FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  599

新雪の富士を振り仰ぎ:毛無山

12月8日(木)

毛無山塊:毛無山(1945.4m)

登山教室の有志10人と一緒に、山梨県毛無山塊の毛無山へ山行する。
kenashiyamamap.jpg
(GPS軌跡)

kenashiyama.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
駐車場(9:35)→地蔵峠分岐(9:49)→不動滝見晴台(10:15/10:20)→五合目(11:13/11:20)→富士山展望台(12:33/12:43)→地蔵峠分岐(13:00)→毛無山(13:14/13:43)→五合目(14:53)→駐車場(16:28)



今年1年の見納めに、新雪の富士山を見に行こうと、10名の参加を得て、朝6時半に出発する。
新東名を走り、新富士ICを出て、富士宮市街を抜け、途中朝霧高原道の駅へ立ち寄る。
現地は、富士山の全容がくっきりと見えるいい天気である。
毛無山も、昨晩冷え込んだためか山頂付近には霧氷が付いて白く見える。
IMG_2798.jpg

東京農大の農場を曲がり、午前9時20分ごろ毛無山登山口の駐車場へ着く。
駐車料金(500円)をポストに入れ、支度をして、9:35、出発する。
今日のコースは、1100の標高差を一直線にひたすら登る厳しいコースである。
DSC05850.jpg

鎖のあるゲートを抜け、右手に麓神社を見て林道をしばらく歩く。
DSC05851.jpg

林道を下り、涸れ沢を渡って登山道に入る。
DSC05852.jpg

すぐに左手に地蔵峠への道が分かれる。
DSC05853.jpg

大きな岩が多い急な道を登り、10:15、不動滝展望台に着く。
谷を隔てた山腹から2段に分かれた滝が落ちている。
DSC05854.jpg

益々急になる岩の多いほぼ一直線の道を登る。
DSC05857.jpg

11:13、やっと五合目に着き休憩する。
DSC05858.jpg

少し休んだのちさらに登っていくと、背後には樹間から富士山がくっきりと見える。
DSC05861.jpg

1800mを越え、大きな岩を急登し、富士山展望台に着く。
展望台からは遮るもののない眺望が広がり、富士山が長い裾野を引いてそびえているのが見える。
皆富士山の雄姿に感動し、盛んにカメラのシャッターを切っている。
DSC05863.jpg

展望台から15分ほどで、やっと地蔵峠への道が分かれる稜線上に出る。
DSC05873.jpg

右に折れてすぐにアルプス展望台があり、岩の上に登ると、新雪を頂いた南アルプスが大きく広がっているのが見える。
南の聖岳から北の北岳まで大パノラマが一望できる。
DSC05874.jpg

DSC05876.jpg

あたりの木々の枝の先には霧氷がつき、青空をバックにきれいである。
DSC05878.jpg

15分ほど稜線を行き、13:14、一等三角点の毛無山山頂へ着く。
IMG_2807_20161209080438e29.jpg

097.jpg 

やや雲が出始めたが、目の前には新雪の富士山が大きく浮かんでおり、第一級の展望が広がっている。
ちょうど富士山の山頂近くをパラグライダーが飛んでいる。
IMG_2813.jpg

富士山を仰ぎ、贅沢な風景を見下ろしながら昼食を食べる。
IMG_2802_201612090804376a3.jpg

山頂はかなり気温が低く、手袋を外すと手がかじかんでくるほどである。
いつまでも名残りが尽きないが、13:43、眺望を目に焼き付けた後下山にかかる。
登ってきた急な道を注意して下り、薄暗くなりかけた午後4時半前に駐車場へ下山する。

帰りに朝霧高原の「風の湯」で身体を温めた後、新東名を走り、午後9時半ごろ名古屋へ帰る。
(「風の湯」は、入浴料900円とやや高いが、午後5時を過ぎると600円になる。)



今日の毛無山山行は、天気に恵まれ、新雪の来た富士山の雄姿を思う存分楽しむことが出来た山行であった。
富士山を取り巻く山々からの眺望は、どこからも素晴らしいものがあるが、特にこの毛無山からは、標高が2000m近くあるので、第一級の眺めを得ることが出来る。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |