FC2ブログ
08< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>10

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 09月の記事一覧 
2013
09/29
Sun
Category:山行

秋色間近かな北アルプス:南岳 

9月26日(木)~27日(金)

北アルプス:南岳(3033m)・氷河公園

登山道調査を兼ねて北アルプスの南岳~氷河公園の天狗池へ山仲間と二人で山行する。

minamidake1.jpg
(新穂高温泉~槍平小屋)

minamidake2.jpg
(槍平小屋~氷河公園~横尾)

minamidake3.jpg
(横尾~徳沢~上高地)



9月26日(木)

心配された台風20号もそれ、名古屋では台風一過の爽やかな秋晴れの期待される天気予報である。
今日と明日の1泊2日の予定で、新穂高から槍平に入り、翌日南岳に登り、天狗池の氷河公園を経て、上高地に下りてくるという駆け足山行である。
朝7時に集合して、東海北陸道を走り、午前10時頃平湯のアカンダナ駐車場に着く。
名古屋では爽やかに晴れていたのに途中平湯のあたりからは小雨の降る生憎の天気である。
平湯のバスターミナルから10時半前の新穂高温泉行きバスに乗り11時過ぎ新穂高温泉に着く。
昼食を食べた後、11:30、蒲田川の右俣林道を槍平の小屋に向けて歩き出す。
IMG_3616.jpg

穂高平、白出沢を過ぎて谷に懸けられた橋を渡るとやっと登山道になり徐々に登りだす。
滝谷出合を過ぎ、滝谷を初登攀した藤木九三のレリーフを右に見て、樹林帯を登って行く。
4時間ほど歩いて南沢を過ぎるとまもなく午後3時半頃樹林の中に建つ槍平小屋に着く。
IMG_3617.jpg

小屋はまだ新しく清潔な感じであり、早速受付を済ませ部屋に入る。
夕食前窓から外を見ると、やっと雨も上がり夕日が穂高に当たって赤く焼けているのが木の間越しに見える。
明日の晴天が期待される。
IMG_3623.jpg

夕食の時一緒にいた宿泊者は7人ぐらいで静かな夜を過ごす。
午後7時過ぎには布団にくるまり就寝する。



9月27日(金)

朝4時前に起き、準備をして外に出ると、あたりには一面の霜が降りており、氷点下の朝である(帰ってから小屋のブログを見ると朝6時で-3℃だったそうである)
まだ明けやらぬ空には満天の星がまたたいている。
登山道の計測に使うGPSの設定に手間取り、午前4時半過ぎに南岳に向けて出発する。
ヘッドランプを点けて樹林帯の道を100mほど上がり、旧登山道との分岐の南沢に出る。
平成10年の群発地震で今は南岳西尾根に付け替えらた登山道に入る。
暫くして夜が明け、明るくなり始める。
ここからは標高差500mほどのほぼ直線の急勾配の尾根道である。
IMG_3634.jpg

途中振り返ると、後ろの笠ヶ岳の山頂に朝日が当たり始める。
IMG_3635.jpg

あたりの樹林帯はかなり紅葉も進みだしている。
IMG_3636.jpg


2時間半ほどで救急箱の置かれた2631mのピークに出る。
          IMG_3641.jpg

ここから滝谷を隔てた穂高方面の眺望も開けてくる。
IMG_3643.jpg

後ろの笠ヶ岳にも朝日が山腹まであたり、下部には穂高連峰の黒い影を落として益々大きく浮かんで見えてくる。
IMG_3638.jpg

両側が切り立った尾根道を少し行き、左の南沢へ垂直の階段で下りる。
         IMG_3645.jpg

南沢源頭をトラバースして行くと旧道との分岐点に出る。
まだうっすらと旧道の後が残っている。
ここを右に90°曲がり、南岳西面の岩の堆積したガラガラの道を高度を上げて行く。
IMG_3653.jpg

途中から再び尾根道に出て振り返れば、すっかり陽の当たった笠ヶ岳が青空にクッキリと浮かび、その左肩には白山連峰も見えている。
IMG_3648.jpg

8:50、ようやく南岳小屋の建つ槍穂高の稜線分岐に出る。
IMG_3654.jpg

小屋のご主人のお話を聞くと、今朝は今秋最低の冷え込みで、バケツの中にも厚さ2cmほどの氷が張ったそうである。
IMG_3658.jpg

しばらく休憩をしてから南岳を経て下山にかかる。
5,6分で丸い南岳の山頂に着く。
山頂からはまさに360度の大展望が広がる。
北には槍の穂先が鋭く天を突き、南には大キレットを隔てて北穂高岳から奥穂高岳、前穂高岳北尾根が連なって見える。
IMG_3661.jpg

IMG_3666.jpg

東には常念岳の三角錐が立派である。
IMG_3663.jpg

南東には遠く南アルプスの向うに富士山が頂を覘かせている。
IMG_3664.jpg

大展望を堪能し、更に10分ほど北へ稜線を辿ると、右手に天狗原への下山口が分かれている。
IMG_3669.jpg

クサリ場やハシゴが連続する急な尾根道を30分ほど下り天狗のコルに着く。
IMG_3673.jpg

コルからは、横尾谷右俣のカールの向こうに屏風岩や前穂北尾根が見渡せる。
IMG_3674.jpg

IMG_3682.jpg

ここから尾根を離れて左に折れ、大きな岩のゴロゴロした道を下り、30分ほどで氷河公園の天狗池に着く。
この天狗池はポスターなどにも紹介され、池に映る逆さ槍で有名な撮影ポイントである。
ややさざ波が立っているが、一点の雲もない青空のもと紅葉も少し始まっており、期待通りの風景が目に印象的に焼き付く。
          IMG_3687.jpg

夏の残雪期や紅葉の最盛期には沢山の登山客で賑わうが、平日でまだ紅葉には少し早い時期なのか他に3人ほど登山客がいるだけの静かな池のほとりでしばしの至福の時を過ごす。
この辺りでは紅葉はかなり進んでいる。
IMG_3691.jpg

充分に景色を堪能した後槍沢に向けて歩き出す。
途中で見る紅葉やナナカマドの赤い実と、槍沢の向こうの槍ヶ岳の景色も印象的である。
IMG_3704.jpg

IMG_3707.jpg

11:37、槍沢下部をトラバースして槍沢を下りてくる分岐に出る。
IMG_3710.jpg

ここからは大勢の登山者とすれ違いながら、大曲り、ババ平を経て、11:47、槍沢ヒュッテに着く。
IMG_3713.jpg

上高地発午後5時の最終バスに乗り遅れないよう、ここからはほとんど休みなしに歩き通し、横尾を経て徳沢に出る。
IMG_3715.jpg

徳沢から一気に駆け下り、午後4時半過ぎやっと河童橋たもとに辿りつく。
河童橋から見る穂高連峰には稜線に雲がかかっている。
IMG_3716.jpg

上高地のバスターミナルに16:40に着き、何とか平湯行の最終バスに間に合い、午後5時半過ぎアカンダナの駐車場に戻る。
平湯温泉のホテルで日帰り温泉に入って2日間の汗を流し、午後10時過ぎ名古屋に帰ってくる。



今回の山行は、登山道の調査という役目を兼ねた山行であったが、槍平から南岳までの登山道の調査を終えて、1日で上高地まで下るという歩行時間12時間のやや強行軍の山行であった。
前日は小雨が降っていたが、調査当日は秋晴れの絶好の好天に恵まれ、気持ちのいい山行が出来た。
同行をしてくれた山仲間の I さんにも感謝をしたい!
山遊人
Posted on 15:24:03 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2013
09/28
Sat
Category:山行

今年最後の沢遊び 

9月25日(水)

南信州:万古(まんご)渓谷

教室の受講生7人と一緒に今年最後の?沢遊びに行く。

mangomap_20130928095039f43.jpg



8月に行った南信州の「万古渓谷」は初心者にとって楽しい沢歩きが出来るところである。
今日は結構暑くなりそうで上々の天気である。
朝6時半過ぎに2台の車に分乗して中央道を走り、三遠南信道の天竜ICを出て、泰阜村から林道を走り、9時半前に「二軒屋キャンプ場」の駐車場に着く。
他には一台も車は停まっていない。
沢靴に履き替え準備を整えて、9:45、万古川に架かる赤い「鎌倉橋」下から入渓する。
R0010496.jpg

最近雨が降ったのか、川の水は笹ニゴリである。
キャンプ場横の広い河原を少し歩いて小さな淵にさしかかる。
本格的な沢歩きは初めての人もおり、緊張気味に通過する。
R0010497.jpg

15分ぐらいで「関小屋の滝」が右手に現れる。
「千本立」という看板が立っているところを過ぎ、10:30、いよいよ最初の淵が現れる。
ここでストックをしまい、クサリと足場のボルトを頼りにして、淵をヘツッていく。
R0010502.jpg

R0010507.jpg

淵を無事通過し、河原でしばし休憩をとる。
R0010510.jpg

次の淵はかなり高い所にクサリがついており、落ちないように慎重に登る。
R0010515.jpg

細心の注意で上のクサリまで辿りつく。
R0010517.jpg

二つの淵を過ぎ、11時半過ぎ「魚止の滝」の下に出る。
今日の予定はここまでなので、滝下の河原で昼食を摂る。
そばに大きなガマガエルが居り、気温が低いのかほとんど動かない。
R0010518.jpg 

滝下のしぶきに打たれながら皆で記念撮影をする。
R0010523.jpg 

12:10、来た道を下りにかかる。
来るときはヘツッてきた淵も帰りは滑り降りたりして楽しみながら下る。
R0010526.jpg 

皆水に慣れてきて積極的に滑り降りて楽しそうである。
R0010535.jpg 

しばし童心に帰っての沢遊びである。
R0010536.jpg 

午後2時前に駐車場まで戻り、途中の下條村の「コスモスの湯」で汗を流す。
中央道を走り、午後6時過ぎに名古屋へ帰る。



今日は沢歩きの初心者もいて、沢の装備、歩き方などのトレーニングにはいい山行であった。
ただ、沢歩きは落ちたりしたら大きな事故になる恐れもあるので、充分に注意をしてこれからも沢歩きを楽しんでいただきたい。
山遊人
Posted on 11:35:06 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2013
09/20
Fri
Category:山行

秋風吹き渡る笹原の白草山 

9月19日(木)

裏木曽:白草山(1641m)・箱岩山(1669m)

山岳会の同期会仲間と裏木曽の「白草山・箱岩山」に山行する。

sirakusamap.jpg

sirakusa.jpg



昨日に引き続き秋晴れが続く絶好の登山日和である。
朝7時前に集合し、13名の参加を得て、マイクロバスで中央道を走り、中津川ICを出てR257を下呂方面へ走る。
舞台峠を越えて乗政で右に折れ、乗政温泉から狭くなる林道をキャンプ場を越えて、9:20、黒川林道の白草山登山口に着く。
IMG_3575.jpg

準備をして、9:33、車止めの横を抜けて林道を歩き出す。
IMG_3574.jpg

IMG_3576.jpg 

30分ほど歩いて左手の大きな岩壁を過ぎるとまもなく林道終点の登山口に着く。
橋を渡って登山道に入り、山腹の道を徐々に登っていく。
IMG_3578.jpg

30分ほど登ると尾根道になり、樹林帯が切れると笹の中の道になる。
IMG_3580.jpg

徐々に視界も開けてきて左右に箱岩山や白草山の山頂が見えてくる。
11:30、箱岩山との分岐点に出て少し行くと、突然目の前に大きな御嶽山がスックと姿を現す。
IMG_3583.jpg

右手に見えるなだらかな白草山山頂を目指して気持ちのいい笹原を行く。
IMG_3584.jpg

11:40、視界の開けた白草山山頂に着く。
地獄谷の赤茶けた地肌を正面にして雄大な御嶽山が聳えており、その左肩には乗鞍岳も見えている。
IMG_3598.jpg

南には裏木曽の最高峰小秀山の樹林の黒々とした山頂が見える。
他に誰もいない山頂でゆっくりと昼食を摂っていると、鞍掛峠の方から6、7人のパーティーが登ってくる。
昼食後全員で記念撮影をする。
IMG_3591.jpg

12:15、御嶽山を正面に見ながら箱岩山に向けて来た道を少し戻る。
IMG_3593.jpg

緑の笹原の中につけられた道の先に箱岩山を望みながらのんびりと歩く。
IMG_3595.jpg

分岐まで戻って10分ほど登り返し、12:35、3等三角点の建つ箱岩山山頂に着く。
山頂は東や南は樹林に遮られて眺望がきかない。
山頂で記念撮影をする。
IMG_3599.jpg

箱岩山からはもと来た道を下山にかかる。
午後2時前橋を渡り林道に出て、30分ほど林道を歩いて午後2時半バスの待つ駐車場に戻る。

帰りに「付知峡倉屋温泉」で汗を流し、午後6時過ぎ名古屋に帰ってくる。



久し振りの白草山であったが、ここからの御嶽山の雄姿はいつ見ても見応えがある。
山頂に秋の新雪が来る頃か、春の残雪の頃だと更に印象深い御嶽山が眺められるだろう。
山遊人

Posted on 23:55:00 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2013
09/19
Thu
Category:山行

秋空澄みわたる南木曽岳 

9月18日(水)

木曽:南木曽岳(1677m)

登山教室の月例山行で、木曽の「南木曽岳」へ山行する。

         nagisomap.jpg

nagiso.jpg



9月に入り不順な天候が続き、なかなか山行が実施できなかったが、台風18号が去った秋晴れの一日、やっと山行が実施できる。
半月以上も山に行かなかったので身体がなまり気味である。

15名の受講生と4名の指導員の参加を得て、朝7時前にマイクロバスで出発する。
午前8時半過ぎ南木曽町の「蘭キャンプ場」を少し登った登山口駐車場に到着する。
準備、ストレッチを済ませて8:50、林道ゲート横の登山道から出発する。
IMG_3550.jpg

15分ほど林道を歩いて、南木曽岳登山口から登山道に入る。
堰堤を越えて緩やかに登り、9:25、下山道との分岐点に着く。
IMG_3552.jpg

ここから左手の上り専用道に入り、「金時の洞窟」や、「金名水」の水場を通り、いよいよ急な尾根に取り付く。
途中木曽五木の一つ「コウヤマキ」の原生林を過ぎると長い鎖場のある急坂が待っている。
更に急登の道を行き、10:20、左側が崩壊している岩場に出て小休止をする。
IMG_3556.jpg

ここは以前からあるクサリ場の道と右側につけられた木の階段状の道に分かれる。
IMG_3407.jpg

ここを過ぎると更に勾配が増し、喘ぎながらの登高が続く。
途中では恵那山や南木曽の町が見えるところもある。
30分ほどでやっと「カブト岩」が見えるところを過ぎ、尾根道に出てしばらくで、11:15、樹林の中の南木曽岳山頂に出る。
ここで記念写真を撮った後、稜線の道を避難小屋へ向けて歩く。
IMG_3559.jpg

途中の大岩の展望台に登ると、御嶽山や乗鞍岳が秋の青空に聳えているのが見える。
15分ほどで赤い屋根の避難小屋を過ぎ、12:35、展望図の看板が建つ小屋上の展望地に着く。
ここからの眺めは最高で、手前に御嶽山が大きな裾野を引いて雄大に聳え、その右には乗鞍岳から遠く槍穂高連峰も霞んで見える。
北には中央アルプス連峰が連なっている。
IMG_3563.jpg

IMG_3564.jpg

ここでゆっくりと昼食を摂る。
IMG_3560.jpg

昼食後、中央アルプスをバックに全員で記念撮影をする。
IMG_3567.jpg

12:10、下山にかかる。
途中、摩利支天までの稜線上には紫のリンドウの花が道の両側一面に咲いている。
IMG_3568.jpg 

摩利支天の稜線からは南アルプス南部の赤石岳方面もよく見える。
一旦少し下って再び「摩利支天」まで登り返し、左手の下山道を下りにかかる。
すぐに激下りになり、不安定なハシゴやクサリのついたまさに転げ落ちるような急坂を細心の注意を払って下りる。
IMG_3572.jpg

急坂を1時間ほど下り、午後2時、やっと登りに通った分岐点に着く。
もと来た道を30分ほど下って14:30、バスの待つ駐車場に下山する。

帰りに南木曽温泉で汗を流し、中央道を走り午後5時半名古屋に帰る。



心配された台風の被害もなく、絶好の登山日和に恵まれ、山頂からの展望を大いに楽しむことが出来た山行であった。
南木曽岳は、短いけれども急登の山として知られているが、参加された皆さん全員無事登高でき、また自信がついた山行であったと推測する。

山遊人
Posted on 23:24:19 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)