FC2ブログ
2015 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2015 03
まあまあの霧氷着く三峰山(奈良県)
2015/02/19(Thu)
2月18日(水)

高見山地:三峰山(1235.2m)

登山教室で、奈良県高見山地の霧氷で有名な「三峰山」へ山行する。
    miunemap.jpg

miune_20150219122132ec9.jpg 

【天気】
日本海側、太平洋側を低気圧が通過し、夕方までは雨が予想される天気である。
実況天気図(2015年02月18日)

【コースタイム】
みつえ青少年旅行村(9:45)→休憩小屋(10:25)→避難小屋(11:38/12:00)→三畝峠(12:15)→三峰山(12:28/12:33)→八丁平(12:38)→三畝峠(12:48)→新道峠(13:21/13:30)→林道出合(14:00/14:07)→みつえ青少年旅行村(14:48)



受講生等16名、指導員4名の参加を得て、午前7時前にマイクロバスで出発する。
東名阪道を走り名阪国道上野ICから名張を経てR368を南下し、奈良県御杖村の「みつえ青少年旅行村」の駐車場へ午前9時半前に着く。
現地は小雨の降る天気で、すぐに上下の雨具を着る。
DSC01589.jpg 

9:45、準備を整えて出発する。
DSC01590.jpg 

橋を渡って林道を少し行き、右手の登山道を登り出す。
30分ほど杉林の急坂を登り、林道に出て休憩小屋に着く。
トイレも設置されたきれいな小屋である。
DSC01591.jpg 

ここから尾根道に取付き、徐々に高度を上げて行く。
だんだん道に雪が増えだし滑りやすいので途中でアイゼンを着ける。
DSC01592.jpg 

ガスも立ち込め、少しずつ霧氷も着き出した幻想的な風景の中を上がって行く。
DSC01593.jpg 

11:38、避難小屋に着く。
小屋の中は先着のパーティーでいっぱいである。
我々もここで昼食を食べる。
12:00、小雪舞う中小屋を出発し、暫くで稜線上の三畝峠へ出る。
稜線を左手に折れ、15分ほど霧氷の林の中を登る。
この辺りの霧氷がいちばんきれいである。
DSC01594.jpg 

12:28、三峰山山頂に着く。
ガスっていて何も見えない中で全員で記念撮影をする。
DSC01596.jpg 

撮影後すぐに八丁平へ下る。
広い八丁平もガスで見通しが利かない。
DSC01597.jpg
 

あたりの木々には霧氷がかなり発達している。
DSC01599.jpg 

八丁平から山腹を巻いて再び三畝峠へ出て、稜線を西へ新道峠を目指す。
こちらはほとんど踏み跡もなく、先頭は気持ちよくトレースを付けていく。
ヒメシャラの群生地を過ぎ、1102mピークを越えて、14:00、新道峠に着く。
DSC01600.jpg 

DSC01601.jpg 

少し休憩をした後、右手に折れて青少年旅行村へ向けて下山にかかる。
山腹を巻きながら行き、ジグザグを切って下り出すとすぐに林道に出る。
ここでアイゼンをはずす。
薄く雪の積もった林道を下り、青少年旅行村のキャンプ場や遊園地を過ぎて、14:48、駐車場へ戻ってくる。

バスに乗り込み、途中の道の駅にある「姫石の湯」で身体を温める。
名張から上野へ出て、名阪国道、東名阪道を走り、午後6時半頃名古屋へ帰る。



今日は天気予報があまりかんばしなく、名古屋でも明け方まで雨が降っていた。
三峰山の霧氷はあまり期待しないで行ったが、登るにつれ稜線上ではまあまあの霧氷を見ることができた。
風も予想したほど強くなく、教室山行としては今年初めての雪の山を楽しむことができた山行であった。
山遊人

この記事のURL | 山行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |