FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  684

伊吹山を仰いで忘年山行:清滝山

12月2日(土)

西濃:清滝山(439m)

所属山岳会で属している委員会の忘年山行で、岐阜県関ヶ原町柏原にある清滝山へ山行する。
kiyotakimap.gif

kiyotaki.png

【天気】 晴れ

【コースタイム】
駐車場(9:00)~清滝寺徳源院(9:05)~南尾根上(9:35)~清滝山(9:45/11:45)~駐車場(12:13)



冬型気圧配置になり少し冷え込んだが、いい天気である。
今年は10名の参加者を得て、午前8時前に一宮駅前に集合し、レンターカーで出発する。
毎年恒例となっている簡単に山に登り、各地のおいしいものを食べるのを目的とした山行である。
名神道関ヶ原ICで下り、R21を関ヶ原方面に走る。
柏原で右に折れ、午前9時前に清滝寺徳源院の駐車場に着く。
今回は山頂ですき焼きパーティーをやる予定なので、鍋や食材を皆で分担して持って上がる。
9:00、右手に清滝山山頂を仰ぎながら、徳源院への桟道となっている桜並木を歩いていく。
IMG_4075_201712021630587a0.jpg

すぐ右手に鎌倉時代から近江の守護職として栄えた京極家(佐々木一族)の菩提寺である徳源院が見えてくる。
IMG_4081.jpg

あたりは紅葉の名所にもなっている。
IMG_4077.jpg

境内には立派な枝垂れ桜や三重塔も建っている。
IMG_4082_20171202163056e14.jpg

庫裏の裏には池泉回遊式の庭園もあるということである。(500円)
橋を渡り谷に沿った道を登っていく。
30分ほどで南尾根上に出る。
尾根の上からは西の方が開け、琵琶湖やその向こうの山々も見えている。
IMG_4085_201712021630360f2.jpg

傾斜の緩くなった南尾根を10分ほど登り、9:45、三等三角点の建つ清滝山山頂に出る。
山頂にはNHKの電波塔が建っている。
IMG_4091.jpg

芝生状になった山頂からは360度の展望が広がる。
何といってもすぐ北には少し雪が来た伊吹山が大きい。
IMG_4086.jpg

反対の南側には、鈴鹿の北端にある霊仙山が逆光の中に聳えている。
IMG_4088.jpg

足元には養老山系をバックにして柏原の町が広がっている。
IMG_4089.jpg

他に誰もいない山頂で、持ってきた鍋やコンロを出し、すき焼きの準備にかかる。
IMG_4093_20171202163006ccb.jpg

乾杯の音頭の後、各自1パックずつ渡された普段食べたことのないような極上の肉ですき焼きパーティーが始まる。
IMG_4094_20171202163007574.jpg

最高のロケーションの中で、各自が持ち寄った飲み物を飲み、今年1年の山行を振り返りながらゆっくりと食事を進める。
2時間ほども歓談をした後、12:45、北ルートから下山にかかる。
雑木林の歩きやすい尾根道を行く。
IMG_4096.jpg

途中から急な階段の続く道を下り、集落を歩いて12時過ぎ駐車場へと戻ってくる。
IMG_4097_20171202163004a01.jpg

名神道を走り、午後2時前には一宮へと戻ってくる。



年末恒例となっている委員会の忘年山行であったが、天気にも恵まれ楽しい山行であった。
清滝山には初めて登ったが、登山口の徳源院のあたりは桜の名所にもなっており、紅葉の時期にもいいらしい。
何といっても、山頂からの眺望が素晴らしく、400m少しの山であるが、ちょっとした軽いハイキングには最適の山であった。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |