FC2ブログ
夏山トレーニング:西穂高岳
2015/07/28(Tue)
7月26日(日)~27日(月)

北アルプス:西穂高岳(2908.8m)

登山教室の生徒さん3人と、北アルプスの西穂高岳へトレーニング山行に行く。
nishihotakadakemap.jpg

7月26日(日)

白樺平駅~(ロープウェイ)~西穂高口駅~西穂山荘
nishihosannsou.jpg

【天気】 晴れ
実況天気図(2015年07月26日)

【コースタイム】
鍋平駐車場(13:10)~白樺平駅~(ロープウェイ)~西穂高口駅(14:05)~西穂山荘(15:15)

朝9時に集合し、東海北陸道を走って、午後1時過ぎ鍋平高原の登山者用駐車場(無料)へ着く。
20分ほど歩いて、白樺平のロープウェイ駅へ。
ロープウェイに乗り、西穂高口駅へ午後2時前に着く。
素晴らしい晴天で、笠ヶ岳方面が良く見える。
14:05、準備をして出発する。
潘隆上人像を過ぎて、樹林帯の道を徐々に上がって行く。
DSC02562.jpg

西穂高岳が青空に聳えているのが、木の間から望まれる。
DSC02563.jpg

日曜日のためか、途中多くの登山者が下山してくる。
最後の急登を登り切り、山腹を巻いて、15:15、多くの登山者で賑わっている西穂山荘に着く。
DSC02564.jpg

部屋へ荷物を置き、夕食まで時間があるので外へ出てみる。
小屋の横のテントサイトはカラフルなテントでにぎやかである。
DSC02567.jpg

前のお花畑にはいろいろな花が咲いている。
DSC02566.jpg

登山者が多く、夕食は2回に分けて設定されている。
夕食後サンセットを見に外へ出る。
西の山際に真っ赤な夕日が沈んでいく。
DSC02572.jpg

他のグループと一緒の部屋であるが、布団は一人に一枚あるのでまあまあ寝られる。
明日に備えて午後8時過ぎには、布団に入り就寝する。



7月27日(月)

西穂山荘~独標~西穂高岳(往復)~西穂高口駅
nishihotakadake.jpg

【天気】 晴れ時々ガスかかる
実況天気図(2015年07月27日)

【コースタイム】
西穂山荘(6:00)→独標(7:10)→ピラミッドピーク(7:47)→西穂高岳(8:40/9:05)→独標(10:40)→西穂山荘11:20/11:30)→西穂高口駅(12:30)

朝4時過ぎに目覚め外を覘くと、今日もいい天気になりそうである。
午前5時半に朝食を食べ、6:00、西穂高岳に向けて小屋を出発する。
DSC02578.jpg

大きな石のゴロゴロする道を少し上がり、ハイマツの稜線に出る。
DSC02579.jpg

丸山を通るころよりやや黒い雲が空に出始める。
DSC02580.jpg

独標への登りの頃より霧の粒が顔に当たり始め天気を心配する。
クサリのついた急登を登り切り、7:10、ガスで何も見えない独標へ登る。
DSC02582.jpg

暫くするとしてガスの切れ間からピラミッドピークの鋭鋒が見え、岩稜帯をたくさんの人が歩いている。
DSC02583.jpg

独標を少し下り、足場が切れ落ちた岩を細心の注意で巻いて渡る。
こういったところでは、登山者が多いためかなり待たされる。
この頃よりガスも切れ始め、遠く南アルプス越しに富士山の頭もチョコンと見える。
岩屑の道をピラミッドピークを目指す。
DSC02585.jpg

7:45頃ピラミッドピークを過ぎ、西穂を目指す。
途中でガスの中にブロッケン現象が現れる。
自分の影が輪の中にはっきりと浮かび上がる。
DSC02590.jpg

いくつかピークを過ぎて行くと西穂高岳が見え始め、山頂には登山者が立っているのもはっきりとわかる。
DSC02593.jpg

西穂高岳のあたりはイワギキョウが多く咲いている。
DSC02594.jpg

最後の急坂を登り切り、8:40、西穂高岳山頂に立つ。
DSC02595.jpg

眼前には奥穂高岳から前穂高岳へと続く吊尾根がたわんでいる。
DSC02599.jpg 

山頂でゆっくりと休んでいると、待望の槍ヶ岳も穂先を現す。
DSC02606.jpg

振り返れば、赤い屋根の小屋も見え、歩いて来た尾根道が連なっている。
DSC02607.jpg

眼下には梓川の流れに沿って上高地周辺や大正池も良く見える。
DSC02605.jpg

ゆっくりと大展望を堪能し、午前9時過ぎ下山にかかる。
西穂高直下の岩の道を慎重に下る。
DSC02608.jpg

続々と登山者が登ってくる道を下り、11:20、西穂山荘に着く。
一服後ロープウェイ駅への道を下る。
12:30、西穂高口駅へ下り、12:45のロープウェイに乗り込み、白樺平駅へ着く。
駐車場まで戻り、途中の日帰り温泉「飛岳の湯」で2日間の汗を流す。
そこの食堂でやわらかい飛騨牛の定食を食べた後帰途につく。
東海北陸道を走り、午後6時半頃名古屋へ帰る。



今回は、来週計画している山行のトレーニングを兼ねた山行であったが、参加された皆さん岩稜帯の歩きにも慣れ、十分に力を付けられたと思う。
天気にも恵まれ楽しい山行であった。
山遊人
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盛夏の伊吹北尾根
2015/07/21(Tue)
7月20日(月)

伊吹北尾根:御座峰(1070m)

山仲間3人と一緒に伊吹山の北尾根にある御座峰へ山行する。
      kitaonemap.jpg

kitaone.jpg

【天気】快晴(東海地方本日梅雨明け)
実況天気図(2015年07月20日)

【コースタイム】
笹又登山口(7:50)→静馬ヶ原(9:20)→P1149(9:30)→御座峰(11:00/11:50)→静馬ヶ原(13:35)→笹又登山口(14:40)



梅雨前線が日本海へ北上し、本日、近畿から東海地方の梅雨明け宣言がなされた。
朝6時前に集合し、名神道を走り、大垣西ICを出て、R417を北上する。
揖斐川町の春日を通って午前6時半頃「さざれ石公園」に着く。
そこからさらに車で10分ほど登り、笹又登山口の駐車場へ7:40に着く。
10台ほど止められそうな駐車場には我々のほかに先客の車が1台停めてあるだけである。
朝方は曇っていたが、現地に着くと素晴らしい晴天の暑くなりそうな日である。
準備をして、7:50、野獣除けのネットを開けて歩き始める。
DSC02546.jpg

今日は、登山は初めてという男性の方もみえるのでゆっくりと歩く。
農家の作業道をしばらく進み登山道へ入る。
樹林帯の中の急な道を登り、1時間ほどで草付きの稜線へ出る。
DSC02549.jpg

しばらく休憩後、右に折れドライブウェーの下の水平な道を行く。
DSC02551.jpg

10分ほどで山腹を横切り、なだらかな静馬ヶ原へ着く。
静馬ヶ原はすぐ上をドライブウェーが通り、伊吹山の山頂や琵琶湖も望める気持ちのいい所である。
DSC02552.jpg

静馬ヶ原を右手に折れ、10分ほどでP1149へ登る。
DSC02553.jpg

国見岳へと続く稜線が、左から国見岳、大禿山、御座峰と連なっている。
DSC02555.jpg

この辺りは花が多い所だが、最盛期はまだ少し先のようである。
DSC02554.jpg

稜線の道を一旦大きく下り、P983へ登り返し、最後に100mほど登って、11:00、御座峰山頂へ着く。
DSC02556.jpg

山頂は日陰がないので、少し戻った木陰で昼食を食べる。
DSC02557.jpg

ゆっくりと休んで、11:50、来た道を下山にかかる。
P1149への登りがかなりきつい。
やっと登り着いた山頂から見ると伊吹山方面にややガスがかかり始める。
DSC02558.jpg

午後1時半過ぎ、山頂を後に静馬ヶ原へと笹原の中を下る。
DSC02560.jpg

水平の山腹道を過ぎ、樹林帯の中を下って、14:40、笹又の登山口へ戻る。

帰りに「かすがモリモリ村」で日帰り温泉に入り、3連休の最終日で渋滞する名神道を避け、養老経由で午後7時過ぎ名古屋へ帰る。



今日は梅雨明け直後の非常に暑い日となり、稜線に出てからは日陰が少なくたくさん汗をかいた。
これからの盛夏の山行では、水分補給を欠かさないようにすることが大切である。
以前に反対側の国見岳から登ったが、伊吹北尾根は静かで展望も良く花の多いいいところである。
山遊人
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遥かなる北の山:幌尻岳
2015/07/18(Sat)
7月9日(木)~13日(月)

日高山脈:幌尻岳(ぽろしりだけ)(2052.4m)

山岳会の仲間4人で、日本百名山の一つである北海道の日高山脈の幌尻岳へ山行する。
        poroshirimap.jpg 

(テント場までの登り)
tottabetu.jpg

(テント場から幌尻岳までの往復)
poroshiridake.jpg



7月9日(木) 晴れ

中部国際空港へ午前7時に着き、7:50発の飛行機で新千歳空港へ飛ぶ。
名古屋では梅雨空が続いていたが、北海道は素晴らしい晴天である。
9:35、新千歳空港に着き、予約してあったレンタカーに乗り、道東道を走る。
占冠ICを出て、もう一人の仲間の待つ富良野を目指す。
昼頃、富良野駅で仲間のご夫妻と合流し、六花亭の経営する近くのレストランで昼食をとる。
DSC02402.jpg

目の前には噴煙をあげる十勝連峰が一望できる。
DSC02398.jpg

昼食後、近くのスーパーで食糧の買い出しをして、今日の宿である十勝岳の麓にある吹上温泉の「白銀荘」へ午後4時ごろに着く。
DSC02408.jpg

目の前には十勝連峰が迫って見える。
DSC02406.jpg

白銀荘は、食堂で自炊ができるリーズナブルな値段の快適な宿である。
2段ベッドの部屋に落ち着き、さっそく自慢の温泉に入る。
源泉は45℃以上あり、露天風呂は三つの風呂が段々ぬるくしてある。
汗を流してさっぱりした後、食堂で夕食を作って食べる。
食後に食べる本場のメロンがおいしい。
夕方外に出てみると、十勝連峰が夕焼けで赤く染まっている。
DSC02407.jpg

午後8時頃、明日からの山行に備えて早めにベッドに入り就寝する。



7月10日(金) 晴れ

【コースタイム】
チロロ林道ゲート(6:40/6:50)~取水口(7:42/7:50)~二ノ沢出合(8:21/8:40)~尾根取付(9:35/9:50)~トッタの泉(11:45/12:10)~ヌカビラ岳手前(12:55/13:15)~北戸蔦別岳下テント場(14:10)

午前4時ごろに起床し、4:30、車に乗りチロロ林道の登山口を目指す。
途中のコンビニで朝食を買って食べる。
占冠町、日高町を通り、チロロ林道を走る。
6:40、チロロ林道のゲート前駐車場へ着く。
5台ほど先客の車が停まっている。
いい天気になりそうである。
DSC02410.jpg

準備を整え、15kgほどになるザックを担ぎ、ゲートを抜けて橋を渡る。
DSC02412.jpg

1時間ほど林道を歩き、北海道電力の取水施設に着く。
DSC02413.jpg

北戸蔦別岳への登山口から登山道へ入る。
DSC02414.jpg

DSC02415.jpg

大きなフキが多くある中を歩いて、8:21、二ノ沢出合に着く。
ここにはテントが一張りぐらいは張れそうである。
DSC02416.jpg

二ノ沢に沿った道を徐々に上がっていくと残雪が現れ、スノーブリッジの上を慎重に通過する。
DSC02418.jpg

その先で谷を離れると、山腹の急登となる。
路傍に咲くシラネアオイの花が苦しさを慰めてくれる。
DSC02509.jpg 

2時間ほどあえぎながら急坂を登り、11:45、唯一の水場「トッタの泉」に着く。
DSC02421.jpg

冷たくておいしい水で喉を潤す。
この先下りて来るまで水場はないので、ここで各人5ℓずつ水を汲んで運び上げる。
5㎏の重さが加わり、一気にザックが重くなる。
重くなったザックが肩に食い込み足もなかなか上がらない。
最後の急坂を抜けると岩場が現れる。
DSC02424.jpg

岩場を抜け、やっと道が緩やかになると初めて眼前に幌尻岳が姿を現す。
DSC02425.jpg

休憩をした後、緩やかな稜線の道を北戸蔦別岳を目指す。
DSC02431.jpg

15:15、山頂直下から仰ぎ見ると、山頂にはすでにテントが張られているのが見える。
山頂には2張りしかテントが張れないので、我々は山頂直下の鞍部にテントを設営する。
ファイル 2015-07-14 6 39 13

夕食までの時間をのんびりと過ごす。
DSC02439.jpg

午後5時ごろ夕食を食べていると、1匹の若いエゾシカがテントの周りに現れる。
DSC02445.jpg

立派な雄鹿であり、近づいても逃げようとしない。
この辺りがテリトリーなのか、あたりのエサを食べた後引き上げて行く。
暫くすると日が沈み出し、幌尻岳方面が赤く染まりだす。
DSC02448.jpg

幾重にも山々が重なり、北海道の山の奥深さを実感する。
DSC02451.jpg

一日の疲れからか、皆午後6時半頃テントの中でシュラフに潜り込み就寝する。
夜中にトイレに起きテントの外に出ると、頭上には満天の星が輝いている。
天の川も良く見える。
明け方はさすがに少し寒さを感じる。



7月11日(土) 晴れ

【コースタイム】
テント場(5:00)~北戸蔦別岳(5:10)~戸蔦別岳(6:34/6:47)~肩(8:35/8:40)~幌尻岳(9:28/10:07)~肩(10:55/11:05)~戸蔦別岳(11:55/12:20)~北戸蔦別岳(15:03/15:10)~テント場(15:15)

午前4時に起床し、朝食を食べ、幌尻岳へ登るための準備をする。
DSC02454.jpg

午前5時、少ない荷物で幌尻岳へ向けて出発する。
10分ほどで北戸蔦別岳(1912m)山頂に着く。
DSC02455.jpg

山頂にはテントが3つ張られている。
朝日を浴びる幌尻岳を目の前に、まずは戸蔦別岳を目指す。
DSC02456.jpg

ハイマツの中の歩きにくい道を行き、岩峰を越えて戸蔦別岳との鞍部へ下る。
戸蔦別岳直下の急坂を登り、6:34、戸蔦別岳(1959m)へ着く。
DSC02469.jpg

山頂からは花の綺麗な道を下って行く。
DSC02487.jpg

DSC02458.jpg

DSC02466.jpg

DSC02488.jpg

DSC02485.jpg

鞍部まで下り立つと、左手に七つ沼カールを見下ろし、その先の幌尻岳が美しい。
DSC02472.jpg

振り返れば戸蔦別岳の鋭鋒が青空に突き出ている。
DSC02482.jpg

最低鞍部から見上げるほどの急坂を登り幌尻岳の肩に出る。
肩からは緩やかな稜線の道を歩いて、9:28、幌尻岳山頂に着く。
DSC02493.jpg

山頂では幌尻山荘から来た人や新冠林道を歩いて登ってきた人たちが憩っている。
我々も食事をしてゆっくりと眺望を楽しむ。
10:07、名残り惜しいが下山にかかる。
肩から戸蔦別岳を越え、15:03、北戸蔦別岳へ出る。
山頂には小学生くらいの子供と父親がテントを張っている。
15:15、テント場へ下る。
少し休んで午後5時ごろ夕食を食べていると、昨日のシカがまた現れる。
DSC02501.jpg

すぐそばまで来て草を食んでいる。
DSC02502.jpg

食後に美味しいコーヒーを沸かし、幌尻岳を見ながら至福の時を過ごす。
今日も午後6時半にはシュラフに潜り込む。
夜になっても風もなく暑いくらいである。
明け方までぐっすりと眠りにつく。



7月12日(日) 晴れ

【コースタイム】
テント場(6:25)~ヌカビラ岳(6:50)~トッタの泉(7:55/8:15)~谷出合(8:45/8:55)~二ノ沢出合(9:45/10:00)~取水口(10:27/10:43)~チロロ林道ゲート(11:26)

今日も朝4時に目覚め、朝食を食べた後テントを撤収する。
6:25、下山にかかる。
DSC02504.jpg

ヌカビラ岳を越えて下降し、7:55、トッタの泉の水場に着く。
3日ぶりの泉の水を浴びるほど飲む。
登りではあれほどしんどかったが、下りは楽である。
急坂をアッという間に下り、8:45、二ノ沢に出る。
登りで残っていたスノーブリッジは崩れてしまっている。
沢筋を下り、二ノ沢出合で休憩をする。
沢の水で顔を洗うと気持ちがいい。
DSC02512.jpg

後はのんびりと歩き、取水施設から林道に出て、11:26、ゲートを越えて駐車場へ戻る。
日曜日とあって、20台近くの車が停まっている。
DSC02514.jpg

Yさんが、橋の下の川で竿を出すと、少しの間にオショロコマが4匹ほど釣れる。(すぐにリリース)
北海道の沢はどこも魚影が濃いということである。

車でチロロ林道を走り、日高町の道の駅で昼食を食べる。
途中で今晩のおかずの買い出しをして、夕方白銀荘へ戻る。
先ずは温泉につかり、3日間の汗を温泉で流す。
夕方、テント場になっている芝生の上で十勝連峰を見ながら夕食を食べる。
荷物を整理してからベッドに入り就寝する。



7月13日(月) 曇り時々雨

いよいよ今日は名古屋へ帰る日である。
朝7時に起きてすぐ温泉に入る。
食堂で朝食を食べた後、ザックを整理して宅配便に預ける。
もう少し北海道に残るYさん夫妻と別れ、9時半に宿を出発する。
車で15分くらいにある望岳台という十勝連峰の展望台に立ち寄る。
雨が降り始め山頂は雲の中である。
DSC02515.jpg

富良野を過ぎて美瑛のパッチワークの丘まで行き、写真家の前田真三ゆかりの「拓真館」で作品を鑑賞する。
前田真三が美瑛の美しい風景を全国に紹介してからここが有名になったそうである。
富良野に戻りラベンダーで有名な「ファーム富田」へ立ち寄る。
月曜日ににもかかわらずすごい数の観光客でごった返している。
ファイル 2015-07-14 6 41 30

ラベンダー畑を見学後占冠ICから道東道に乗る。
午後1時過ぎレンタカー会社へ戻る。
空港へ送ってもらい、昼食を食べて飛行機を待つ。
予定では、15:10発であったが、整備の関係で30分以上遅れ、15:50、新千歳飛行場を飛び立つ。
途中窓から外を覘くと富士山が雲の上に浮かんで見える。
ファイル 2015-07-14 6 42 36 

17:30、中部国際空港に着く。
午後6時過ぎ無事名古屋へ帰り着く。



今回の幌尻岳山行は、3日間とも最高の晴天に恵まれて印象に残る山行となった。
久し振りのテント山行で、重い荷物を担ぐ体力がまだまだ不足していると実感した。
北海道の山は、奥が深く、百名山といえども簡単には登れない。
2000mほどの山であるが、本土では3000級に匹敵するほどの気候で、高山植物や氷河が削ったカールが美し山であった。

最後になるが、我々の今回の山行をリードして下さったYさん、また現地で食事等で大変お世話になった奥様には感謝の気持ちで一杯である。

これからも機会があれば北海道の山々を訪れてみたい。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
涼しい谷を登り、展望の山頂へ
2015/07/16(Thu)
7月15日(水)

野坂山地:岩籠山(いわごもりやま)(765.1m)

登山教室で、福井県敦賀市にある敦賀三山の一つ岩籠山へ山行する。
     iwagomoriyamamap.jpg

iwagomoriyama.jpg

【天気】 快晴
実況天気図(2015年07月15日)

【コースタイム】
市橋登山口(8:25/8:40)→稜線分岐(11:00/11:45)→岩籠山(12:20/12:35)→インディアン平原(12:45/12:55)→下降点(13:30)→駄口登山口(15:00/15:45)



受講生、指導員合わせて17名の参加を得て、朝6時40分にマイクロバスで出発する。
名神、北陸道を走り、敦賀ICを出て、R8号の市橋交差点で右へ曲がり、8:25、市橋登山口駐車場へ着く。
現地はよく晴れていい天気である。
DSC02518.jpg

準備をして、8:40、岩籠山へ向けて出発する。
林道を少し歩き、登山届ポストのある登山口から谷に沿った登山道へ入る。
DSC02520.jpg

涼しい谷筋の道を何回か左右に渡り返しながら登っていく。
DSC02521.jpg

途中には5mほどの滝も現れる。
DSC02522.jpg

4つほど堰堤を越えて行くと、段々と傾斜がきつくなる。
谷の水が涸れてくると、道は右手の斜面の急登となる。
2時間ほど登り、夕暮山との分岐の稜線に出る。
DSC02528.jpg

涼しいブナ林の下で少し早い昼食をとる。
昼食時、足に自信のある人は夕暮山へピストンしてくる。
昼食後、ブナ林の中を通って岩籠山を目指す。
        DSC02529.jpg

一旦少し下って登り返し、12:20、岩籠山山頂へ着く。
山頂からは眼下に敦賀湾がよく見える。
DSC02532.jpg

すぐ横には野坂山地の盟主、野坂岳が大きい。
DSC02536.jpg

全員で記念撮影をする。
DSC02531.jpg

山頂から10分ほど歩いて、巨石の点在するインディアン平原に行く。
DSC02538.jpg

ここからの敦賀湾や西方ヶ岳の眺めも素晴らしい。
DSC02540.jpg

巨石の上に登る人もいる。
DSC02539.jpg

気持ちのいい平原の中を下る。
DSC02543.jpg

急坂を下り、再び登り返し、ブナの林の続く稜線を行く。
DSC02544.jpg

途中左手に崩壊地を見て少し登ると、駄口へ下る下降点に出る。
東の急な尾根を下り、途中大岩を過ぎて下って行く。
1時間ほど下ると、道は尾根から谷へと下りていく。
谷を10分ほど歩き、15:00、「しのはらドライブイン」のある駄口登山口に下り立つ。

バスに乗り込み、敦賀ICそばの日帰り温泉で汗を流し帰途につく。
北陸、名神道を走り、午後6時半ごろ名古屋へ帰る。



台風が近づく暑い日であったが、梅雨明け間近を思わせる晴天に恵まれ、涼しい谷歩きとブナの緑に癒された山行であった。
山遊人
この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |