FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  591

紅葉盛りの滝巡り:田立の滝

11月13日(日)

裏木曽:田立の滝

昔の職場仲間と裏木曽の田立の滝へハイキングに行く。
田立の滝は、「日本の滝百選」にも選ばれており、「天河(てんが)滝」を中心とした滝群の総称である。
tadati_201611140716013c9.jpg

今日も暖かなハイキング日和となりそうである。
今回は15名の参加で、朝8時に集合し、マイクロバスで出発する。
中央道中津川ICで下り、R19を走り、田立から林道を上がって、午前10時前に粒栗の駐車場へ着く。
車は5、6台駐車しているだけで思ったより少ない。
10:00、支度をし、環境整備費200円をポストに入れてから出発する。
DSC05477.jpg

緩やかな道を登っていくと、途中にはいろいろ面白い名前が付けられた木曽5木を中心とした大木がある。
この辺りは江戸時代には尾張藩の御料地であり、「木一本、首一つ」と言われたほど伐採が厳しかったため今でも原生林がたくさん残っている。
DSC05481.jpg

歩を進め上に登っていくほどに日に映えた紅葉がきれいである。
DSC05486.jpg

DSC05483.jpg

途中の木の間からは、高いところに不動岩の展望台が見える。
DSC05489.jpg

以前は木道が古くなりかなり危険な道であったが、今は鉄製のものに付け替えられて安全に歩くことが出来る。
1時間ほど歩き、「螺旋滝」への降り口に出る。
DSC05491.jpg

5,6分急坂を下って螺旋滝を見に行く。
途中で折れ曲がり螺旋状になって水が流れ落ちている。
DSC05494.jpg

途中つり橋や谷にかけられた桟道を渡っていく。
DSC05505.jpg

洗心滝、霧ヶ滝を上から見ながら、急斜面に取り付けられた階段を上がって、12時前、田立の滝最大の天河滝へ出る。
天河滝は、高さ40mの花崗岩の垂直な壁を流れ落ちる雄大で壮観な田立最大の滝である。
DSC05499.jpg

滝の下の日当たりのいいところまで下り昼食を食べる。
DSC05498.jpg

南には恵那山がそびえているのが見える。
DSC05500.jpg

出発前、全員で記念撮影をする。
DSC05501.jpg

計画ではもう少し先まで行く予定でいたが、少し時間が遅くなったので今日はここまでで引き返す。
下る途中大木を下から振り仰ぐと黄葉が美しい。
DSC05512.jpg

1時間少しかかり、午後1時半過ぎ駐車場まで戻ってくる。
バスに乗り込み、中央道を走り、午後3時半ごろ名古屋へ戻る。



天河滝や螺旋滝など見応えのある滝群は、足で登らなければ見ることが出来ない。
秋の絶好のハイキング日和に恵まれ、紅葉の森の中を登って滝巡りを楽しんだ一日であった。

山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |