FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  331

雨で敗退の剱岳(長次郎谷)

8月3日(土)~4日(日)

北アルプス:剱岳(2999m)

山仲間2人と一緒に長次郎谷(ちょうじろうたん)からのルートで剱岳へ山行する。

          turugi.jpg



朝5時前に名古屋を出発し、東海北陸道・北陸道と走り、8時半前に立山駅に到着する。
夏休み中の土曜日のためか駅近くの駐車場はどこも満車状態であり、常願寺川の橋を渡って左に入った駐車場の一番奥に何とか駐車する。
8:40のケーブルで美女平に上がり、9:00発の室堂行きバスに乗ることが出来る。
IMG_3218.jpg 

バスの車中からは豊富な雪解け水を集めて豪快に流れ落ちる称名の滝が見える。
IMG_3220_20130805083701671.jpg 

弥陀ヶ原より下はガスがかかりあたりの景色は見えなかったが、弥陀ヶ原を抜ける頃からガスが切れ始め剱岳が姿を現す。
IMG_3221_201308050837034ce.jpg 

9:50、大勢の観光客で賑わう弥陀ヶ原に着く。
すっかりガスが切れ、立山三山が晴天の空にクッキリと見えている。
IMG_3222.jpg 

10時過ぎ準備を整え、今日の宿泊地剱沢のテント場に向けて歩き出す。
ミクリガ池の後ろにはこれから登る雷鳥沢から別山乗越のあたりがクッキリと見えている。
IMG_3225.jpg 

30分ほど歩き沢山のテントが張ってある雷鳥沢のテント場に着く。
IMG_3226.jpg 

今日は時間も早いので、いつもの雷鳥沢からの道ではなく、新室堂乗越へ上がり、大日岳からの尾根通しの道から別山乗越を目指す。
こちらの道は距離は少し長いが、尾根通しに緩やかに登っていく。
新室堂乗越のコルを右に折れ途中まで登ると、眼下に雷鳥沢から室堂のあたりが小さく見える。
IMG_3231.jpg 

途中にはコバイケイソウやチングルマの群生地もある。
IMG_3234.jpg 

さすがに重い荷物に喘ぎ喘ぎしながら登り、13:15、別山乗越に着く。
別山乗越から見る剱岳は、山頂にはガスがかかっているが八つ峰方面が見えている。
IMG_3235.jpg 

今日のテント場の剱沢に向かって200mほど下り、午後2時前に剱沢野営場に着く。
すでに沢山の色とりどりのテントが張られており、我々は管理小屋から少し上の台地にテントを張る。
一服していると時々ガスの切れ間から剱岳の山頂が姿を現す。
ここから見上げる剱岳の雄姿は、北アルプスでも一番好きな風景であり、いつもながら何度見ても見飽きることがない。
IMG_3238.jpg 

まだ夕食には早いので剱を眺めながらゆったりとした時間を過ごす。
IMG_3239.jpg 

午後5時頃から夕食を食べ、6時過ぎにはテントに入る。
明日からの晴天を願って午後8時にはシュラフに潜り込み就寝する。
夜中に目が覚めて、テントを開けて空を見上げると、満天の星空のもと漆黒の空に剱岳が聳えている。
きっと明日は晴天になるだろと期待して再び眠りにつく。

8月4日、朝3時過ぎ目が覚め、暗い中朝食の準備をする。
4時前頃から剱岳への稜線にはヘッドランプの光が続いているのが見える。
朝食を食べていると、明るくなり始めた4時半ごろからガスがかかり始め、ポツポツと雨も降り出してくる。
少し様子を見ようと待っていると雨は段々と本降りになってくる始末である。
ガスもますます濃くなりあたりが全く見えなくなってしまう。
携帯で天気予報を見ると、今日は時々小雨の天気で、明日は更に悪くなる予報である。
残念ながらこれでは長次郎谷からの登高は無理と諦め、午前7時、今回は撤退することに決定する。
雨の中濡れたテントを撤収し、7時半に昨日登ってきた道を下山にかかる。
10時半前室堂に着き、10:40のバスに乗って12時前立山駅に下り立つ。
山麓は暑いくらいの晴天である。
駐車場には昨日よりはさらに車が増え、駐車した車が道路まであふれている。
すぐ近くのホテルで温泉につかり、汗と雨に濡れた身体をさっぱりとして、午後2時、名古屋への帰途につく。
蛭ヶ野あたりでは渋滞に巻き込まれたが、午後6時過ぎ名古屋に帰ってくる。



以前から念願だった長次郎谷からの剱岳山行を計画したが、今回は残念ながら天候に恵まれず撤退するはめになってしまった。
以前に山岳会の方に連れて行ってもらい感動が大だったので、来年はもう一度リベンジして是非登ってみたいと仲間と誓い合った山行であった。
山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |