FC2ブログ
07< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>09

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 08月の記事一覧 
2018
08/23
Thu
Category:山行

北白馬山行(その3) 

8月19日(日)

朝日小屋~朝日岳(2418m)~五輪尾根~蓮華温泉

rennge.png

【天気】 晴れ

【コースタイム】
朝日小屋(5:35)~朝日岳(6:30/6:40)~吹上のコル(7:04)~五輪の森(8:04)~花園三角点(8:44)~ヒョウタン池(9:58)~兵馬ノ平(11:25)~蓮華温泉(12:20)



朝4時過ぎ起床する。
今日もいい天気になりそうであるが、朝日岳方面にはガスがかかっている。
5時に朝食を食べ、5:35、小屋を出発する。
木道を少し歩き朝日岳へ向けて登り始める。
樹林帯の道をジグザグに登っていき途中で振り返ると、朝日小屋がガスの中に小さくなる。
IMG_0856_201808211325368ee.jpg

30分ほどで道が緩やかになると木道の道を行き、6:30、すっかりガスの切れた朝日岳山頂に立つ。
IMG_0858_20180821132557fe8.jpg

山頂からは遮るもののない大展望が広がる。
南にはハイマツの海の先に今まで歩いてきた白馬から雪倉岳方面が一望出来る。
IMG_0865_20180821132602e64.jpg

昨日登った白馬岳方面が輝いている。
IMG_0863.jpg

南西には剱岳や毛勝山方面も朝日を浴びて青空に浮かんでいる。
IMG_0861.jpg

東には頚城山塊の妙高山・火打岳方面や雨飾山がシルエットになって浮かんでいる。
IMG_0859_20180823183145dbd.jpg 

充分に眺望を楽しんだ後、気持ちのいい道を下り吹上のコルへ出る。
IMG_0873_20180821132615297.jpg

ここは日本海まで続く「栂海新道」との分岐点である。
右に折れて木道の敷かれた五輪山山腹の花の多い道を行く。
IMG_0875.jpg

IMG_0877_201808211326182aa.jpg

IMG_0878.jpg

IMG_0879_20180821132614f8f.jpg

IMG_0884.jpg

途中南に雪倉岳が大きく聳えているのが見える。
IMG_0882_20180821132633d85.jpg

8:04、五輪の森を越え、展望が開けた気持ちのいい五輪尾根を下っていく。
IMG_0887.jpg

8:44、花園三角点を越え、階段の続く急な下りを白高地沢まで下り休憩する。
白高地沢を吊橋で渡り、右手にヒョウタン池を見てさらに下り、今度は瀬戸川を吊橋で渡る。
今日の最低標高1150mから蓮華温泉まで再び300mほど登り返さねばならない。
岩のゴロゴロする歩きにくい急坂を200m近く登り、傾斜が緩くなると、11:25、広く開けた兵馬ノ平の湿原に出る。
IMG_5060.jpg

木道脇にはアキノキリンソウやワタスゲが咲いている。
IMG_5057.jpg

IMG_5059.jpg

兵馬ノ平を過ぎると再び100mほどの最後の登りにかかる。
傾斜が緩くなり、右手から白馬大池からの道が合流して間もなく蓮華温泉キャンプ場で林道に出る。
茶色の蓮華温泉の建物が見えてから林道を15分ほど歩き、12:20、今回の山行の最終地蓮華温泉に着く。
IMG_5074.jpg

まだ昼を過ぎたばかりなので、今日中に帰宅もできるが、せっかく来たので、野趣あふれる露天風呂で有名な蓮華温泉ロッジに宿泊することにする。
明日のバスで帰ろうと思っていたが、今夏は、明日から平日運行はないということである。
時間も早いので白馬の駐車場に置いてある車を取りに行くことにする。
12時35分発のバスで平岩駅まで下り、大糸線に乗り換え、白馬駅で下車して駐車場まで車を取りに行く。
車で再び蓮華温泉まで戻る途中の林道で、熊が林道を横切っていくのに出会う。
夕方4時ごろ宿に戻り部屋に落ち着く。
早速内湯に入り、3日間の汗を流す。
午後6時から夕食を食べた後、期待していた露天風呂に行く。
5つの露天風呂が登山道脇に配置されている。
IMG_5067.jpg

一番近い「黄金の湯」に行くと誰も入っていない。
脱衣場も何もない湯舟脇で服を脱ぎ、一人でのんびりと湯につかる。
丁度良い湯加減で、3日間の疲れがすっ飛んでいくようである。
IMG_4671_20180821132637c8d.jpg

夜にも内湯に入りに行き温泉を満喫する。



8月20日(月)

朝食を食べた後、朝7時に宿を後にする。
昨日は道路わきまであふれていたいた駐車場も今日はかなり空いている。
車で林道を下る途中「ヒワ平」というところに展望台がある。
ここからは3日間歩いてきた白馬岳から雪倉岳や朝日岳、五輪尾根が一望できる。
IMG_5083.jpg

IMG_5077.jpg

その少し下にはブナ林に囲まれた「白池」があり、周囲には遊歩道が付いている。
静かな湖面に周囲の森が映り、紅葉の時にはとてもきれいな所だということである。
IMG_5096.jpg

平岩からR148に出て、白馬方面に走る。
白馬駅東の大出公園に行き、白馬連峰の撮影スポットに立ち寄る。
姫川に架かる「大出の吊橋」を前景にその後ろには白馬連峰が広がる。
IMG_5103.jpg

時間もたっぷりあるので、塩尻からはR19を走り、午後4時ごろ名古屋へ帰る。



今回の山行は、急遽計画して出かけた山行であった。
しかし、4日間とも素晴らしい晴天に恵まれ、北白馬を存分に楽しめた山行であった。
白馬岳から三国境までは沢山の登山者で賑わっていたが、その先雪倉岳へ向かうルートは、行きかう登山者も急に少なくなり静かな山旅を楽しめた。
雪倉岳、朝日岳とも花の多い山として知られており、残雪と花を愛でながらのんびりと歩くには最適の山域であった。
山遊人

Posted on 18:25:32 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
08/22
Wed
Category:山行

北白馬山行(その2) 

8月18日(土)

白馬岳~雪倉岳(2611m)~朝日小屋

asahi.png
(左右反対です。右から見てください)

【天気】 晴れ

【コースタイム】
白馬山荘(5:40)~白馬岳(6:00)~三国境(6:40)~鉱山道分岐(7:18)~雪倉避難小屋((8:00/8:10)~雪倉岳(9:00/9:15)~朝日岳分岐(11:33)~朝日小屋(13:10)



今朝は氷が張り霜柱が立つほどよく冷え込んだが、風もなく素晴らしい晴天である。
IMG_0786.jpg

5時に朝食を食べた後、5:40、小屋を後に朝日小屋を目指す。
午前6時に白馬岳山頂に立つと、眼下には富山平野や日本海が俯瞰される。
IMG_0797.jpg

山頂からは槍穂高方面まで一望できる。
IMG_0794.jpg

直ぐ西には剱岳から立山が近い。
IMG_0796_20180821132401ff9.jpg

東には富士山、南アルプス、八ヶ岳方面が雲海に浮かんでいる。
IMG_0789_20180821132358178.jpg

見下ろせば、昨日登って来た大雪渓が急な角度で突き上げている。
IMG_0799.jpg

眺望を楽しんだ後、2重山稜となった気持ちのいい道を三国境へと下っていく。
IMG_0804_20180821132419ca2.jpg

三国境からは、白馬大池への道を右に分け、左に折れて岩がガラガラする稜線の道を下り、7:18、鉱山道分岐を過ぎる。
少し先から鉢ヶ岳を巻きながら花の奇麗な道を行く。
IMG_0807_20180821132420876.jpg

IMG_0808_2018082113242262d.jpg

IMG_0809_20180821132416e6f.jpg

8:10、雪倉避難小屋から尾根に戻り、50分ほど登って、9:00、二百名山の雪倉岳山頂に着く。
IMG_0814.jpg

遮るもののない360度の眺望が広がる。
北西には剱岳から立山方面が朝の光を受けてハッキリと見える。
IMG_0815_20180821132437e6d.jpg

北には、今日泊まる朝日小屋の赤い屋根が小さく見える。
IMG_0816_201808211324387ac.jpg

少し休憩した後、赤男山や朝日岳を巻く水平歩道へと下っていく。
IMG_0821_201808211324401f0.jpg

途中小桜ヶ原という花の奇麗な湿原の中の木道を行く。
IMG_0829.jpg

IMG_0828.jpg

11:33、朝日岳へ直登する道との分岐に出る。
IMG_0830_2018082113245967f.jpg

小さなアップダウンの続く歩きにくい道を行き、12時半ごろやっと朝日岳山頂が見えてくる。
IMG_0831_201808211324539ed.jpg

午後1時ごろ朝日小屋と旭岳との分岐に出て左折れする。
IMG_0833_201808211325182c6.jpg

木道を歩き、13:10、赤い三角屋根の朝日小屋に着く。
IMG_0837_2018082113252138e.jpg

朝日小屋は予約制(定員100名)なので来る前にネットで予約を入れてある。
この小屋を守る清水管理人に受付を済ませ、清潔そうな畳の敷かれた部屋へ案内される。
夕食まで時間もあるので、小屋の外に出てボーと景色を楽しむ。
IMG_0835_20180821132519907.jpg

明日登る朝日岳山頂が近くすぐ目の前に聳えている。
IMG_0839_20180821132517a19.jpg 

最盛期はチングルマなどの花の美しい朝日平だが、今はマツムシソウなど初秋の花が咲いている。
IMG_0838_2018082113252382d.jpg

越えてきた白馬岳から雪倉岳の稜線が雲の湧き上がる谷の上に見えている。
IMG_0841_201808211325387b6.jpg

IMG_0843.jpg

4:45から宿泊客全員そろっての夕食が始まる。
ここの夕食は美味しいことで有名で、以前から一度食べてみたいと思っていた。
予約制の小屋だが、今日は席が8割方埋まっている。
食事は全員ワイングラスを捧げて乾杯してから始まる。
清水管理人手づくりの野菜など豊富なおかずが付いていてどれも美味しい。
IMG_5050.jpg

食事中、清水管理人から食事やコースの説明がある。
IMG_5051.jpg

美味しい食事をいただいた後、午後6時過ぎ夕日を見に外に出る。
しばらく待っていると、日本海に夕日が沈み始める。
昨日にも増して美しい夕焼けである。
IMG_0848.jpg

空が茜色に染まり日本海に夕日が沈む。
IMG_0852_20180821132542d3b.jpg

部屋に戻り午後7時ごろ床に入ると、疲れのためかすぐに眠りにつく。



天気予報では、明日も晴天が続きそうで、旭岳を越えて蓮華温泉まで頑張ろう。

(明日に続く)
山遊人

Posted on 18:48:48 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
08/21
Tue
Category:山行

北白馬山行(その1) 

8月17日(金)~20日(月)

白馬大雪渓~白馬岳~雪倉岳~朝日岳~蓮華温泉

昨日までの大雨で沢にかかる橋が流されたため、予定していた裏銀座山行が実施できなくなる。
急遽行き先を変更して、以前から行ってみたいと思っていた白馬岳北部の山域へ山行する。
shiroumamap.gif



8月17日(金)

猿倉~大雪渓~白馬岳(2932m)

hakuba.png

【天気】 晴れ

【コースタイム】
猿倉(7:43)~白馬尻(8:43/8:50)~大雪渓取付(9:05/9:10)~大雪渓終了(10:45/10:55)~葱平(12:05)~避難小屋(12:50)~頂上宿舎(13:15/13:20)~白馬山荘(13:45)



朝3時半ごろに家を出て中央道を走り、安曇野ICからR147,R148を北上し、白馬の八方第2駐車場へ午前7時前に着く。
平日であるが、ほぼ満車に近い状態である。
すぐ前のバスターミナル発7:10のバスに乗り、7:32、猿倉へ着く。
7:43、準備をして白馬尻に向けて歩き始める。
少し登山道を登り林道に出て、30分ほど林道を歩き、再び登山道を登って、8:43、白馬尻小屋へ着く。
ややガスがかかり大雪渓方面は見ることが出来ない。
15分ほど登り雪渓取付きに出る。
ガスが切れ出し、大雪渓を登っていく登山者の列が小さく続いている。
IMG_0736_201808211322443e8.jpg

軽アイゼンを着け、落石に注意しながら雪渓上を登っていく。
1時間以上登り、振り返ると延々と登山者の列が続いている。
IMG_0740_201808211322455ad.jpg

さらに左に杓子岳を仰ぎ見ながら登っていく。
IMG_0743.jpg

1時間半ほどで大雪渓を登り終え左岸に上がる。
IMG_0745_20180821132301d72.jpg

雪渓を離れて急坂を登り、葱平に出て休憩する。
IMG_0746_20180821132303c1a.jpg

休憩後、避難小屋から杓子岳を横に見ながら登っていく。
IMG_0750_20180821132304c9c.jpg

お花畑を経て最後の登りにかかる。
IMG_0754_20180821132259139.jpg

13:15、やっと頂上宿舎に着くと、稜線上に白馬山荘が見えてくる。
IMG_0757_201808211323173a3.jpg

少し休憩した後、斜面をトラバースして稜線に出て間もなく、13:45、今日の宿舎の白馬山荘に着く。
平日のためかそんなに混んではいない。
夕食前に小屋前に出てみると、すっかりガスも切れ杓子岳、鑓ヶ岳方面がよく見えている。
IMG_0759_20180821132318457.jpg

西には雲海の上に剱岳が黒く浮かんでいる。
IMG_0763_2018082113232143d.jpg

振り仰げば白馬岳山頂へ向けて登山者が登っていくのが見える。
IMG_0762_201808211323206b1.jpg

午後5時の夕食を済ませた後、夕日を見に空身で白馬岳山頂へ登る。
15分ほど登っていくと、徐々に山肌が赤く染まりだす。
IMG_0777.jpg

遠く槍穂高方面も雲の上に顔を出している。
IMG_0783_2018082113233498e.jpg

剱岳はシルエットで雲の上に浮かんでいる。
IMG_0775_20180821132337d08.jpg

午後6時半ごろ西の空が黄金色に染まり夕日が沈み始める。
IMG_0782_20180821132340dfa.jpg

部屋に帰り、明日に備えて早めに布団にもぐり込み就寝する。



急に計画して出かけた山行であったが、天候はいい方向へ向かっていきそうで、明日からの山行が楽しみである。

(明日に続く)
山遊人

Posted on 18:28:30 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
08/12
Sun
Category:山行

夏休みで賑わう:蓼科山 

8月10日(金)

北八ツ:蓼科山(2530m)

支部主催の登山学校も2年目に入り、新しいクラスを受け持つことになる。
新クラス初めての山行で、百名山の蓼科山へ行く。
tadesinayamamap.gif

tadesinayama.png

【天気】 晴れ時々ガスのち曇り

【コースタイム】
大河原峠(10:05)~将軍平(11:20/11:25)~蓼科山(12:00/12:20)~将軍平(12:48)~天祥寺原(13:40/13:50)~亀甲池(14:18/14:24)~双子池(15:00/15:10)~双子山(15:42/15:48)~大河原峠(16:08)



受講生3名、指導員2名の参加で、朝6時半過ぎ出発する。
中央道諏訪ICを出て、白樺湖を経て、大河原峠へ午前10時前に到着する。
下界では晴れていたが、峠まで上がると、ガスがかかっている。
駐車場にはたくさんの車が止まっている。
準備をして、8:05、将軍平への道を登り始める。
IMG_0698.jpg

原生林の中の急な道を登り、しばらくで尾根に出て平坦な道を行く。
11:20、蓼科山荘の建つ将軍平に出る。
IMG_0699_20180811094550fca.jpg

ガスの中から山頂方面が見え隠れする。
休憩後、大きな岩のゴロゴロする急坂の道を登り、蓼科山山頂を目指す。
IMG_0707.jpg

30分ほど急坂を登り、山頂ヒュッテ前を通り、12:00、溶岩の中に建つ一等三角点の山頂に着く。
山頂は大勢の登山者で賑わっている。
IMG_0701_201808110945528e4.jpg

残念ながらガスがかかり眺望は得られない。
山頂で昼食を食べていると、一瞬ガスが切れて青空がのぞく。
IMG_0704_20180811094553b39.jpg

12:20、時々ガスが切れ、下方に白樺湖方面が見える道を下山にかかる。
IMG_0706.jpg

12:48、将軍平に戻り、亀甲池や双子池を周るため、右に折れて天祥寺原への道を下る。
岩のゴロゴロする歩きにくい急な道を1時間ほど下り、13:40、笹原の広がる天祥寺原に出る。
蓼科山山頂はガスの中である。
IMG_0709.jpg

左に折れて、なだらかな笹原の中の気持ちのいい道を亀甲池を目指す。
IMG_0712_20180811094534d3f.jpg

山腹を巻いて30分ほど歩き、原生林の中にポツンと佇む神秘的な亀甲池湖畔に出る。
亀甲池は、池の底の岩が亀の甲のような六角形をしているのでその名が付けられたということである。
IMG_0713_20180811094528b50.jpg

亀甲池から原生林の中の道を登り、尾根を越えて下っていくと右手に双子池が見えてくる。
IMG_0716_20180811094509459.jpg

湖畔のキャンプ指定地を過ぎ、双子池ヒュッテに出て休憩する。
IMG_0719.jpg

休憩後、双子山に登り返し大河原峠を目指す。
途中急に雨が降り出し、雷の音も聞こえ出す。
15:42、双子山山頂に着き休憩する。
IMG_0720_201808110945124fc.jpg

眼前の北横岳や蓼科山はガスの中である。
IMG_0721.jpg

遠くに雷鳴がとどろきだしたので慌てて下山にかかる。
IMG_0725.jpg

20分ほど下り、午後4時過ぎ無事大河原峠へと下り立つ。

帰りに白樺湖畔の日帰り温泉に行くと、夏休みのためかすごく混んでいる。
仕方がないので、白樺湖から少し下った「音無しの湯」に入り汗を流す。
入浴後、お盆の帰省客等で混み合う中央道を走り、午後9時過ぎ名古屋へ帰る。



蓼科山だけでは少し寂しいので、北八ツの森にひっそりと佇む亀甲池と双子池を巡る計画であった。
百名山人気で蓼科山は非常に賑わっており、夏休みのため小学生以下の小さな子供たちもたくさん登っていた。
下りにとった天祥寺原から池巡りの道は、行きかう登山者も少なく静かな山行が楽しめた。
今年の受講生の方々も足取りはしっかりしており安定した歩きが出来、今後が楽しみである。
酷暑の名古屋を逃れて、涼しい北八ツの山を楽しめた山行であった。
山遊人

Posted on 07:03:16 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
08/09
Thu
Category:山行

冷風爽やか:池山 

8月8日(水)

中央アルプス前衛:池山(1774m)

登山教室の現地学習で、中央アルプスの池山尾根途中にある「池山」へ山行する。
ikeyamamap.gif

ikeyama_20180809081327841.png

【天気】 晴れのち曇り
SPAS_COLOR_201808080000.png

【コースタイム】
古城公園(9:20)~登山口(10:00)~林道終点(10:25/10:30)~鷹打場(10:45/10:55)~池山(11:45/11:50)~避難小屋(12:05/12:30)
~鷹打場(13:10)~林道終点(13:30/13:40)~駒ヶ根スキー場(14:30)



台風13号が関東沖に接近し、天気が心配される。
受講生等14名、指導員3名の参加を得て、朝6時半過ぎマイクロバスに乗り出発する。
中央道駒ヶ根ICを出て、池山林道の古城公園までバスで入る。
(現在池山林道は工事のため古城公園で通行止めになっている)
ストレッチをして準備をする。
IMG_0673_201808090813127c3.jpg

9:20、三角屋根の「あかつきの塔」の展望台を通り、通行止めゲートを抜け林道を歩き始める。
IMG_0676_2018080908131380c.jpg

IMG_0677.jpg

予想に反して涼しい風が吹き気持ちがいい。
30分ほどで尾根に取付き、しばらくで登山口に出る。
ここから林道を横切り登山道を登りだす。
IMG_0679_2018080908125670c.jpg

しばらく登り六本木地蔵前を過ぎる。
IMG_0680_20180809081258e19.jpg

急坂を登り切り、10:25、林道終点の駐車場に出る。
トイレの裏からショートカットの急坂の道を登り、10:45、鷹打場の分岐に出る。
IMG_0684_20180809081254ca8.jpg

少し先の自然観察棟になっている展望台に行ってみるも、南アルプスには雲がかかり見ることは出来ない。
IMG_0682_20180809081259a62.jpg

IMG_0683_2018080908130068e.jpg

鷹打場からは「急峻」と書いてある直接池山へ登る道を行く。
50分ほど登り、11:45、狭い池山山頂に着く。
IMG_0689_20180809081242915.jpg

ロープウェイも見える千畳敷をバックに記念撮影をする。
IMG_0686_20180809081241d29.jpg

残念ながら稜線には雲がかかり、千畳敷の上の宝剣岳は姿を現さない。
IMG_0685_20180809081239f11.jpg

南アルプス方面も雲がかかり、眼下に伊那谷が見えるだけである。
IMG_0690.jpg

稜線を15分ほど歩き、三角屋根の池山避難小屋に着く。
IMG_0693_20180809081228b79.jpg

小屋の周りで昼食タイムを取る。
IMG_0692_20180809081238c29.jpg

12:30、下山にかかり、池山への道にある水場に出る。
IMG_0696_20180809081227527.jpg

整備された歩きやすい道を林道終点まで下る。
三本木地蔵の下から駒ヶ根高原スキー場への道を下る。
14:30、バスの待っているスキー場駐車場へ下り立つ。

帰りに近くのこぶしの湯に立ち寄り汗を流す。
中央道を走り、午後6時頃名古屋へ帰る。



台風の接近で天気が心配されたが、北からの乾いた気持ちのいい風が吹き抜け、一人の他の登山者とも会わずに静かな山行が出来た。
この時期の山行であるでは、熱中症にかからないよう適切な水分補給などに心掛けることが大切である。
いろいろな経験を積んで今年の夏山を楽しんでほしいものである。
山遊人


Posted on 09:36:44 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)