
水たまりを避けながら走るので50分近くもかかり、午前7時40分ごろ茶屋川林道最奥の茨川手前の路肩に駐車する。
すでに他の車が1台駐まっている。
7:50、準備をして藤原岳に向けて歩き始める。
IMG_4068.jpg

茶屋川の河原に下り、流れを対岸へ渡る。
現在は廃村となった茨川集落跡には今でも名大ワンダーフォーゲル部の山小屋などが建っている。
IMG_4094_2020030206034673c.jpg

すぐ奥には天照神社もまだ残されている。
IMG_4070.jpg

10回以上も右岸左岸と渡り返しながら茶屋川を遡っていく。
雨上がりで普段より水量が多く、渡れるところを探すのに苦労する。
IMG_4071.jpg

1時間程度遡り、蛇谷との出会いで藤原岳西尾根末端に取りつく。
以前は赤テープ程度しかなかったが、東近江市の「鈴鹿10座」が指定されたためだろうか、今は立派な標識が建っている。
IMG_4072.jpg

西尾根に取りついて急登を30分ほど登っていくと、樹林の向こうに藤原岳方面が見えてくる。
IMG_4075_20200302060327be9.jpg

9:30、西尾根上のP893に出て休憩する。
南の竜ヶ岳方面が開けている。
IMG_4078.jpg

残雪が少し残る西尾根を登っていく。
IMG_4079.jpg

急登を過ぎ、石灰岩の広がる道を登り、9:25、藤原岳展望台に着く。
今年はほとんど雪は残っていない。
IMG_4084_20200302060302ed7.jpg

山頂からは御池岳方面や竜ヶ岳方面が良く見える。
IMG_4087.jpg

大貝戸方面からの登山者がたくさん登ってくる。
IMG_4085_202003020603032e9.jpg

下に見える避難小屋の向こうには乗鞍岳などの雪山が浮かんでいる。
IMG_4089_20200302060306068.jpg

山頂を少し下った所で早めの昼食を食べて休憩する。
風もなく暖かな山頂で、周囲の風景を見ながらのんびりとする。
11:00、県境稜線の道を治田峠に向けて下り始める。
下の方からは孫太尾根から来た登山者が続々と登ってくる。
急な尾根道を下り、多志田山への分岐から右の巻き道を行く。
(途中の樹林の中にフクジュソウが咲き始めていたらしいが見逃してしまう)
2,3の小ピークを越えて50分ほど下り、11:50、迷い尾根との分岐に出る。
IMG_4092_20200302060300b82.jpg

治田峠への県境稜線の道を左に分け、迷い尾根を下る。
2,3ヶ所急坂があるが、整備された歩きやすい道を下り、12:30、茨川に下り立つ。
IMG_4093_202003020602459c6.jpg

茶屋川を渡り、12:37、車を駐めた林道終点まで戻る。

今日は日帰り温泉には入らず、東名阪道を走り、午後午後3時前、名古屋へ帰る。



新型コロナウィルスの感染拡大で登山者は少ないのかと思っていたが、藤原岳山頂には大勢の登山者が登ってきていた。
茶屋川から西尾根を経てのコース中では、一人の登山者と会うこともなく、早春の静かな鈴鹿を歩くことができた。
山遊人


    posted at 21:03 | 山行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

山遊人

Author:山遊人
Myブログへようこそ!
我が家の番犬だったウィルくんです。安全で楽しい登山を願っています!

FC2カウンター

電光掲示板

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ全記事表示
リンク
RSSリンクの表示