FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  565

夏山山行に向けて:伊吹山

7月31日(日)

伊吹山地:伊吹山(1377.3m)

山仲間2人と、夏山に向けてのトレーニング山行の一環として伊吹山へ山行する。
  ibukimap_201608011330503e7.jpg

ibuki_20160801133052d09.jpg

【天気】 快晴

【コースタイム】
駐車場(6:00)→登山口(6:10)→1合目(6:37/6:45)→3合目(7:38/7:48)→5合目(8:07/8:12)→8合目(9:11/9:17)→伊吹山(9:45/10:30)→三角点(10:35)→5合目(11:22/11:27)→1合目(12:07/12:12)→登山口(12:29)→駐車場(12:35)



朝5時に集合し、名神関ヶ原ICを出て、いつも停める上野の民間の駐車場へ午前6時前に着く。
暑いことが予想されるので早めの出発である。
夜間登山の登山者の車がいっぱい停めてある。
登山口の三ノ宮神社まで行く。
DSC04673.jpg

支度をして、6:00、歩き始める。
登山口で協力金300円を払い、1合目に向かい樹林帯の中の道を登っていく。
DSC04674.jpg

30分ほどで琵琶湖が見える1合目に着く。
DSC04675.jpg

1合目から上はほとんど遮るものがない炎天下の道を登る。
2合目からは笹原の向こうに琵琶湖が良く見える。
DSC04676.jpg

登山口から1時間半歩き、7:38、トイレのある3合目に着く。
囲いがしてある野草保護地域の中にはユウスゲが多いが、まだ開いていない。
辺りには花々が沢山咲いている。
DSC04678.jpg

DSC04680.jpg

30分ほど歩き5合目まで登ると、登山者の列がジグザグに山頂まで点々と続いているのが見える。
DSC04690.jpg

7合目を過ぎ、だんだんと急坂になる道を頑張って8合目に登る。
DSC04681.jpg

更に勾配を増す道を登り、午前9時半ごろ9合目を過ぎて山頂遊歩道に出る。
遊歩道を歩き、売店の裏のパラソルの立つテーブルで休憩する。
名物のかき氷が喉にしみわたる。
DSC04682.jpg

山頂からは眼下に琵琶湖がよく見える。
DSC04683.jpg

早いのでゆっくりと休憩をし、10:30、三角点まで行く。
DSC04684.jpg

山頂のお花畑はまだ満開には少し早いようだ。
メタカラコウの黄色い花が目を引く。
DSC04687.jpg

ナデシコのピンクの花も沢山咲いている。
DSC04689.jpg

沢山の観光客で賑わう山頂を後に下山にかかる。
まだ続々と登山者が登ってくる中を、一気に5合目まで下山する。
下るに従い、暑さで汗が噴き出してくる。
2合目のあたりでは、気持ちよさそうにパラグライダーが浮かんでいる。
DSC04692.jpg

1合目まで駆け下りやっと樹林帯に入る。
20分ほど樹林帯を下り、12時半ごろ登山口に下山する。

帰りに姉川温泉で汗を流した後、午後3時半ごろ名古屋へ帰る。



今日は暑い中を登るトレーニング山行であった。
1150mの標高差があり、しかもほとんど遮るもののない炎天下の道はかなりハードな山行であった。
熱中症にならないよう水分補給などに注意し、夏山に身体を慣らすにはいいトレーニングが出来た。
山遊人


別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |