FC2ブログ
山頂からの眺望最高:笠置山
2019/04/30(Tue)
4月28日(日)

恵那:笠置山(1128m)

山仲間4人と、岐阜県恵那市にある笠置山へ山行する。
kasagiyamamap.gif

kasagiyama.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201904280000.png

【コースタイム】
ふれあい広場(7:45)~記録小屋(8:27/8:35)~林道出合(9:21)~笠置山(9:46)~ヒカリゴケ(9:51)~展望台(10:04/10:12)~物見岩(10:25)~富士見岩(10:31)~物見岩(10:35/11:05)~望郷の森キャンプ場(11:18)~大岩展望台(11:39)~記録小屋(12:20/12:25)~ふれあい広場(13:00)



代替わりの10連休が始まり、どこも混んでいそうなので、簡単に登れる恵那の笠置山へ行こうと計画する。
すっぽりと移動性高気圧が覆い、いい天気になりそうである。
朝6時半前に集合し、連休中でかなり通行量が多い中央道を走り恵那ICを出る。
午前7時30分ごろ山麓の「姫栗ふれあい広場」に着く。
ゲートボール場がありトイレも設置された大きな広場である。
IMG_0345_20190429060722150.jpg

7:40、準備をして、道路を渡ったところにある登山口から林道を歩き始める。
IMG_0346.jpg

別荘地の先から石のゴロゴロする道を登り、8:27、車道に出て笠置山休憩・記録小屋で休憩する。
IMG_0347_2019042906072502c.jpg

道路を渡った登山口から登山道に入る。
IMG_0349_201904290607269b3.jpg

よく整備されているが、階段が多く歩きにくい道を登っていく。
IMG_0354_201904290606554cf.jpg

15分ほど登ると、天然記念物のヒトツバタゴ自生地に出る。
高さ19m、幹回り1.9mの大木である。
IMG_0351_201904290607216dd.jpg 

すぐにアンコ(小サンショウウオ)が住むというアンコ沢を渡る。
IMG_0352_20190429060654be6.jpg

ますます急になる階段の道を登り、9:21、林道に出る。
林道を横切り、大岩が多い最後の急坂を登り切り、笠置神社奥社の建つ笠置山山頂に出る。
IMG_0356_20190429060657f84.jpg

IMG_0371.jpg

社の右を少し下って、有名なヒカリゴケを見に行く。
IMG_0358_20190429060652354.jpg

狭い岩の間を覗くと緑色に鈍く光るヒカリゴケが見える。(チョッとピンボケ)
IMG_0357_20190429060658f99.jpg

奥社の裏から少し下った所にある展望台へ行く。
IMG_0370_20190429060631e5c.jpg

展望台に上ると、北に残雪の御嶽山が大きく見える。
IMG_0360.jpg

北東には中央アルプスが連なっている。
IMG_0365_2019042906063707d.jpg

さらに東には南アルプスの白根三山や塩見岳も望まれる。
IMG_0362.jpg

西に目をやるとまだまだ残雪豊かで真っ白な白山や別山も見えている。
IMG_0363_2019042906063621b.jpg

眺望を堪能した後山頂に戻り、少し南の物見岩に行く。
IMG_0378_20190429060622a95.jpg

階段を上がった岩の上からは東の眺望が開け、恵那山が近い。
IMG_0375_201904290606173ce.jpg

IMG_0374_20190429060615da9.jpg

眼下には木曽川の流れも見下ろされる。
IMG_0382_20190429060559eeb.jpg

少し先の富士見岩にも立ち寄った後、物見岩前の駐車場にある四阿で昼食を食べる。
昼食後、望郷の森キャンプ場へ下っていく。
途中白山連峰の眺望がいい。
IMG_0381_20190429060600dc4.jpg

連休中のためか沢山のキャンパーで賑わうキャンプ場を経て、少し下った車道に出る。
車道をしばらく歩き、大岩展望台の先で、クライミングエリアの中の踏み跡を辿って下山にかかる。
40分ほど歩き、12:20、記録小屋に出る。
小屋から登って来た道を下り、13:00、ふれあい広場の駐車場へ戻ってくる。

帰りに日帰り温泉に立ち寄った後、渋滞を避けて早めに帰途につき、午後3時半ごろ名古屋へ帰ってくる。



笠置山は、山頂直下まで車で行くことが出来る山で今まで敬遠していたが、今回は麓から歩くコースで登った。
連休中だというのに、山頂まで他の登山者と会うこともなかった。
昼近くなり、さすがに山頂や物見岩のあたりではハイカーがボチボチと登って来ていた。
山頂からの天望はきかなかったが、展望台や物見岩からの眺望は素晴らしかった。
御嶽山、中央・南アルプス、白山連峰等の素晴らしい眺望が得られた。
麓から仰ぐと、恵那富士と言われる端正な容姿の笠置山は、予想外に魅力的な山であった。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガスに煙るテーブルランド:御池岳
2019/04/27(Sat)
4月26日(金)

鈴鹿山系:御池岳(1247m)

所属山岳会の支部山行で、鈴鹿の御池岳へ山行する。
oikemap_201904270931424ce.gif

oike_2019042709314063c.png

【天気】 曇りのち晴れ
SPAS_COLOR_201904260000.png

【コースタイム】
御池川P(8:10)~ノタノ坂(9:00)~土倉岳(10:08)~ボタンブチ(11:00)~御池岳(11:20/11:50)~T字尾根下降点(12:20)~T字尾根分岐(13:20)~T字尾根登山口(14:15)~御池岳P(14:30)



7名の参加者を得て、朝6時半過ぎに名古屋を出発する。
東名阪道を走っている途中では、前線の通過で雨も降りだす天気である。
新名神を通り東海環状道の大安ICを出て、R421を走って石榑トンネルを抜ける。
「道の駅渓流の里」の先で御池川に沿った林道を走り、午前8時前に小又谷との合流点にある駐車場へ着く。
以前来た時に比べて随分と立派に整備されている。
現地では雨はあがり曇り空の天気である。
ストレッチなどをして準備する。
IMG_5837.jpg

8:10、ノタノ坂に向けて小又谷林道を歩き始める。
IMG_5838.jpg

途中から右手の谷に下り赤い橋を渡る。
IMG_5840.jpg

暗い谷を登り、9:00、ノタノ坂に着く。
左に折れて尾根を登り、送電線鉄塔を過ぎ、土倉岳から南に派生している尾根を北上する。
やや風が強くガスもかかり肌寒いが、足元に咲きかけたイワウチワの花に励まされながら歩みを進める。
10:08、三等三角点の建つ土倉岳に着く。
IMG_5843.jpg

少し歩いて御池岳のテーブルランドへの急坂の登りにかかる。
雨後で濡れていて滑りやすい急坂を登って、午前10時半ごろ広いテーブルランドの端に上がる。
ガスがかかり何も見えない中、広いカルスト大地を歩き、ボタンブチを経て、11:20、鈴鹿の最高峰御池岳山頂に着く。
ようやく天気も回復しだし、風もおさまってきた山頂で昼食を食べて休憩する。
11:50、ガスがかかり何も見えないので丸山へ行くのは省略し下山にかかる。
下りはT字尾根コースを取る。
下降点から急な坂を下り、T字尾根を下る。
途中のP967を登り返すと足もとにはイワウチワが沢山咲いている。
IMG_5846.jpg

痩せ尾根を下っていくとシャクナゲが少し咲き始めている。
IMG_5847.jpg

1時間ほど下り、T字の付け根の分岐点、P918に出る。
IMG_5849.jpg

左に折れて、すっかり天気も回復した中、ブナ林などが広がる気持ちのいい尾根道を行く。
分岐から1時間弱下り、14:15、T字尾根登山口の林道に下り立つ。
まだ山桜などが咲く新緑の山肌を見ながら15分ほど御池林道を歩き、14:30、駐車地点に戻ってくる。



曇りがちでガスが立ち込める中の山行で、最初は途中で引き返すことも考えていた。
しかし、健脚揃いの参加者で、予定より早い時間で山頂まで登ることが出来た。
途中ほとんど登山者と出合うこともなく静かな鈴鹿を楽しめた山行であった。
イワウチワ、シャクナゲなど春の花が咲き始めた鈴鹿の春を味わえた山行であった。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の芽吹き始まる:イブネ・クラシ
2019/04/22(Mon)
4月21日(日)

鈴鹿山系:イブネ(1160m)・クラシ(1145m)


所属山岳会主催登山学校の月例山行で、滋賀県側鈴鹿のイブネ・クラシへ山行する。
ibunemap.gif

ibunemap.png

【天気】 曇りのち晴れ
SPAS_COLOR_201904210000.png

【コースタイム】
朝明駐車場(6:35)~根の平峠(7:41/7:46)~タケ谷出合(8:10/8:20)~オゾ谷出合(8:48)~ワサビ峠(9:45/9:50)~ジャンダルム(10:36)~クラシ(10:52)~イブネ(11:10/11:35)~千種街道出合(12:05)~コクイ谷出合(12:40/12:50)~根の平峠(13:29/13:35)~朝明茶屋(14:25)



前日の午前9時30分に「朝明茶屋」に集合する。
受講生、指導員等併せて90名以上の参加である。
当日は、リーダー論、熱中症対策、ロープワークなどの机上講習を受ける。
バーべーキューの夕食後、参加者全員でキャンプファイヤーを囲み、山の歌を合唱したりして親睦を深める。
IMG_5809.jpg

IMG_5812.jpg

一晩宿泊し、翌21日(日)は各班に分かれて分散登山を行う。
朝方は曇りがちの天気である。
我々の班は、午前6時半に朝明茶屋を出発し、イブネ・クラシを目指す。
あたりは山桜の花や馬酔木の花が奇麗である。
IMG_5813.jpg

千種街道を1時間ほど歩き、7:41、根の平峠に着く。
IMG_5814.jpg

峠からタケ谷を30分ほど下り、愛知川(神崎川)に出る。
靴を脱いで対岸に渡る。
IMG_5815.jpg

愛知川に沿った道を北上し、8:45、オゾ谷出合に着く。
IMG_5816.jpg

左に折れ、踏み跡を辿ってオゾ谷を上がっていく。
途中でクラシへ直接登る道を左分け、徐々に急になるオゾ谷を遡る。
稜線直下のロープの張られた急坂を登り切り、9:45、ワサビ峠に着く。
IMG_5818.jpg

少し休憩後、左に折れてクラシへの尾根道を登っていく。
途中イワウチワの花が咲き始めている。
IMG_5821.jpg

痩せた急坂の尾根道を登っていくと、前方にクラシのジャンダルムと呼ばれる岩峰が聳えているのが見えてくる。
IMG_5822.jpg

ジャンダルムを越え、やっとなだらかになったクラシ北尾根を行く。
途中から少し左に入ったクラシの山頂へ立ち寄る。
IMG_5825.jpg

イブネ北端を経て、11:10、イブネ山頂に着く。
IMG_5826.jpg

広い山頂にはテントも張られている。
IMG_5830.jpg

やや霞んではいるが、山頂からは360度の展望が広がる。
IMG_5833.jpg
(雨乞岳)

IMG_5831.jpg
(御在所岳)

IMG_5832.jpg
(鎌ヶ岳)

タテヤマリンドウが沢山咲いている山頂で昼食を食べて休憩する。
IMG_5828.jpg

休憩後、11:35、イブネ南尾根を下山にかかる。
30分ほど急な南尾根を下り、12:05、千種街道と出合う。
千種街道を下り、2度ほど対岸へ渡り返して、12:40、コクイ谷出合に出る。
水晶谷出合を経て、根の平峠へ登り返す。
途中では、タムシバの白い花が沢山咲いている。
IMG_5834.jpg

午後1時半ごろ根の平峠へ着く。
峠から登ってきた道を下り、14:25、朝明茶屋へ到着する。

帰りに、湯の山の日帰り温泉に入り、名阪道を走って、午後5時頃名古屋へ帰る。



今回は今年初めてのイブネ・クラシ山行であったが、日曜日にも関わらずクラシまではほとんど他の登山者と会うこともなく、静かな山行を楽しめた。
鈴鹿の奥座敷と呼ばれる滋賀県側のイブネ・クラシの山頂付近は、いつ行っても明るく開けていて気持ちがいい所である。
春の花々も開花し始めており、新緑の芽吹きの中を楽しめた山行であった。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春風爽やか:桑谷山
2019/04/13(Sat)
4月13日(土)

岡崎/蒲郡境:桑谷山(435.5m)

以前の職場仲間の会で、岡崎市と蒲郡市の境にある桑谷山へハイキングに出かける。
kuwagaiyaamap.gif

kuwagaiyama.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201904130000.png

【コースタイム】
桑谷バス停(9:16)~桑谷キャンプ場分岐(9:34)~登山口(10:00/10:05)~桑谷山山頂(10:51/11:00)~展望台(11:14/11:53)~桑谷キャンプ場(12:36)~キャンプ場分岐(12:50)~桑谷バス停(13:08)



朝8時45分に名鉄美合駅に集合する。
今回は13名の会員が集合する。(途中で2名が合流し、合計15名となる)
駅前のバス乗り場で桑谷までのバスを待つ。
IMG_0307_20190413165027363.jpg

8:51発のバスに乗り、10分ほどで桑谷に着く。
バス停前にあるコンビニの駐車場で、幹事さんから今日のコースの説明を受ける。
IMG_0308.jpg

9:16、前方に見える桑谷山に向けてのどかな田園の中の道を歩いていく。
IMG_0311.jpg

今日は高気圧に覆われて素晴らしい晴天で、爽やかな風が気持ちいい。
途中桑谷キャンプ場への道を分け、ため池の横を通って登山道に入っていく。
IMG_0313_201904131650329ee.jpg

道の脇では山桜がまだ花をつけている。
IMG_0314.jpg

出発して45分ほどで登山口に着きしばらく休憩する。
IMG_0315.jpg

ここからいよいよ山道に入り、谷に沿った杉林の中の道を200mほど登っていく。
IMG_0316_201904131649596e4.jpg

40分ほどで急坂を登り切り、稜線に出てゆるやかになった尾根伝いの道を行く。
5分ほど歩き、10:51、レーダードームの裏にある一等三角点の建つ桑谷山山頂に出る。
IMG_0319_20190413165000c88.jpg

展望のない山頂で、全員で記念撮影をする。
IMG_0321_20190413165002cce.jpg

ほとんど平らな常緑樹の中の道を東へ歩いていく。
途中にはヤブツバキの花が沢山咲いている。
道に落ちたツバキの真っ赤な花とヤマザクラのピンクの花びらの対比が奇麗である。
IMG_0339_201904131649181cd.jpg

20分ほど歩いて電波塔や展望台の建つ開けた展望園地に出る。
IMG_0326_201904131649312fe.jpg

展望台に上ると、蒲郡の街の向こうに竹島や三河大島が浮かぶ三河湾や、渥美半島も眼下に眺められる。
IMG_0332_201904131649353ef.jpg

南東には宮路山や五井山が望まれる。
IMG_0324_20190413164956235.jpg

他のハイカーもいないので、展望台の上でゆっくりと昼食を食べて休憩する。
IMG_0334_2019041316492910b.jpg

昼食後、11:53、下山にかかる。
IMG_0335_20190413164914d51.jpg

帰りは、桑谷キャンプ場への道を下る。
下りの道はよく整備されており、所々に野辺地蔵が祀られている。
IMG_0336.jpg

いろいろな春の花を見ながらのんびりと下っていく。
IMG_0341_20190413164912dd9.jpg
(ショウジョウバカマ)

IMG_0343_20190413164858826.jpg
(ミツバツツジ)

IMG_0338_20190413164917f39.jpg
(ヤマザクラ)

1時間ほどで桑谷キャンプ場に下り、登りの道と合流し、13:08、桑谷バス停に戻ってくる。
午後1時半ごろのバスで美合駅へ戻り、次回のハイクで会えることを楽しみに解散する。



今日は素晴らしい晴天に恵まれ、春の爽やかな風の中、のんびりとハイクを楽しむことが出来た。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
滋賀県側の鈴鹿を周回する:水無山~綿向山~奥草山
2019/04/07(Sun)
4月6日(土)

鈴鹿山系:水無山(991m)・綿向山(1110m)・奥草山(820m)・政子(803m)

山仲間と、滋賀県側の鈴鹿の山々を周回する。
watamukimap.gif

watamukiyama_20190407082314527.png

【天気】 曇りのち晴れ
SPAS_COLOR_201904060000.png

【コースタイム】
熊野神社(7:18)~尾根取付き(7:28)~水無山南峰(8:52/8:57)~水無山(9:01)~文三ハゲ(9:19)~綿向山(9:48/10:00)~大菊ガレ(10:32/11:00)(昼食)~奥草山(12:21)~政子(12:32/12:37)~奥草山(12:48)~林道出合(13:13)~熊野神社(14:09)



南からの高気圧が張り出し、全国的にいい天気になりそうである。
今日の山行は、滋賀県甲賀市にある鈴鹿の水無山や綿向山から奥草山や政子周回する予定である。
朝6時前に出発し、この3月新しく出来た新名神道を走り菰野ICを出る。
鈴鹿スカイラインの武平峠を越えて、滋賀県側の野洲川ダムに沿って走る。
平子の集落で右折れして熊野神社を目指す。
午前7時過ぎ熊野集落のはずれにある熊野神社に着く。
境内には何本もの大杉があり立派な神社である。
IMG_0275.jpg

神社前の駐車場に駐車し、7:18、神社奥へと続く林道を歩き始める。
10分ほどで左手に分岐する伐採用の薄い道を上がる。
IMG_0277_20190407082259fbc.jpg

ほとんど道の分からない杉林の中の尾根道を急登する。
IMG_0278_20190407082301718.jpg

1時間ほど登ると、道はやや緩やかな雑木林となる。
IMG_0279_20190407082302cfd.jpg

山頂近くの我々が歩いてきた道には「この先行き止まり」の標識が建っている。
IMG_0281.jpg

水無山直下で再び急登となった道を登り、8:52、水無山南峰に着く。
ややガスがかかっているが北東には綿向山が近い。
IMG_0282.jpg

ここからははっきりとした一般登山道が付いている。
さらに5分ほどであまり眺望のない水無山本峰に着く。
IMG_0285.jpg

少し先で尾根の右側が大きく崩壊した文三ハゲや、これから登る綿向山が見渡せる。
IMG_0287.jpg

7,80m下り、大きくガレた文三ハゲが見下ろせる場所に着く。
IMG_0290_2019040708224201b.jpg

ガレに沿った急な道を登り綿向山を目指す。
IMG_0288_20190407082248874.jpg

9:48、大きなケルンの建つ綿向山山頂に着く。
IMG_0293_20190407082228dab.jpg

3,4人の登山者が憩っている。
東にはガスの中に雨乞岳が大きい。
IMG_0294_20190407082230a1f.jpg

進路を南に変え、薄く踏み跡の続く奥草山への尾根道を下る。
気持ちのいいブナ林の中の道を行く。
IMG_0295.jpg

30分ほど下ると左側が大きくガレた大菊ガレに沿って下りていく。
IMG_0296_2019040708223305f.jpg

ガレに沿った道は少し緊張させられる。
ガレを過ぎた見通しのいいところで昼食タイムをとる。
昼食後、11:00、更に尾根を南下して奥草山を目指す。
小さなアップダウンが続く。
塩の道峠の最低鞍部からところどころロープの掛かった痩せ尾根を登っていく。
IMG_0298_201904070822274c6.jpg

P811を過ぎ、最後の坂を登りきり、左折れて、12:48、広い奥草山山頂に着く。
周囲に木々が茂りあまり見通しはよくない。
IMG_0301_2019040708221071c.jpg

奥草山から東へ10分ほどで、三等三角点の政子の山頂に着く。
IMG_0303_2019040708221247a.jpg

このあたりは馬酔木の花が満開である。
IMG_0304.jpg

奥草山まで戻り、急な南尾根を下り、30ほどで林道に出る。
このあたりは現在林道造成中である。
20分ほど林道を下り、R477に出て10分ほど歩き、再び右に分かれて熊野神社への林道を行く。
緩やかな登りが続き、一日歩いた身には結構きつい。
このあたりの途中の谷には、和紙の原料となるミツマタの木の黄色の花が咲いている。
IMG_0305_20190407082209a4e.jpg

午後2時過ぎ、車を止めた熊野神社に戻ってくる。

帰りに湯の山の日帰り温泉に立ち寄り、汗を流した後新名神を走り、午後5時頃名古屋へ帰る。



今日の山行は、水無山から綿向山の間は登山道が付いていたが、それ以外のほとんどが踏み跡の薄い尾根道であった。
奥草山の手前で2人組の登山者に会ったが、一日静かな尾根歩きの出来た山行であった。
山遊人
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ