FC2ブログ
2019 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 01
納めの山行:カクレグラ・タイジョウ
2019/12/30(Mon)
12月29日(日)

鈴鹿山系:カクレグラ(990.3m)・タイジョウ(1061m)

今年の納めの山行で、山仲間と一緒に、滋賀県側鈴鹿の「カクレグラ」と「タイジョウ」へ山行する。
taijomap.gif

taijo.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201912290000.png

【コースタイム】
岩ヶ谷林道駐車場(7:35)~登山口(7:49)~カクレグラ(9:37/9:49)~P962(10:24)~タイジョウ(11:50/12:25)~イブネ分岐(13:17)~杉峠の頭(13:26)~杉峠(13:45)~蓮如上人旧跡(14:37)~桜地蔵(15:05)~杉谷善住坊かくれ岩(15:30)~岩ヶ谷林道駐車場(15:50)



高気圧が移動性となってすっぽりと日本列島を覆い、いい天気になりそうである。
カクレグラとタイジョウは、滋賀県側鈴鹿の最奥にある山である。
地形図にも名前が載っていないのでなかなか登ることができないでいた。
朝6時前に出発し、R421の石榑トンネルを抜け、永源寺ダムを通る。
ダムを過ぎ、標識に従い甲津畑への道を左折れする。
甲津畑の集落を過ぎ、岩ヶ谷林道を走る。
7時半前、7,8台は駐められそうな林道終点の駐車場に着く。
1台先客の車が駐まっている。
先日の寒波で積雪も予想されるのでアイゼンを持参する。
準備をして、7:35、橋を渡り登山口まで林道を歩く。
IMG_3719.jpg

15分ほど渋川に沿った林道を歩き、カクレグラへの登山口である左手の階段を上る。
IMG_3721.jpg

いきなりの急登で、滑りやすい急斜面を登る。
IMG_3722_20191230101106e8e.jpg

すぐに尾根上に上がるも、山頂までずっと休む所もないような急登が続く。
800mぐらいから上は薄っすらと雪が残っている。
山頂近くでは馬酔木などの灌木をかき分けながら進む。
歩き始めてから2時間ほどかかり、9:37、二等三角点の設置されているカクレグラ山頂に着く。
IMG_3726.jpg

山頂からはあまり展望が開けていないが、雨乞岳方面が見える。
IMG_3727.jpg

休憩した後少し戻り、南東へ延びるタイジョウへ続く尾根を行く。
薄く雪の残る気持ちのいい尾根道を歩いていく。
IMG_3739.jpg

途中小さな登り下りが続き、左側が切れ落ちた痩せ尾根もあり注意して進む。
タイジョウ山頂直下では、大岩が積み重なった箇所が現れる。
IMG_3735_20191230101048aa6.jpg

岩の上に雪が積もって滑りやすいので、ここでアイゼンを装着する。
雪で隠れて分かりにくい道を、方向を確かめながら登っていく。
山頂直下の急坂を登り切り、11:50、タイジョウ山頂に着く。
IMG_3736.jpg

山頂からは遠く御嶽山や乗鞍岳、北アルプスまでも青空に浮かんで見える。
IMG_3740_20191230101053266.jpg

風もまったくない暖かな山頂で、昼食を食べてゆっくりする。
休憩後、12:25、杉峠へ向けて歩き始める。
P1084を超えてしばらく行くと、やっと道は緩やかになり、イブネからの道と合流する。
IMG_3742.jpg

ここで今日初めての登山者と出合う。
クラシからイブネを経て来たそうである。
右に折れて、トレースの付いた歩きやすい道を行く。
すぐに今日の最高点「杉峠の頭」に着く。
少し下がった展望のいい所で休憩する。
目の前にはドームのある御在所岳山頂が見える。
IMG_3747.jpg

西には綿向山山頂の大きなケルンも確認できる。
IMG_3745.jpg

西には、遠く琵琶湖がかすみ、比良の山は少し雪を被っている。
IMG_3744.jpg

杉峠まで下ると、北西方面に名古屋のビル群や遠く南アルプスの連なりも見える。
IMG_3750.jpg

杉峠から右に折れ、フジキリ谷沿いに旧千種街道を下る。
途中には蓮如上人が隠れていた庵跡や桜地蔵、杉谷善住坊のかくれ岩などの旧跡が残っている。
IMG_3756.jpg
(蓮如上人が比叡山から迫害をうけた時に隠れていたという庵跡)

IMG_3757.jpg
(桜地蔵)

IMG_3758.jpg
(杉谷善住坊が、織田信長を狙撃しようと隠れていたというかくれ岩)

また、途中ではシデなどの大木が多い気持ちのいい道を下る。
IMG_3753.jpg

杉峠から2時間以上かけて、15:50、やっと岩ヶ谷林道の駐車場へ戻ってくる。
IMG_3759.jpg

帰りに、阿下喜温泉で冷えた体を温めた後、東名阪道を走り、午後7時ごろ名古屋へ帰る。



久し振りに8時間以上歩いた今年最後の山行であった。
カクレグラまでは薄い踏み跡を辿り急坂を登った。
タイジョウへ続く尾根道は、雪が踏み跡を隠しているので、尾根を外さないように注意して歩いた。
小さなアップダウンが続き、途中では痩せ尾根もあり、結構緊張を強いられた。
今回1000mを超す鈴鹿の山の中でまだ残っていたタイジョウに登ることができた。
イブネからの道と出合うまで誰とも会うこともなかった。
今年最後の山行を無事終え、一年間健康で登れたことに感謝したい。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
積雪少ない:伊吹山
2019/12/29(Sun)
12月28日(土)

伊吹山地:伊吹山(1377.3m)

登山学校の受講生の方2人とともに、師走の伊吹山へ山行する。
Ibukimap_201912300612013be.gif

ibuki_201912300611598a5.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201912280000.png

【コースタイム】
上野駐車場(7:25)~登山口(7:32)~一合目(8:01/8:06)~三合目(8:58/9:05)~五合目(9:25)~避難小屋(9:38/9:48)~八合目(10:28)~伊吹山(11:07(昼食)11:30)~五合目(12:32/12/37)~登山口(13:45)~駐車場(13:50)



師走の一日、雪の伊吹山で遊ぼうと計画する。
冬型も緩みいい天気になりそうである。
朝6時半に集合し、名神道関ヶ原ICを出て登山口を目指す。
振り仰ぐ伊吹山は、山頂近くが前日の雪でうっすらと雪化粧している。
午前7時過ぎ、いつも利用している上野集落の駐車場に車を駐める。
ワカンも持ってきたが、利用するほどの雪はなさそうなので、車において行く。
7:25、支度をして出発する。
三ノ宮神社の階段を登り登山口へ行く。
樹林帯の中の石灰岩で歩きにくい道を40分ほど登り一合目に着く。
IMG_3692.jpg

さらに登り、午前9時前三合目に着き休憩する。
三合目から見る伊吹山は、山頂近くが少し白くなっている。
IMG_3695.jpg

五合目からはこれから登る斜面が一望できる。
IMG_3696_20191230061132571.jpg

少し上には避難小屋も見える。
IMG_3697.jpg

9:38、五合目上の避難小屋に着き休憩する。
IMG_3700.jpg

少し休憩した後、傾斜が増す斜面を登り八合目を通過する。
IMG_3703.jpg

このあたりの木々には霧氷が着いている。
IMG_3715_20191230061101fb0.jpg

九合目までの急登でもアイゼンをつけるまでもない。
11:07、一等三角点の建つ伊吹山山頂に着く。
IMG_3704_20191230061113d6d.jpg

例年に比べて雪が少ない山頂からは360度の展望が広がる。
IMG_3710_2019123006111671c.jpg

雪をつけた白山方面の山々も見通せる。
IMG_3708.jpg

西には琵琶湖方面もよく見える。
IMG_3702.jpg  

風を避けて、山頂小屋の陰で昼食を食べる。
その間にも大勢の登山者が登ってくる。
昼食後、11:30、下山にかかる。
登ってくる大勢の登山者とすれ違いながら下山する。
五合目まで下りてくると、山頂近くはガスがかかり出す。
IMG_3717.jpg

2時間少しかかり登山口に下り立つ。

帰りに、グリーンパークにある温泉で体を温める。
入浴後近くの三島池へ立ち寄る。
IMG_0390_20191230070942b11.jpg

名神道を走り、午後4時ごろ名古屋へ帰る。



ワカンいやスノーシューで遊ぼうと計画した山行であったが、今年の伊吹山は異常に雪が少ない。
山頂近くでも4,5cmの積雪しかなく、伊吹山の冬山は、もう少し先になりそうである。
そのためか、年末にもかかわらずたくさんの登山者が登りに来ていた。
暖かな天気に恵まれて楽しい山行が出来た。
山遊人
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
史跡を訪ねながら湖北の山:行市山
2019/12/23(Mon)
12月21日(土)

湖北:行市山(659.7m)

滋賀県の余呉湖北にある「行市山」へ山行する。
gyoitimap.gif

gyoiti.png

【天気】 曇り
SPAS_COLOR_201912210000.png

【コースタイム】
毛受兄弟墓地(8:00)~中谷山(8:34/8:40)~別所山(9:00)~行市山(9:40/10:20)~別所山(10:45)~中谷山(11:00)~毛受兄弟墓地(11:25)



山仲間2人と滋賀県湖北地方にある行市山(ぎょういちやま)へ山行する。
行市山は、戦国時代に羽柴秀吉と柴田勝家が戦った賤ヶ岳合戦時に、柴田側の武将佐久間盛政の砦が築かれた山である。
夕方からは雨が予想され曇りがちの天気である。
朝6時半前に出発し、名神道関ヶ原ICから木之本を経て、午前8時前にR365沿いにある毛受(めんじゅ)兄弟墓地の登山口に着く。
毛受兄弟は、賤ヶ岳合戦で柴田勝家の身代わりとなって戦い、討ち死にした武将である。
IMG_0374_2019122312543503f.jpg

兄弟の忠節を記念して墓碑が建てられている。
IMG_0378_20191223125436e9f.jpg

墓地横の登山口前には5,6代の車が駐められそうである。
準備をして、8:00、獣除けの柵を開けて尾根に取りつく。
IMG_3677.jpg

10分ほどで尾根上に出て、砦があった林谷山への道を右に分ける。
IMG_3679.jpg

なだらかな尾根道を歩き、8:34、砦跡の中谷山山頂に着く。
IMG_3682_201912231253050c1.jpg

西には樹林越しにこれから登る行市山の稜線が見える。
IMG_3680.jpg

少し下って再び登ると、南東方向に、低く垂れこめた雲の下に余呉町の街並みが見える。
IMG_3683.jpg

少し先で鉄の階段を上がり、一旦林道に出る。
IMG_3684.jpg

林道を横切り再び登山道に入る。
IMG_3685.jpg

さらに少し歩き、前田利家、利長父子が建てた砦跡である別所山に出る。
IMG_3686.jpg

別所山を過ぎて、行市山南東尾根に取りつく。
徐々に道は登りになり、10分ほどの急登が続く。
急坂を過ぎ、緩やかになってくると間もなく、9:40、東側が切り開かれた行市山山頂に着く。
IMG_3689.jpg

山頂近くはガスがかかり眺望はない。
山頂で早めの食事をして休憩する。
IMG_3690.jpg

少し待っていてもガスは晴れそうにないので、10:20、登ってきた道を下山にかかる。
1時間ほどで登山口の駐車場に戻る。

帰りに、「姉川温泉」で汗を流した後、名神道を走り、午後3時前名古屋へ帰る。



今回の山行は、積雪期に登るための下見山行を兼ねていた。
そんなにきつい登もなく、積雪があればワカンなどで歩くには適した山であった。
次回は是非積雪時に登ってみたい。
地元の方が一人で登っていた以外には会う人もなく、史跡を訪ねながらの静かな山行が楽しめた。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
師走の奥三河の山:宇連山
2019/12/21(Sat)
12月20日(金)

奥三河:宇連山(929.7m)

登山学校の定例山行で、奥三河にある宇連山へ山行する。
uresanmap.gif

uresan.png

【天気】
 晴れ
SPAS_COLOR_201912200000.png

【コースタイム】

県民の森駐車場(7:50)~南尾根展望台(8:38/43)~国体尾根分岐(9:34)~北尾根分岐(10:26)~宇連山(11:08/30)~滝尾根分岐(12:00)~滝尾根展望台(12:25/30)~下石の滝(12:45)~やませみ池(13:07)~県民の森駐車場(13:35)



受講生5名、指導員2名の参加で、朝6時半に出発し、湾岸道から新東名道を走る。
新城ICを出てR151 を北上し、午前7時半過ぎ愛知県民の森へ着く。
現地は冬晴れのい天気である。
広い駐車場にはまだほとんど車は駐まっていない。
7:50、準備を整え、宇連山へ向けて歩き始める。
IMG_3654_201912220824539f4.jpg

今日は、南尾根を辿り宇連山を目指す予定である。
バンガローの立並ぶキャンプ場から南尾根に取りつく。
IMG_3655.jpg

ジグザグに登って樹林帯を抜け、岩稜帯の続く南尾根を登っていく。
IMG_3656.jpg

危険個所では落ちないように鎖の手すりが付いている。
IMG_3663_20191222082413947.jpg

8:38、南尾根上にある展望台に着き休憩する。
IMG_3658_20191222082457737.jpg

途中小さなピークに登ると、宇連山の全貌が見えてくる。
IMG_3662.jpg

さらに登り、国体尾根分岐からは急登が続く。
10:26、北尾根分岐に出て左折れする。
宇連山から南に出ている尾根を登り、11:08、二等三角点の建つ宇連山山頂に着く。
IMG_3673_201912220821513fd.jpg

青空が広がり、山頂からは東のすぐ近くに三瀬明神山が見える。
IMG_3667.jpg

その奥には白い雪を頂いた富士山の山頂が少し見える。
IMG_3664_201912220824142bc.jpg

北東にはやや山頂が雲に隠れているが、南アルプス連峰が一望できる。
IMG_3671.jpg

三瀬明神山の足もとには鳳来湖の湖面も少し見える。
IMG_3669_201912220824175e4.jpg

ほかに誰もいない山頂で昼食を食べて休憩する。
IMG_3670.jpg

11:30、下山にかかる。
北尾根分岐まで戻り、少し先で左折れし、滝尾根尾を下る。
分岐から30分ほど下り、12:25、四阿の建つ滝尾根展望台で休憩する。
IMG_3674_20191222082147f65.jpg

休憩後、少し下り「下石の滝」を通る。
下石の滝は、高さ40m、三段になっているが、冬場は水量が少ない。
IMG_3676.jpg

滝から少し下って林道に出て、やませみの池前を通り、県民の森内を歩き、13:35、駐車場に戻る。

帰りに「うめの湯」で体を温めた後、鳳来峡ICから三遠南信道に乗り、新東名を走って午後4時ごろ名古屋へ帰る。



今日は、今年最後の学校山行であったが、晴天に恵まれた。
思いがけなくも宇連山山頂からは富士山の頭も見え、楽しい山行で今年の学校山行を締めくくることが出来た。

山遊人
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
富士山眺望最高!:足和田山・三湖台
2019/12/17(Tue)
12月16日(月)

山梨県西湖南:足和田山(1354.9m)・三湖台(1202.5m)

登山教室OBの皆さんと、山梨県の西湖南にある足和田山と三湖台に山行する。
ashiwadamap.gif

asiwada.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201912160000.png

【コースタイム】
道の駅なるさわ(9:37)~魔王神社登山口(9:48)~稜線分岐(10:25/29)~足和田山(11:05/30)~稜線分岐(12:00)~三湖台(12:16/55)~稜線分岐(13:19)~道の駅なるさわ(13:53)



大陸高気圧が移動性になり、日本上空をすっぽりと覆って、いい天気になりそうである。
参加者6名で、朝6時半に名古屋を出発する。
新東名道を走り、新富士ICを出る。
途中雲一つない空にそびえる富士山の全容を見ながらR139を北上する。
朝霧高原から大室山の裾を巻き、青木ヶ原樹海を通り、午前9時半ごろ「道の駅なるさわ」に着く。
IMG_1878_20191217170619432.jpg

風もなく予想していたよりは暖かな日和である。
準備をして、9:37、国道を渡り登山口に向けて歩き始める。
10分ほどで、魔王神社登山口に着く。
IMG_1879_20191217170617f96.jpg

赤い鳥居をくぐり、急な階段を上がって神社前に出る。
IMG_1880_2019121717055486b.jpg

落ち葉の敷き積もる明るい道を登り、尾根上に出る。
IMG_1881_20191217170556095.jpg

東海自然歩道の通る稜線まで段差の大きい階段の道を急登する。
10:25、東海自然歩道の尾根上に出て休憩する。
休憩後、右に折れて、広く緩やかな道を徐々に登り足和田山を目指す。
途中左手下に西湖が見え隠れする。
IMG_1884.jpg

30分少し歩き、11:05、展望台の建つ足和田山(五湖台)山頂に着く。
IMG_1893_201912171705329f9.jpg

展望台に上ると、木の間から富士山や南アルプス南部の山々が見える。
IMG_1885.jpg

IMG_1887_20191217170553c79.jpg
(左から聖岳、赤石岳、荒川岳)

東には河口湖が見える。
IMG_1888_201912171705295b1.jpg

展望台下のテーブルで早めの昼食を食べて休憩する。
IMG_1892_201912171705307cc.jpg

昼食後、11:30、平坦な気持ちのいい道を歩いて三湖台を目指す。
IMG_1894.jpg

足和田山から1時間少し歩き、12:16、四阿やベンチが設置されている広い広場の三湖台に着く。
遮るもののない大展望が広がり、富士山の雄姿は指呼の間に大きい。
IMG_1911_20191217170512979.jpg

展望テラスの上からは、眼下の青木ヶ原樹海の向こうに、新雪まぶしい南アルプスの連なりが全貌出来る。
IMG_1905.jpg

IMG_1897.jpg
(白根三山)(右の方に北岳の頭が小さく見える)

IMG_1898_201912171705147cd.jpg
(聖岳、赤石岳、荒川岳)

西湖をは挟んだ北には、以前登った鬼ヶ岳や十二ヶ岳などが近い。
IMG_1909_2019121717051876f.jpg

テーブルベンチでゆっくりと休み、思う存分に富士山の雄姿を堪能する。
IMG_1906_20191217170517d39.jpg

30分以上ものんびりとし、11:56、記念写真を撮った後来た道を下山にかかる。
IMG_1914_20191217170502c63.jpg

45分ほどで魔王神社登山道に下り立つ。
IMG_1916_20191217170501af0.jpg

三湖台から1時間ほど歩き、13:53、「道の駅なるさわ」に戻ってくる。

現在の千円札の裏には富士山が描かれているが、これは写真家「岡田紅葉」氏が撮った写真をもとにしたものである。
帰りに、本栖湖畔の岡田氏が写真を撮ったと言われる場所に立ち寄る。
素晴らしい青空のもとスッキリと富士山がそびえているのが望める。
IMG_1925_20191217170451f39.jpg

残念ながら湖面にはややさざ波が立っており、札に描かれているような逆さ富士は見ることが出来ない。
IMG_0363_20191217170440403.jpg

午後3時前帰途につき、新東名を走り、午後6時半ごろ名古屋へ帰る。



恒例となっている富士山眺望の山行であったが、これ以上はないほどの好天に恵まれた。
初冬の青空に聳え立つ富士山の雄姿を一日中堪能出来た山行であった。
やはり富士山は登るより眺めている方がいい日本人の心の山だと感じた!
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ