FC2ブログ
05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 06月の記事一覧 
2018
06/25
Mon
Category:山行

鎮魂の山行:御嶽山 

6月21日(木)~22日(金)

飛騨:御嶽山(3067m)

登山教室の生徒さんたち9名と一緒に、1泊2日で飛騨の御嶽山へ山行する。
ontakemap.gif



6月21日(木)

濁河登山口~のぞき岩~飛騨頂上~五の池小屋
ontake1.png

【天気】 晴れ時々ガスかかる
SPAS_COLOR_201805210000_2018062407083320a.png

【コースタイム】
登山口(10:12)~ジョーズ岩(10:58/11:03)~湯の花峠(11:23)~のぞき岩避難小屋跡(11:58/12:20)~八合目・お助け水(12:52)~飛騨頂上(14:13)~五の池小屋(14:30)



前夜まで雨を降らせた前線が南下し、好天が期待される。
朝6時半に集合し、2台の車に分乗して中央道を走る。
中津川ICを出て、R19を北上する。
木曽福島で左折れしてR361を走り、新地蔵トンネルを抜け開田高原に出る。
日和田高原からチャオ御岳スキー場を通り、濁河峠を下って午前10時ごろ濁河温泉の登山口駐車場に着く。
駐車場には1台車が止まっているだけである。
ややガスが出ているが、まあまあの天気である。
準備をし、10:12、飛騨頂上へ向けて歩き始める。
IMG_0256_201806240708151b2.jpg

湯ノ谷にかかる橋を渡り、七福神の祀られている御嶽山飛騨口里宮の鳥居をくぐり登山道に入る。
IMG_0257_20180624070816c8f.jpg

道の両側にはゴゼンタチバナの白い花が多い。
IMG_0359_201806240708010e4.jpg

仙人滝を左手眼下に見て、20分ほどで仙人橋を渡り尾根に取り付く。
IMG_0258_20180624070818b1c.jpg

10:58、岩の形が映画「ジョーズ」に出てきたサメの頭に似たジョーズ岩を通る。
IMG_0262_201806240708193e1.jpg

うっそうとした原生林の中の道を登っていく。
湿気が多いためかブヨが多く、口や目に入って歩きにくい。
11:23、湯の花峠に着き少し休憩する。
IMG_0265_201806240708136f5.jpg

さらに30分ほど登り、11:58、のぞき岩の避難小屋跡に着き、ここで昼食タイムを取り休憩する。
IMG_0268.jpg

のぞき岩の上からは摩利支天方面の稜線が見えている。
IMG_0267_2018062407073509c.jpg

このあたりにはピンクのコイワカガミの群落が多い。
IMG_0270.jpg

昼食後、12:20、再び歩き始め、八合目を過ぎてしばらくで樹林帯を抜けハイマツ帯へと入る。
ハイマツ帯の中の岩の道をトラバース気味に登っていく。
IMG_0278.jpg

ハイマツの中に小さなキバナシャクナゲの花が咲いている。
IMG_0279_201806240707344c8.jpg

稜線上に五の池小屋が見えるてくると、14:13、小屋裏の飛騨頂上に出る。
IMG_0280.jpg

眼下には雪の残る三ノ池が見える。
IMG_0292_20180624070717fca.jpg

14:30、五の池小屋に入る。
IMG_0293.jpg

受付を済ませ、新館2階の我々だけで独占できる明るい部屋で夕食まで休憩をする。
午後6時から食堂で鶏鍋の夕食を食べる。
我々の他には4人の登山客がいるだけである。
夕食後部屋でミーティングをした後、午後7時過ぎ布団を敷き就寝する。
夜中にトイレに起き外に出ると、頭上には満点の星が輝き、摩利支天への稜線も見えている。
明日の晴天が期待されるが、強い風が窓をたたき熟睡できない。



6月22日(金)

五の池小屋~継子岳~摩利支天山~五の池小屋~濁河登山口
ontake2.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201805220000.png

【コースタイム】
五の池小屋(6:33)~継子岳(7:05/7:12)~五の池小屋(7:38/7:50)~摩利支天乗越(8:18)~摩利支天山(8:45/9:07)~五の池小屋(9:45/10:00)~八合目・お助け水(10:50)~のぞき岩(11:20/11:45)~湯の花峠(12:03)~濁河登山口(12:53)



朝4時に起床する。
東の空が薄明るくなり、雲もなく天気はよさそうだが、相変わらず強い風が吹いている。
午前4時半前、ご来光を見に小屋裏に出る。
東の空が薄赤くなり始め、八ヶ岳、南アルプス、富士山の頭がシルエットで見えてくる。
IMG_0296_20180624070720114.jpg

摩利支天へと続く稜線も赤く染まり始める。
IMG_0300.jpg

午前4時半ごろ、浅間山の肩から朝日が登ってくる。
IMG_0307_201806240706561c3.jpg

素晴らしい日の出を迎え、皆の顔が赤く染まる。
IMG_0312_20180624070658ec4.jpg

ご来光を見た後部屋に戻り、6時の朝食まで荷物を整理する。
午前6時に朝食を食べた後、6:33、小屋を出て継子岳を目指す。
IMG_0354_20180624070536ae9.jpg

小屋の前のバケツの水には氷が張り、道には霜柱も立っている。
昨夜は放射冷却で0℃近くまで冷え込んだようである。
広い尾根のゆるやかな道を行く。
IMG_0316.jpg

風が非常に強く、防寒着の上に雨具を着こんでいても寒いくらいである。
30分ほど緩やかに登り、継子岳(2859m)山頂に立つ。
IMG_0326_2018062407064121a.jpg

後にはこれから登る摩利支天山や剣ヶ峰が聳えている。
IMG_0327_20180624070642126.jpg

山頂からは、北に乗鞍岳が近く、その奥には北アルプスの峰々が一望できる。
IMG_0317_20180624070701098.jpg

IMG_0318_20180624070655b27.jpg
(笠ヶ岳方面)
IMG_0320_201806240706388c7.jpg
(槍・穂高方面)

西には白山連峰も遠望できる。
IMG_0325_201806240706392c0.jpg

風が強く寒いので、早々に山頂を後にして摩利支天山を目指す。
途中、尖った岩が林立する針の山を過ぎる。
IMG_0329_20180624070636f44.jpg

小屋まで戻り、蒼い水をたたえた三ノ池を左下に見下し摩利支天乗越への道を登っていく。
IMG_0330_20180624070613cdb.jpg

8:18、摩利支天乗越に出るとまた乗鞍方面が見えてくる。
IMG_0333_20180624070615407.jpg

右に折れて岩尾根の道を摩利支天山を目指す。
IMG_0337_2018062407061676b.jpg

8:45、三角点の建つ狭い摩利支天山(2959m)山頂に出る。
IMG_0348_2018062407060108b.jpg

剣ヶ峰の方へ向き、5年前の大噴火で亡くなったり、まだ行方不明になったりしている63名の方々に対して黙祷を捧げ鎮魂する。
IMG_0342_20180624070612225.jpg

東には八ヶ岳や南アルプスの山々がシルエットとなって浮かんでいる。
IMG_0345_201806240705581b8.jpg
(南アルプス北部)

南アルプスの向こうには富士山の頭がのぞいている。
IMG_0347_2018062407055953e.jpg

9:07、五の池小屋に向けて下山にかかる。
IMG_0353.jpg

このあたりもキバナシャクナゲの花が多い。
IMG_0351_20180624070602766.jpg

9:45、小屋に戻り、休憩をした後、濁河温泉への道を下山にかかる。
11:20、のぞき岩で軽く昼食を食べ休憩する。
IMG_0358_2018062407053513e.jpg

最後の御嶽山の姿を振り仰ぐ。
IMG_0356_20180624070538a8f.jpg

更に下り、午後1時前濁河温泉の駐車場に下り立つ。

町営の日帰り温泉の赤く濁った湯に浸かり汗を流す。
車に乗り込み、開田高原まで下り、蕎麦とコーン味のソフトクリームを食べる。
R19から中央道を走り、午後6時過ぎ名古屋へ帰る。



雨飾山行から一日置いて出掛けた御嶽山行であったが、またまた晴天に恵まれた山行であった。
濁河温泉からの道は、針葉樹の原生林の道を登り、信州側からの道とはまた違った雰囲気が味わえた。
剣ヶ峰への立ち入りは禁止されており、まだ5人の方々は見つかっていないが、何とか早く見つかることを祈るばかりである。
山遊人

Posted on 23:19:57 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
06/22
Fri
Category:山行

雨飾山行(その2) 

6月19日(火)

雨飾山(1963m)

amakazari.png

【天気】 晴れ
SPAS_COLOR_201806190000.png

【コースタイム】
登山口(5:50)~ブナ平(6:45/6:50)~荒菅沢出合(7:30/7:52)~笹平(8:53/9:02)~雨飾山(9:35/10:07)~笹平(10:33/10:36)~荒菅沢出合(11:40/11:50)~ブナ平(12:22/12:27)~登山口(13:12)



朝4時に起床する。
今日もいい天気になりそうである。
いよいよ雨飾山へ登る日である。
部屋でコンビニで買ってあった朝食を食べた後、午前5時に旅館を出て、車で雨飾山の登山口を目指す。
午前5時40分ごろ雨飾高原キャンプ場の登山口駐車場に着く。
広い駐車場にはすでに3、4台の車が止まっている。
IMG_0196_20180620091915dd6.jpg

準備をし、5:50、登山口から雨飾山を目指して歩き始める。
IMG_0199.jpg

木道の敷かれた登山道を緩やかに登っていく。
水芭蕉はすでに花期を終わっており、葉っぱが大きくなっている。
IMG_0200_201806200918473fa.jpg

木道脇の小さな流れの中には岩魚が泳いでおり、人が通っても驚かない。
15分ほどで橋を渡り尾根に取り付く。
急な尾根道をジグザグに登り、6:45、ブナの大木が林立するブナ平に着く。
IMG_0203.jpg

少し休憩した後、トラバース気味に尾根を越えると、布団菱と呼ばれる雨飾山南側の大岩壁が見えてくる。
IMG_0204.jpg

真っ青な空に垂直に切り立った岸壁が聳えている。
IMG_0205_20180620091852844.jpg

IMG_0206.jpg

岸壁を眼前に見ながら荒菅沢へと下っていく。
IMG_0208.jpg

7:30、まだ雪の残る荒菅沢に出る。
落石に注意しながら雪渓を横切る。
IMG_0212.jpg

沢から左岸の尾根に取り付く。
急な尾根を登っていくと、道の横に待望のシラネアオイの花がチラホラと咲いている。
IMG_0215_20180620091838e1a.jpg

300mほど急坂を登り、雨飾山から東北に延びる尾根直下の梯子が掛けられた岩尾根の急坂を登っていく。
IMG_0217.jpg

荒菅沢から1時間ほど登り、8:53、一気に展望が開けると縦走路分岐の笹平に着く。
眼下には糸魚川や日本海、ぼんやりと佐渡ヶ島も望むことが出来る。

IMG_0218.jpg

休憩後左に折れ、北アルプス北部の山をバックにした雨飾山山頂への緩やかな道を行く。
IMG_0222.jpg

稜線上の道の両側にはいろいろな花が咲いている。
IMG_0247_201806200917380a7.jpg
(シラネアオイ)

IMG_0250_20180620091739cb5.jpg
(イワカガミ)

IMG_0223_201806200918243e6.jpg
(ハクサンチドリ)

IMG_0226_201806200918272a0.jpg
(ハクサンイチゲ)

IMG_0224_20180620091825963.jpg
(ミヤマダイコンソウ?)

IMG_0243.jpg
(ネコノメソウ?)

IMG_0245_20180620091752db6.jpg
(アカモノ)

小さなピークを越え、右手から雨飾温泉から登ってきた道を合わせる。
左手が切れ落ちた荒菅沢源頭を注意して通過し、最後の70mほどの急坂を登り、9:35、二等三角点の雨飾山山頂に立つ。
IMG_0231_20180620091809199.jpg

少し雲が出ているが、西には白馬岳方面が見える。
IMG_0230_20180620091808279.jpg

北東には頚城山塊の金山から続く、焼山や、その後には火打山山頂が顔を覗かせている。
IMG_0228_20180620091821207.jpg

誰もいない山頂で、天望を楽しみながらゆっくりと昼食を食べる。
10:07、名残惜しい山頂を後に下山にかかる。
IMG_0239_20180620091806226.jpg

気持ちのいい道を花を楽しみながら下っていく。
IMG_0242_20180620091755ba1.jpg

笹平からは急な尾根道を下るも、予想以上に時間がかかる。
2時間ほどかかり、12:22、ブナ平に下る。
IMG_0251_2018062009173782d.jpg

ブナ平から45分ほど下り、13:12、登山口駐車場に下り着く。

帰りに、宿泊した宿に立ち寄り、温泉に入って汗を流す。
安曇野ICから中央道に乗り、午後8時前名古屋へ帰る。



事前の天気予報では、梅雨前線が北上し、雨を覚悟で出かけた山行であった。
しかし、北上するに連れ、天気の崩れは少なく、小谷のあたりは2日間ともいい天気に恵まれた。
大渚山、雨飾山の山頂からは、残雪の北アルプスなどが望める幸運に恵まれた。
百名山人気で、夏の最盛期や秋の紅葉期には大勢の登山者で賑わう雨飾山であるが、梅雨時の平日であるためかすれ違う登山者も少なく、沢山の花にも恵まれた山行であった。
山遊人

Posted on 23:28:36 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
06/20
Wed
6月18日(月)~19日(火)

雨飾山山行(その1)

登山教室の生徒さんたち6名と一緒に、長野県北部、頚城山塊にある日本百名山の雨飾山へ山行する。
amakazarimap.gif



6月18日(月)

大渚山(1566m)
oonagi.png

天気】 曇りのち晴れ
SPAS_COLOR_201806180000.png

【コースタイム】
湯峠登山口(11:50)~東峰(12:50)~大渚山(13:09/13:30)~湯峠駐車場(14:24)



台風崩れの低気圧が日本南岸を進み、雨が心配される天候である。
レンタカーで朝6時半に出発する。
集合時点からすでに雨が降っていたが、中央道の中津川あたりでは土砂降りの雨である。
しかし、北上するにつれ徐々に雨は止み、松本のあたりでは曇りがちながら北アルプスも見えるくらいである。
R148を北上し、白馬村を過ぎ、小谷村の中土で右に折れ、小谷温泉を目指す。
そのころから天気はすっかり良くなり晴れ間も出始める。
雨飾山は明日登る予定なので、今日は足慣らしに北アルプスの展望がいいという近くの大渚山に登る。
小谷温泉の先で雨飾キャンプ場への道を右に分け、鎌池を通って、午前11時半ごろ湯峠の駐車場に着く。
IMG_0147.jpg

準備をして、11:50、登山口から登り始める。
IMG_0149_20180620092004ef6.jpg

歩きやすい尾根道を登っていく。
途中木々の間から明日登る雨飾山の全容が見える。
IMG_0155_20180620092007b81.jpg

途中に咲くドウダンツツジやサンカヨウ、イワカガミの花が美しい。
IMG_0158.jpg

IMG_0183.jpg

IMG_0185.jpg

右手が大きく崩壊した箇所を過ぎ、1時間ほどで東峰に着く。
東峰からはアルプス北部の山々がよく見える。
さらに10分ほど先の展望台の建つ大渚山西峰に行く。
避難小屋を兼ねた展望台に上がると360度の大展望が広がる。
直ぐ東には雨飾山が大きい。
IMG_0172_20180620091928a80.jpg

西には北アルプスの白馬岳方面や五竜岳、鹿島槍ヶ岳、さらに南には槍ヶ岳も一望できる。
IMG_0168.jpg

IMG_0162.jpg
(白馬三山方面)

IMG_0163_20180620091942f26.jpg
(五竜岳、鹿島槍ヶ岳、唐松岳)

IMG_0165.jpg
(槍ヶ岳)

南には特徴的な戸隠連山が見える。
IMG_0164_20180620091943ac5.jpg

展望台で雨飾山をバックに記念撮影。
IMG_0178_20180620091930a88.jpg

思ってもみなかった大展望に皆感激である。
天望を楽しみながら軽く昼食を食べる。
充分に眺望を堪能したのち、展望台下の山頂標識で記念撮影。
IMG_0180.jpg

13:30、同じ道を下山にかかる。
途中のガレ場を注意しながら下る。
IMG_0184_20180620091910f0b.jpg

午後2時半前、登山口に下る。
誰一人他の登山者と会うこともなく静かな山行が出来た。

帰りに、カメラマンに名高い「鎌池」に立ち寄る。
1周2㎞ほどの池の周りには遊歩道がついている。
周囲はブナ林に覆われ、秋の紅葉の時期などにはカメラマンで賑わう。
少し遊歩道を歩いてみる。
IMG_0188.jpg

車で戻り、午後4時ごろ中土駅近くのR148沿いの公共の宿にチェックインする。
夕食前に天然温泉で汗を流す。
我々7人の他には、宿泊者は3名ほどである。
午後6時から夕食を食べる。
値段の割にはボリューム充分で、付近で採れた山菜や信州ソバなど食べきれないほどである。
夕食後部屋に戻り、明日の晴天を期待して早々に床に着く。

(その2)に続く
山遊人
Posted on 16:10:25 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
06/17
Sun
Category:写真

ご高覧感謝!! 

ご高覧感謝申し上げます。

第16回「三人の写真展」本日無事終了しました。
沢山の方々にご高覧頂き感謝申し上げます。
写真展お礼18


201810.jpg
(5月 鈴鹿:竜ヶ岳)

201801.jpg((
(5月 北ア:立山)

201802.jpg
(7月 北海道:十勝岳)

201803.jpg
(7月 北海道:旭岳)

201804.jpg
(7月 妙高:高谷池)

201805.jpg
(8月 北ア:槍ヶ岳)

201806.jpg
(8月 北ア:北穂高岳)

201807.jpg
(9月 北八ツ:蓼科山)

IMG_1441.jpg
(10月 飛騨:川上岳)

201808.jpg
(1月 鈴鹿:藤原岳)

201809.jpg
(2月 奥美濃:大日ヶ岳)
山遊人

Posted on 19:21:33 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
06/14
Thu
Category:山行

梅雨の晴れ間に:鷲ヶ岳 

6月13日(水)

奥美濃:鷲ヶ岳(1672m)

登山教室の現地学習山行で、奥美濃の鷲ヶ岳へ山行する。
washigatakemap.gif

washigatake.png

【天気】 快晴
SPAS_COLOR_201806130000.png

【コースタイム】

バス駐車地点(8:45)~林道終点(9:15)~一ぷく平(9:58/10:10)~鷲ヶ岳(11:00/11:35)~一ぷく平(12:20/12:30)~林道終点(13:03)~バス駐車地点(13:25)



大陸から高気圧が張り出し、梅雨の晴れ間のいい天気になりそうである。
受講生等17名、指導員3名の参加で、朝6時半過ぎマイクロバスで出発する。
東海北陸道の高鷲ICを出て、鷲ヶ岳スキー場横から桑ヶ谷林道を走る。
道路状況があまりよくなく、午前8時半前、林道終点登山口の1キロほど手前の広場で駐車する。
ストレッチをして準備する。
IMG_0098_201806132028535ed.jpg

8:45、林道を歩き鷲ヶ岳を目指す。
IMG_0101_2018061320285544d.jpg

30分ほど林道を登り、林道終点の駐車場から登山道に入る。
IMG_0102_20180613202857cda.jpg

谷筋の道にはピンクのタニウツギの花がたくさん咲いている。
IMG_0103_201806132028588ee.jpg

谷筋から尾根に上がり、林道を横切って、午前10時前、祠の建つ「一ぷく平」に着く。
IMG_0106_201806132028522d6.jpg

IMG_0109_2018061320283704b.jpg

大鷲退治伝説の碑が建っている。
IMG_0111.jpg

ここからは西方が開け残雪の白山連峰が見えてくる。
IMG_0107_201806132028350a3.jpg

IMG_0110_20180613202838bd1.jpg

しばらく休憩した後、また林道を少し歩き、階段の続く鷲ヶ岳への登山道を登る。
IMG_0113_20180613202834ea1.jpg

笹原の中の道を山頂を目指す。
IMG_0117_20180613202817179.jpg

歩きにくい階段の続く最後の急坂を登り、11:00、狭い鷲ヶ岳山頂に着く。
我々の他には誰もいない山頂で記念撮影をする。
IMG_0118_20180613202819e07.jpg

方位版の建つ山頂からは360度の展望が広がる。
西の白山連峰が青空にクッキリと見える。
IMG_0120_20180613202820448.jpg

御前ヶ峰山頂にはやや雲がかかっている。
IMG_0121_20180613202822665.jpg

東には御嶽山が雲の間から顔を覗かせている。
IMG_0122.jpg

我々だけの山頂で昼食を食べてゆっくりと休憩する。
IMG_0125_20180613202801f6d.jpg

IMG_0126_20180613202803eed.jpg

IMG_0124_201806132028002f6.jpg

IMG_0123_201806132027583a1.jpg

11:35、登ってきた道を下山にかかる。
山頂直下の滑りやすい階段の道を注意しながら下る。
IMG_0134_20180613202744805.jpg

白山連峰を前に見ながら気持ちよく下っていく。
IMG_0137.jpg

途中には小さなサラサドウダンの花が美しい。
IMG_0135.jpg

一ぷく平まで下る途中大きなカモシカが道に姿を現す。
我々が近づくと藪の中へ姿を隠す。
IMG_0139_20180613202749799.jpg

一ぷく平では山頂まで見えるようになった最後の白山の姿を目に焼き付ける。
IMG_0140_20180613202743562.jpg

森林帯を下っていくと日蔭にギンリョウソウが咲いている。
IMG_0144.jpg 

午後1時半過ぎ登山口まで下り、さらに林道を歩いて、13:25、バスの待つ広場に下山する。

ひるがの高原の「牧歌の湯」で汗を流した後、ひるがの高原SICから東海北陸道に乗り、午後4時半過ぎ名古屋へ帰る。



梅雨の晴れ間の爽やかな風が吹く素晴らしい晴天に恵まれ気持ちのいい山行が出来た。
特に、途中から見えた青空にくっきりと浮かぶ残雪の白山連峰の姿は感動的であった。
山遊人

Posted on 19:22:57 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)