FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  257

意外に手ごわい三周ヶ岳

 8月7日(火)

           sansyu.png 

登山教室の受講生の方々4人と越美山地の「夜叉ヶ池」と「三周ヶ岳」へ山行する。
sansyuumap.jpg 

sansyugatake.png 



夏空の晴天が期待される一日、朝7時前に集合して、名神、北陸道を走る。
木之本ICからR303を走り、坂内村から池ノ又林道をさかのぼり林道終点の駐車場に午前9時前に着く。
広い駐車場には先行者の車が一台停まっているだけである。
R0010064.jpg 

準備、ストレッチをして9:10夜叉ヶ池に向け出発する。
R0010065.jpg

沢を2、3回横切り、ジグザグ道を少し登り、山腹の水平道に取り付く。
このあたりの道はブナの林が夏の強い日差しを遮って心地よい。
R0010108.jpg 

30分ほど歩くと、谷の奥に「夜叉壁」が見えてくる。
R0010067.jpg 

水場を過ぎ、10:05「幽玄ノ滝」に出る。
やや水量が少ないが、涼しげな水が流れ落ちている。
若返りの水という夜叉姫の御利益にあずかれるよう皆滝の水を浴びる。
        R0010070.jpg

R0010074.jpg   

谷を渡り右岸山腹からは「昇竜の滝」を落として夜叉壁が眼前に迫る。
R0010076.jpg 
この辺りにはピンクのシモツケソウやシシウドがたくさん咲いている。
R0010075.jpg 

少し先から稜線までは岩場の登りが続く。
クサリやロープにつかまりながら急斜面を登っていく。
R0010080.jpg 

10:50三周ヶ岳への稜線に出て、反対側へ少し下り夜叉ヶ池湖畔に出る。
R0010083.jpg 

以前にはなかった立派な桟橋が出来ている。
他に誰もいない湖畔の桟橋で、静かな湖面を見ながらしばらく休憩する。
R0010085.jpg 

再度稜線に登り返し、道を北に三周ヶ岳を目指す。
すぐ上の稜線から振り返ると、ひっそりと静まり返り碧い水をたたえた夜叉ヶ池が俯瞰される。
R0010102.jpg 

その先の大岩の岩場を越えるあたりからは笹と灌木の手強いブッシュの道が続き、先には目的の三周ヶ岳が聳えている。
R0010088.jpg  

ちょうど12時に小広場のあるピークに着き、ここで昼食を摂る。
R0010092.jpg 

昼食後はますます厳しくなる背丈を越えるようなブッシュをかき分けながらの登りが続く。
R0010094.jpg 

13:10やっと一等三角点の建つ三周ヶ岳山頂に出る。
R0010095.jpg 

R0010096.jpg 

狭い山頂には標識がまったくない。
山頂からは能郷白山方面や伊吹山などを望まれる。

少し休んだ後、もと来た道を引き返す。
下りもブッシュに手こずり予想外に時間がかかる。
夜叉ヶ池に出て、また岩場を注意しながら下山する。
R0010105.jpg 

夜叉壁が夕方の日を浴びてまた違った表情を見せている。
R0010107.jpg 

下山も予想外に時間がかかり、午後4時半ようやく登山口の駐車場に下りてくる。



今回は教室の皆さんにとっては、岩場の登り方ややぶ漕ぎの仕方など新しい体験もできた山行であったと思う。
特に今回体験したようなやぶ漕ぎは、これからいろいろな山へ行かれると必ず必要となる登山技術である。
こういった機会を利用してマスターしていただきたいと思う。
朝9時過ぎから夕方4時半まで、参加された皆さん全員頑張って歩き通すことが出来、自信がついた山行であったことを期待したい。 

                                山遊人
別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |