FC2ブログ
02< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>04

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 03月の記事一覧 
2017
03/20
Mon
Category:山行

春近し南信州の山:高嶺 

3月19日(日)

南信州:高嶺(1599m)・長者峰(1574m)

山仲間2人と一緒に、南信州平谷村にある高嶺(たかね)へ山行する。
takanemap.jpg

takane.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
信州平谷道の駅(8:55)→登山口(9:05)→車道出合(10:00)→長者峰(10:45/10:50)→高嶺(11:15/12:00)→車道出合(12:43/12:50)→信州平谷道の駅(13:28)



春の彼岸に入り、春本番のような暖かな日である。
朝6時過ぎに集合し、中央道の恵那ICを出て、岩村町を抜け、上矢作を通って、R418を走る。
午前8時半ごろ信州平谷の道の駅に着く。
駐車場で豊橋からくる仲間を待ち、9時前に合流する。
8:55、柳川の橋を渡り、諏訪神社前を右折れして川に沿った道を歩く。
DSC06411.jpg

10分ほどで道標の建つ高嶺登山口に着く。
DSC06413.jpg

10分ほど谷に沿った林道を行き、右の谷に掛けられた橋を渡り登山道を登り始める。
DSC06414.jpg

スギ林の中のジグザグ道を登っていく。
雑木林の尾根に出ると眼下に平谷スキー場方面が見える。
DSC06416.jpg

カラマツ林の中の急坂を登り、10:00、まだ雪の残る車道を横切る。
登るにつれ道には徐々に残雪が現れ始める。
DSC06418.jpg

少し登ったところに、「高嶺のブーナス」と名付けられたブナの大木が現れる。
DSC06419.jpg

存在感のある素晴らしいブナの古木である。
DSC06421.jpg

さらに2度ほど車道を横切って登っていく。
DSC06424.jpg

クマザサの中の急登を登り切り、やっと避難小屋がある長者峰の駐車場に出る。
DSC06427.jpg

小屋の中はとてもきれいで板の間も設置されている。
夏になると星座の観測などに利用されているのかもしれない。
DSC06426.jpg

駐車場から北を望むと、目の前に姿のいい大川入山(右)と恩田大川入山が聳えている。
DSC06429.jpg

少し上の長者峰山頂へ行く。
DSC06435.jpg

東には先日登った蛇峠山の電波塔群が見えている。
DSC06436.jpg

山頂には、周囲がガラス張りのきれいな展望室が設置されている。
DSC06432.jpg

山頂を後に、雪の残る林道を歩いて高嶺を目指す。
途中高嶺から降りてきた3人連れのパーティーとすれ違う。
15分ほど行くと、カラマツとシラカバの木が林立する高嶺の山頂が見えてくる。
DSC06439.jpg

林道を巻く道と、直登する道が分かれるが、我々は直登の道を5分ほど登り、11:45、高嶺の山頂に立つ。
DSC06442.jpg

澄んだ日ならば、南アルプスなどが見られるのであろうが、今日は空気が霞んで見ることができない。
奥矢作や茶臼山方面が霞んで見えるだけである。
風もなく暖かな山頂のベンチでゆっくりと昼食を食べて過ごす。
DSC06449.jpg

あまり暖かいので、いつまでも居たい気分である。
DSC06448.jpg

30分以上もボ~と過ごし、12:00、登ってきた道を下山にかかる。
ほとんど休まずに下り、午後1時半ごろ、3連休でたくさんの車でにぎわう道の駅に戻る。
DSC06451.jpg

道の駅には日帰り温泉「ひまわりの湯」が併設されているので、気持ちのいい湯にゆったりと浸り疲れを癒す。
帰りは、昼神温泉を通り園原ICから中央道に乗り、午後5時前に名古屋へ帰る。



高嶺は以前から一度登ってみたいと思っていてなかなかいくことが出来なかった山である。
長者峰まで車道が通じていて、夏場はあまり登る気にはなれないが、林道が閉鎖される冬場は、スノーシューなどで遊びに行くにはいい山である。
山遊人


Posted on 07:12:45 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2017
03/17
Fri
Category:山行

富士を仰ぎに:青笹山 

3月16日(木)

安倍東山稜:青笹山(1550m)

登山教室受講生の方々11名と、静岡県安倍川東にある青笹山へ山行する。
aozasamap.jpg

aozasa.jpg

【天気】 晴れのち曇り

【コースタイム】
葵高原登山口(9:30)→風穴(10:25)→稜線分岐(11:12)→青笹山(11:40/12:10)→稜線分岐(12:35)→細島峠(13:00)→仏谷山(13:23/13/29)→地蔵峠(13:43)→正木峠(14:17)→葵高原(14:45)



冬型気圧配置がゆるみいい天気になりそうである。
朝6時半に集合し、車1台と8人乗りレンタカーで新東名を走る。
途中静岡の手前では真っ白な富士山の頂が見え期待が高まる。
新静岡ICを出て、安部川に沿って北上する。
途中右に折れて、山葵田発祥地の有東木(うつろぎ)への林道を登る。
山葵田に沿った道を登り、有東木の集落を抜けて、午前9時半過ぎ葵高原の駐車場へ着く。
DSC06372.jpg

準備をして午前9時半に出発し、林道をしばらく登る。
DSC06374.jpg

山葵田の横を通り山道に入る。
DSC06377.jpg

急な谷に沿った道をしばらく登る。
DSC06378.jpg

登るにつれ徐々に昨日降った雪が現れ、薄っすらと積もる道を行く。
DSC06379.jpg

風穴から右に折れ、尾根にとりつく。
岩の上に雪が積もって滑りやすい急坂を登る。
DSC06384.jpg

11:12、青笹山から続く尾根上に飛び出す。
DSC06386.jpg

富士山は雲の上に頭だけを覗かせている。
DSC06385.jpg

右に折れて青笹山への稜線を行く。
雪が5cmほど積もった尾根道を登る。
DSC06388.jpg

最後に笹原の道を登っていく。
DSC06389.jpg

11:40、誰もいない青笹山山頂へ着く。
この頃より富士山方面には雲がかかり出し裾野しか見えない。
西の方には雪をいただいた南アルプス南部方面の山々は白く光って見える。
DSC06391_1.jpg 

南には真富士山が近い。
DSC06394.jpg

駿河湾から伊豆半島方面も見えている。
DSC06393.jpg

風もない山頂の雪の上で昼食を食べる。
DSC06395.jpg

DSC06397.jpg

出発前に全員で記念撮影。
DSC06401.jpg

12:10、下山にかかり、雪の急坂を注意して下る。
DSC06403.jpg

尾根道を北上し、細嶋峠から少し登り仏谷山へ着く。
DSC06406.jpg

山頂から急坂を下り、お地蔵様の祀られている地蔵峠に着く。
DSC06407.jpg

峠から左に折れ山腹を巻いて下っていく。
DSC06408.jpg

14:17、赤いよだれ掛けを着けた地蔵像のある正木峠で林道に出る。
DSC06409.jpg

30ほど林道を歩いて下り、14:17、葵高原の駐車場へ戻ってくる。

帰りに、梅ヶ島にある日帰り温泉「黄金の湯」で身体を温めてから帰途に着く。
新東名を走り、午後7時半過ぎ名古屋に帰る。



富士山を見に行こうと、今年の正月に登った青笹山へ出かけた。
この地域も前日に雪が降り、登山道にはうっすらと積もっていた。
稜線に出るまでは晴れていたが、徐々に雲が出始める。
稜線に出るころには富士山は束の間頭が見えただけで直ぐに姿を隠してしまった。
残念ながら青笹山山頂からは富士山の雄姿を見ることが出来なかった。
しかし、新雪を頂いて真っ白に光る南アルプス方面はよく見えた。
安部東山稜の山にはまだ十枚山があるが、機会を見つけて登ってみたいものである。
山遊人

Posted on 09:03:53 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2017
03/12
Sun
Category:山行

予想以上の積雪に苦戦:貝月山 

3月11日(土)

伊吹山地北:貝月山(1234m)


山仲間と伊吹山地の北にある貝月山へ山行する。
kaidukiyamamap.jpg 

kaidukiyama.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
揖斐高原(8:05)→ゲレンデトップ(8:34)→スキー場分岐(9:13)→長者の里分岐(11:57)→小貝月山(12:25/12:35)→スキー場分岐(13:41/13:58)→揖斐高原(14:23)



今日は、東日本大震災が発生してから丸6年に当たる。
まだまだ避難されている方も大勢みえ、福島第1原発事故処理の終息の見通しも立っていない。
我々は1日も早い復興を願うことしか出来ない。



朝6時に集合し、東海環状道の大垣西ICを出て、揖斐川町を抜け、揖斐高原のスキー場駐車場へ午前8時前に着く。
現地は風もないいい天気である。
スキー場は先週で終了したらしく1000円の駐車料金はとられない。
このあたりも2日ほど前に新たに積雪があり、ゲレンデは真っ白である。
我々より少し前に先客の5人パーティーが出かけていく。
我々も初めからスノーシューを着けて出発しようとした矢先、同行の方のスノーシューの止めバンド切れてしまい履くことが出来ない。
仕方がないので、アイゼンだけを着けて後からツボ足で登ることにする。
8:05、ゲレンデの真ん中を通って登り始める。
DSC06324.jpg

30分ほど登りリフト終点のゲレンデトップに着く。
DSC06326.jpg

林道に出て、すぐに右の尾根にとりつく。
ここで先行パーティーに追いつき、その後ろから林道に沿った尾根道を登っていく。
DSC06327.jpg

出発して1時間少したった午前9時過ぎ、貝月山から南に延びる稜線上に出る。
先行するパーティーの方と話し合いラッセルを交代しながら一緒に登ることにする。
聞くと、愛知県犬山の山岳会の方々である。
稜線上はトレースがなくかなりの積雪がある。
DSC06330.jpg

スノーシューを着けていても30cmぐらいは沈んでしまう。
左側に雪庇が出ているので、それを避けながら登っていく。
DSC06336.jpg

途中では、奥美濃方面の山々がよく見える。
遠くに見えるのは能郷白山方面か?
DSC06341.jpg

DSC06343.jpg

DSC06340.jpg

途中雪崩れてきそうな斜面を注意してトラバースする。
DSC06346.jpg

3,4mはありそうな大きく張り出した雪庇の下の通過に苦労し、危険なので上を巻いていく。
DSC06347.jpg

大きく張り出した雪庇。
DSC06350.jpg

その上を巻きながら登っていく。
DSC06352.jpg

振り返れば重畳とした奥美濃の山々が連なって見える。
DSC06356.jpg

雪は益々深くなり、膝を越す積雪の中を代わる代わる苦労してラッセルする。
小貝月山への最後の急坂を登っていく。
DSC06358.jpg

出発してから4時間半近くかかり、12:25、やっと小貝月山山頂へ立つ。
この頃よりやや雲が出だしたが、山頂からは360度の展望が広がる。
伊吹山山頂もまだまだ白い。
DSC06359.jpg

DSC06367.jpg

DSC06366.jpg

登ってきた尾根を振り返る。
DSC06369.jpg

すこし先には貝月山山頂の展望台が小さく見えている。
DSC06365.jpg

12時半を過ぎ、ここから貝月山山頂へはまだ1時間半程度はかかりそうである。
残念ながら今日はここで引き返すことにする。
山頂で昼食を食べるという5人パーティーを残し、風が出てきて寒いので、我々は先に下山にかかる。
スノーシューを外してツボ足で下ると、登ってきたトレースを辿ってもまだかなりもぐり歩きにくい。
1時間ほどでスキー場分岐に下り、午後1時半過ぎここで遅い昼食を食べる。
昼食後スキー場へ向けて下る。
スキー場に着くと、ゲレンデ下部では子供たちがそり遊びをしている。
DSC06371.jpg

14:23、ゲレンデを抜けて駐車場へ下り立つ。
左の方のゲレンデのリフトがまだ動いており、駐車場はほぼ満車状態である。

車に乗り込み、帰りに「藤橋の湯」で身体を温めてから帰途に着く。
名神道を走り、午後5時半過ぎ名古屋へ帰る。



予想以上の積雪に阻まれ、今日の山行は貝月山山頂までたどり着くことは出来なかった。
5人パーティと一緒だったので小貝月山まで行けたが、我々だけだったらもっと手前で引き返していたかも知れない。
久し振りにトレースのない新雪のラッセルは、苦労はしたが雪山の醍醐味を味わえた山行であった。
山遊人

Posted on 07:50:54 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2017
03/09
Thu
Category:山行

南伊勢の静かな山を歩く:七洞岳 

3月8日(水)

度会アルプス:七洞岳(778m)

登山教室の現地山行で、南伊勢にある七洞岳へ山行する。
nanahoradakemap_20170309092137d5b.jpg

nanahoradake_201703090921383ec.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
野原登山口(9:00)~稜線分岐(9:53/9:58)~七洞岳(10:25/11:00)~P731(12:02/12:07)~野原登山口(13:05)



当初の計画では七洞岳から獅子ヶ岳へと縦走する予定でいたが、直前になって現在獅子ヶ岳への登山が禁止されている情報を得る。
度会町の計画で、獅子ヶ岳周辺の稜線上に25基の風力発電用の風車を設置する事業が昨年の秋から始まり、平成31年春まで登山が禁止されているということである。
仕方がないので、急遽七洞岳だけに登る予定に変更する。
当日は冷え込んだがよく晴れた晴天である。
受講生等13名、指導員4名の参加で、朝6時半過ぎマイクロバスで出発し、東名阪道、伊勢道を走る。
勢和多気ICを出て、大紀町の野原新田から林道を走り、9:40、山の神の登山口駐車場に着く。
DSC06291.jpg

ストレッチをして、9:00、七洞岳へ向けて出発する。
DSC06290.jpg

林道を少し歩き、避難小屋の前で谷を渡り、登山道に取りつく。
DSC06292.jpg

スギ林の尾根道を1時間ほど登り、最後の急坂を登って、9:53、主稜線に出る。
DSC06294.jpg

右に折れて、アセビやヒメシャラの木が多い尾根道を10分ほど登っていくと、少し左に入った所に「ぞき岩」の展望地がある。
大岩の上からは、獅子ヶ岳へ続く稜線や、遠くリアス式の五ケ所湾が見える。
DSC06298.jpg

更に20分ほど登り、10:25、一等三角点の七洞岳山頂に立つ。
DSC06300.jpg

360度の展望が広がる山頂からは、西には高見山地の高見山、三峰山や局ヶ岳、その奥には大洞山や尼ヶ岳などの室生山地の山々も見える。
DSC06304.jpg

北に続く獅子ヶ岳への稜線上には、すでに7,8基の風車が廻っているのも見える。
DSC06303.jpg

少し早いが、他に誰もいない静かな山頂でゆっくりと昼食タイムを取る。
DSC06301.jpg

昼食後、全員で記念撮影をする。
DSC06305.jpg

このまま登ってきた道を下るのもつまらないので、獅子ヶ岳へと続く稜線上にある731mのピークまで行くことにする。
11:00、稜線の道を登ってきた分岐まで引き返し、ロープにつかまりながらいったん急坂を下る。
DSC06308.jpg

岩の多い尾根道を再び登り返す。
DSC06310.jpg

途中で振り返れば、登ってきた七洞岳が木の間から見え隠れする。
DSC06313.jpg

1時間ほど登り、13:02、731mピーク(中岳)へ着く。
DSC06311.jpg

山頂は樹木に覆われ眺望は全くきかない。
ここから少し先で通行禁止になっているので、ここで引き返すことにする。
途中から右に折れて、地図には載っていないが登山道がついている北西へ延びる尾根を下る。
DSC06314.jpg

下る途中で振り仰ぐ七洞岳が立派である。
DSC06317.jpg

途中には看板も立つ「猪のぬた場」がある。
DSC06318.jpg

1時間ほど下り、13:05、山の神の駐車へ下り立つ。

バスに乗り込み、R42を多気町まで走り、ショッピングセンター内にある「多気の湯」で汗を流す。
夕方のラッシュでやや渋滞する東名阪道を走り、午後5時過ぎ名古屋へ帰る。



今日の山行は、事前調査不足で獅子ヶ岳へは登ることが出来なかった。
以前に2度ほど登っていた山だったので、直前の下見をせず、計画をした者として大反省である。
しかし、天気にも恵まれ、南の地方の光まぶしい早春の山を楽しく歩くことが出来た山行であった。
山遊人


Posted on 10:36:40 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2017
03/06
Mon
Category:山行

残雪踏みしめ展望の山頂へ:富士見台 

3月5日(日)

南信州:富士見台(1739m)

山仲間2人と一緒に、恵那山北にある富士見台へ山行する。
fujimidaimap_20170305201946ac2.jpg

fujimidai_201703052019489a8.jpg

【天気】 快晴のち薄曇り

【コースタイム】
神坂神社(7:50)→分岐(9:05)→一本立(9:36)→萬岳荘(9:55/10:00)→富士見台(10:30/10:35)→神坂小屋上(10:40/11:15)→萬岳荘(11:27)→分岐(12:06)→林道出合(12:34/12:40)→神坂神社(13:02)



数日間晴天が続き、めっきり春めいてきたこの頃である。
朝6時半前に集合し、中央道を走って園原ICを出る。
右折れして神坂神社への林道を登る。
神社手前のカーブが上がれるか心配であったが、少し凍っている程度で何とか通ることが出来る。
午前7時40分ごろ神社前の駐車場へ着く。
先客の車が1台停まっているだけである。
準備をして、神社境内を抜けて古代東山道の道を登り始める。
DSC06262.jpg

直ぐに林道へ出て、右のカラマツコースを登り始める。
DSC06263.jpg

残雪が少しあるが、しっかりとトレースがついており、アイゼンを履くほどではない。
登るにつれ積雪は増え、稜線に出るころには50cmほどは積もっている。
1時間少し歩き、9:05、ブナコースとの分岐に着く。
DSC06265.jpg

カラマツ林の間からは南アルプスの山々が見え隠れする。
山腹を巻いて緩やかに登り、9時20分ごろ池の平に着き休憩する。
DSC06266.jpg

旧牧場の中の道を行き、一本立を経て、放牧の柵がある千本立を通り、10時少し前に萬岳荘へ着く。
DSC06268.jpg

ここから主稜線まで雪で隠れた笹原の中の急坂を少し登る。
DSC06269.jpg

ここで2人連れの先行パーティーに追いつく。
恵那山から続く主稜線に出ると、やや風はあるが、両側の展望が開ける。
神坂小屋を過ぎると目の前には雪を被った中央アルプス連峰が広がる。
DSC06270.jpg

富士見台方面は真っ白である。
DSC06271.jpg

10:30、出発して2時間半ほどで富士見台山頂に着く。
DSC06273.jpg

晴天ではあるが、御嶽山や南アルプス方面はややかすんでいる。
DSC06274.jpg
(御嶽山と乗鞍岳)

DSC06276.jpg
(南アルプス:仙丈ケ岳、白根三山、塩見岳)

DSC06277.jpg
(中央アルプス)

振り返れば山頂まで樹林に覆われ黒々とした恵那山が大きい。
DSC06279.jpg

山頂は風があり寒いので、少し下がった神坂小屋の上で、中央アルプスを眺めながらランチタイムをとる。
DSC06281.jpg

昼食後、11時過ぎ下山にかかる。
萬岳荘まで下る途中で、ヘブンス園原のゴンドラを利用して登ってきたスノーシューをつけたハイカー3、4組とすれ違う。
萬岳荘から登ってきた道を下り、途中のカラマツコースとの分岐で右にブナコースを下る。
30分ほど下り林道に出合う。
DSC06287.jpg 

少し雪の残る歩きにくい林道を下っていくと、途中木の間から南アルプスの塩見岳や赤石岳方面がよく見える。
DSC06288.jpg

午後1時過ぎ神坂神社の駐車場へ下り立つ。

帰りに昼神温泉で身体を温めた後帰途に着き、午後3時半過ぎ名古屋へ帰る。



今日は暖かな日和にも恵まれ、のんびりと歩くことが出来た山行であった。
360度の展望にも恵まれ、残雪の山を楽しめた山行であった。

山遊人
Posted on 06:48:45 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)