FC2ブログ
伊勢平野の名峰:経ヶ峰
2016/01/27(Wed)
1月27日(水)

布引山地:経ヶ峰(818.8m)

先日今年一番の寒波が来襲し、なかなか山に行く機会がなかったが、登山教室の方々を誘い、三重県布引山地の経ヶ峰へ足慣らし山行に行く。
kyougaminemap.jpg
経ヶ峰トラック

kyougamine.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
平尾登山口(8:20)→野口道分岐(9:10)→林間広場分岐(9:30)→経ヶ岳(9:40/10:10)→避難小屋(10:17/10:24)→平尾道分岐(10:34)→平尾登山口(11:18)



朝6:40に出発し、東名阪、伊勢道を走る。
津ICを出て、美里町平尾集落を抜け、平尾登山口に午前8時過ぎに着く。
林道行き止まりにある5,6台は停められそうな駐車場は、先日の雪が凍っており、駐車するのが危険なため少し下った林道脇に停める。
8:20、車止めを抜けてしばらくは林道を行く。
DSC03947.jpg

20分ほど林道を歩き、右手の登山道に入る。
DSC03949.jpg

檜の樹林の中の登山道をゆるやかに登っていくと残雪が少しずつ出てくる。
DSC03951.jpg

尾根に出て、落葉樹の樹林に変ると、しばらくで大きな電波反射板の横を通る。
DSC03955.jpg

9:30、大きな案内板の建つ林間広場分岐に着く。
DSC03957.jpg

左の経ヶ岳山頂への道を行き、10分ほどで展望台の建つ山頂に出る。
DSC03959.jpg

DSC03968.jpg

DSC03963.jpg

山頂には我々のほかには誰もいない。
伊勢平野の名峰「経ヶ岳」の山頂は遮るもののない眺望に優れている。
DSC03960.jpg

南西には風力発電の風車が林立する青山高原が近い。
DSC03964.jpg

大きな方向指示版もある。
DSC03965.jpg

今日はややかすんでいるが、澄み切った日には伊勢湾の向こうに御岳山はもちろん、富士山も見えるそうである。
今日は鈴鹿方面もややかすんで見にくい。
少し下がった所にある東屋で早めの昼食を食べる。
DSC03967.jpg

昼食後、5分ほど下って林間広場に出ると立派な避難小屋が建っている。
DSC03970.jpg

きれいなトイレも横に建っている。
中に入ってみると、大きな炉が切ってあり、独立したきれいな部屋もある。
寝袋を持っていけば10人ぐらいは寝られそうである。
DSC03969.jpg

再び案内板の建つ分岐に戻り、下りにかかる。
尾根の途中から平尾へ下る道を右に折れる。
尾根道を1時間近く下り、11:18、駐車場のある平尾登山口へ下る。

帰りにR23号線沿いにある津市北の「極楽湯」で汗を流す。
芸濃ICから伊勢道に乗り、東名阪道を走って午後2時過ぎ名古屋へ帰る。



今日の山行は、食事時間を合わせても3時間足らずと軽い山行であった。
しかし、山頂近くは先日降った雪が結構残っており、風もなく比較的あたたかな日で、同行された方々も楽しそうであった。
ハイキング程度の気軽な山行であったが、気持ちのいい山行であった。
山遊人




この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の里山歩き:猿投山
2016/01/18(Mon)
1月17日(日)

東部丘陵:猿投山(629m)

登山教室の下見を兼ねて、瀬戸・豊田市境の猿投山へ山行する。
sanagemap_20160118094533cd2.jpg
猿投山トラック

sanage_20160118090715514.jpg

【天気】 晴れのち曇り

【コースタイム】
雲興寺駐車場(7:15)→白山展望地(7:45)→北尾根分岐(8:05)→展望ベンチ(8:34/8:40)→猿投山(8:55/9:03)→東の宮(9:22)→西の宮(9:42)→七滝分岐(9:45)→展望地(10:25/10:50)→赤猿峠(10:58)→林道出合(11:09)→トイレ(11:22/11:29)→雲興寺駐車場(12:03)



朝6時過ぎに名古屋を出て、瀬戸市を経て、赤津の雲興寺前の駐車場へ7時前に着く。
低気圧が近づいており、午後からは天気が崩れてくる予報だが、朝のうちはまだ青空がのぞいている。
風がなく-4℃と冷え込んでいる。
雲興寺は「盗難除け」のご利益があるという立派な大きな禅寺である。
DSC03908.jpg

何十台も駐車できる立派な駐車場ときれいなトイレや東海自然歩道の案内板が設置されている。
DSC03907.jpg

駐車場から正面の赤津川の橋を渡り、すぐに左に折れて東海自然歩道に入る。
谷に沿った道を行き、少し登ると白山展望地の案内板がある。
今日はややかすんでいるが、白い白山連峰や能郷白山方面がうっすらと見えている。
DSC03912.jpg

途中で行きあった方が話してみえたが、朝早かったのでカモシカに遭遇することができたということである。
少し先へ行ったベンチのある鉄塔のところからは名古屋の街tもよく見える。
DSC03914.jpg

尾根道を行き、少し下ってトイレ手前の北尾根分岐に出る。
そこを左に曲がり、北尾根をたどり、主稜線直下の急坂を登り、8:34、展望ベンチに着く。
DSC03918.jpg

少し休んだ後、15分ほど主稜線を登り、8:55、一等三角点の猿投山山頂に着く。
DSC03927.jpg

まだ早い時間なのにかなりの人が憩っており、我々が休んでいる間にも次から次へと登山者やトレランの人が登ってくる。
DSC03928.jpg

山頂からは白山や雪をかぶった御岳山が見える。
DSC03923.jpg

山頂には里山らしく毎日のように登っている登山者の記録が書いてある。
DSC03929.jpg

大勢の登山者で賑わっているので早々に山頂を後にして猿投神社への道を下る。
しばらく行くと中央アルプスや恵那山などが見える展望地がある。
DSC03934.jpg

その先には大きなカエル石が登山道脇にある。
DSC03930.jpg

山頂から20分ほど下り、猿投神社の東の宮に出る。
DSC03936.jpg

そこから少し林道を下ると、西の宮の鳥居が建っている。
DSC03939.jpg

すぐに七滝への林道とのT字路に出て、右に回り赤猿峠を目指す。
DSC03941.jpg

この林道はバギーカーやモトクロスバイクなどの練習場所になっているらしく、10台近くのバギーカーが練習に来ている。
よくこんなでこぼこ道を登るものだと、面白くてしばらく眺めている。
DSC03943.jpg

途中から林道と別れて登山道に入るも、赤猿峠への道の少し手前先で入ってしまい、しばらく行ってから気が付く。
もどるのも面倒なので、薄い踏み跡をたどって稜線上の展望地に出る。
そこのベンチで景色を眺めながら昼食を食べる。
昼食後、赤猿峠を経て東海自然歩道を下って林道へ出て、右に折れて登り返しトイレに出る。
DSC03944.jpg

現在トイレは建て替え中で、仮説のトイレが設置してあり、3月末には新しいトイレが出来るようである。
DSC03945.jpg

ここから左に折れて、登ってきた道を引き返し、12:03、雲興寺駐車場へ戻る。
せっかくなので雲興寺に参拝をする。
IMG_2172.jpg

午後からはすっかり曇ってしまったが、瀬戸市を経て午後2時ごろ名古屋へ帰る。



猿投山の森は我々の山岳会の「猿投の森づくりの会」で1年を通して整備保全を図っている。
よく整備された自然の森が残っており、四季折々の自然が楽しめる。
大都市の近くに残るこういった里山は貴重な自然であるので、今後とも守って行ってもらいたいものである。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
藤内後尾根で岩場歩行訓練
2016/01/16(Sat)
1月14日(木)

鈴鹿:御在所藤内後尾根

教室指導員を対象にして鈴鹿御在所岳藤内壁の後尾根で行われた岩場歩行訓練に参加する。
      tounai.jpg

指導の先生を入れて11人の参加を得て、朝7時30分に鈴鹿スカイラインの裏道登山口に集合する。
10kg以上の荷物を担いでくることが義務付けられ、現地で計ると12.7kgある。
藤内小屋を経て藤内沢出会いまで行く。
藤内沢出合から藤内沢へ入り、テスト岩まで上がる。
今年は雪がほとんどなく予定していた雪上歩行訓練がまだ出来そうにない。
ここでアイゼンを装着して岩場を登る訓練をする。
まずはテスト岩でアイゼンの前爪だけをかけて岩場を登る練習をする。
岩のわずかなくぼみに前爪をかけて登る訓練である。
最初はうまくいかなかったが、2,3度繰り返してようやくコツをつかむ。
      IMG_2164.jpg

テスト岩での練習後第1ルンゼに入り、左横の後尾根を登る。
一の壁の横を登り、40度くらいの岩場が続くところを、ロープを張ってもらい、それにフリクションノットをかけて登る。
なかなかアイゼンの爪がかからず苦労する。
IMG_2165_20160116052252665.jpg

人数が多いので待っている間の時間が長く、その間が寒い。
疲れでだんだんと手足に力が入らなくなる。
さらに上の大岩が谷をふさいでいるところは苦労をして登り、何とか岩の上の平坦地に出る。
昼を過ぎ、ここからは谷へ懸垂下降で下る。
慣れてくると気持ちよく下ることができる。
IMG_4813.jpg

      IMG_2167.jpg

午後3時過ぎやっと谷へ下り立ち、一の壁の下を通って第1ルンゼまで下る。
裏道へ出てアイゼンを外し下山する。
午後4時過ぎ中道登山口の駐車場まで下る。

帰りに湯の山の日帰り温泉で身体を温め、夕食を食べ、東名阪道を走って、午後8時ごろ名古屋へ帰る。



今日は久しぶりの指導員トレーニング山行に参加したが、岩場のアイゼン歩行などいろいろと勉強することが多かった。
これからの登山教室での指導などに活かしていきたい。
最後に、我々を熱心に指導していただいたY先生に感謝を申し上げたい。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新春の鳳来寺山
2016/01/15(Fri)
1月13日(水)

奥三河:鳳来寺山(685m)

登山教室で、ブッポウソウで知られた奥三河の鳳来寺山へ現地学習山行に行く。
houraijimap_201601150957324af.jpg
鳳来寺山トラック

houraiji.jpg

【天気】 快晴

【コースタイム】
門谷駐車場(9:00)~鳳来寺(9:47/10:00)~鳳来寺山(10:46)~瑠璃山(10:55/11:30)~天狗岩(11:55/12:02)~鷹打場(12:30/12:38)~東照宮(13:00/13:05)~山頂駐車場(13:15)



合わせて18人の参加で、6:40に名古屋を出発し、東名道を走り、豊川で出て、午前9時前に門谷の鳳来寺駐車場へ着く。
現地の天気は、冷えてはいるが素晴らしい晴天である。
DSC03870.jpg

準備をして、9:00、両側に土産物店などが並ぶ表参道を歩き、1425段の階段を登りだす。
DSC03874.jpg

杉木立の中を登り、途中赤い立派な山門をくぐる。
DSC03875.jpg

更に登っていくと、樹齢800年樹高30mの「傘杉」がまっすぐに空へと伸びているのに出会う。
      DSC03878.jpg

段々と急になる階段を45分ほどで登り切り、9:47、鳳来寺本堂へ着く。
DSC03879.jpg

DSC03881.jpg

本堂前の休憩所からは三河湾などの展望が開けている。
少し休んだ後、本堂横から東海自然歩道となっている登山道に入る。
階段の多い道をしばらく登ると、建物が崩壊した奥ノ院に着く。
その裏の展望台からの眺めもいい。
DSC03884.jpg

本堂から45分ほどで展望のない鳳来寺山山頂に着く。
DSC03893.jpg
北へ棚山高原へと続く道を5分ほど行った瑠璃山の先の岩場からの展望が素晴らしい。
先月登った三ツ瀬明神山や南アルプスの峰々が一望できる。
明神山の右肩に少し頭を出した白い峰が見える。
富士山のようにも見えるが、南アルプス南部の聖岳方面の山ではないかと思われる。
DSC03890.jpg

眺望のいい岩場の上で昼食タイムを取る。
DSC03889.jpg

昼食後、鳳来寺山に戻り、左へ折れて東尾根を行く。
途中には東屋の建つ天狗岩の展望台がある。
そこの近くの木の上にタカ?がとまっている。
近寄っても全然逃げないので、みんな盛んにシャッターを切っている。
DSC03895.jpg

DSC03899.jpg

徐々に下って行き、南へ折れて展望が開けた鷹打場に出る。
DSC03905.jpg

鷹打場から山腹を巻いて下り、13:00、東照宮へ着く。
皆初詣を兼ねて参拝をしている。
DSC03906.jpg

東照宮からは15分ほど車道を下り、13:15、バスの待つ山頂駐車場へ着く。

帰りに湯谷温泉の日帰り温泉で身体を温め、鳳来峡ICから新東名道に乗り、午後5時前に名古屋へ帰る。



今年初めての教室山行は、暖かい晴天に恵まれ、三河の山ののんびりとした山行が出来た。
また今年一年元気で楽しい教室山行がしたいものである。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年の山行始め:恵那山
2016/01/05(Tue)
1月4日(月)

南信州:恵那山(2191m)

今年初めての山行で、南信州の恵那山へ登る。
enasanmap_20160104194938023.jpg
恵那山トラック
(GPS軌跡をダウンロード出来るようにしました。上のリンクをクリックしてファイルを保存してください。)

enasan_20160104194938f00.jpg

【天気】 晴れ

【コースタイム】
駐車場(7:40)→広河原登山口(8:05)→4合目目広場(9:20)→県境稜線(10:27)→恵那山(10:52)→避難小屋(11:00/11:40)→4合目広場(12:34/12:40)→広河原登山口(13:17)→駐車場(13:38)



新年から暖かないい天気が続く中、今年初めての山行に出かける。
朝6時に集合して中央道を走り、園原ICを出て、午前7時半前に広河原登山口の駐車場へ着く。
先客の車が2台停まっている。
あたりには雪は全くない。
7:40に出発し、本谷川に沿った林道を30分ほど歩き、広河原登山口で河原に下りて橋を渡る。
DSC03833.jpg

急坂の斜面を登っていくと、2合目あたりから踏み固められた雪が現れる。
滑りやすいが、アイゼンを付けるほどではない。
カラマツ林を抜け、9:20、4合目の広場に出る。
ここから先雪道が続くので、アイゼンを装着する。
DSC03835.jpg

少し先で尾根上に出ると、東に南アルプスの連山が見えてくる。
DSC03836.jpg

笹原の中の道を徐々に高度を上げていく。
北の鋸岳から南の聖岳まで長く続いている南アルプ連峰を見ながら登っていく。
DSC03843.jpg

さらに歩を進め、北西側が開けた所からは、御岳山や乗鞍岳が青空に大きく浮かんでいるのが見える。
DSC03851.jpg

8合目で県境稜線に出て、右に折れ山頂を目指す。
DSC03852.jpg

稜線上を30分ほどで、10:52、一等三角点の恵那山山頂に出る。
DSC03853.jpg

山頂から北へ10分ほど歩き避難小屋へ行く。
小屋裏の岩の上に登ると、南アルプスが一望である。
目を凝らしてよく見ると、聖岳の右に富士山が頭を覗かせている。
DSC03857.jpg

北岳を始めとした白根三山や塩見岳が立派である。
DSC03858.jpg

2人パーティーの先客がいる小屋の中へ入って昼食をとる。
少し先に行った社の後ろの展望がきく所からは中央アルプスも一望できる。
DSC03859.jpg

昼食後、11:40、登ってきた道を下山にかかる。
ぼちぼちと他の登山客も登ってくる。
ほとんど休みなく下り、小屋から2時間足らず歩いて、13:38、駐車場へ戻って来る。

帰りに昼神温泉の湯につかり、中央道を走って、午後5時前に名古屋へ帰る。



今年初めての山行は、絶好の晴天に恵まれ、少し雪もあり、楽しい山行が出来た。
今年もまた一年間元気で安全に山行を楽しみたいものである。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ