FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  254

雨の中央アルプス:池山

 7月21日(土)

              ikeyama.png 

所属する会の登山教室で、中央アルプスの「池山」に山行する。
ikeyamamap.jpg

ikeyama.jpg  



梅雨が明けたばかりと言うのに、昨日から雨が降り、今日も天気が心配される。
受講生12名、指導者3名、合わせて15名の参加を得て、朝7時にマイクロバスで出発し、中央道の駒ヶ根ICを出て、菅野台バスセンターに午前9時前に着く。
そこから駒ヶ根高原スキー場を通り、本来ならここから登り始める予定であったが、更に林道を上がり、途中の駐車場まで行く。
すでに小雨が降る天候である。
ここで準備運動をして、10:00に登り始める。
R0010042.jpg 

尾根上の道を少し登るとすぐに「三本木地蔵」という小さなお地蔵さんが祀られたところに出る。
R0010044.jpg 

更に少し登り、10:20かつて駐車場があった林道終点に出る。
雨が少し強くなりだしたので、東屋の中でカッパを着る。
ここから登山道になり、入口には登山者カードポストも置いてある。
山腹に大きくジグザグに付けられた緩やかな道を行き、11:07「鷹打場」という池山へ直接登る道との分岐点に出る。
R0010046.jpg 

我々はここから池山避難小屋へ出る巻き道を行く。
R0010049.jpg 

水場を通り、12時過ぎ三角屋根のきれいな池山避難小屋へ着く。
R0010053.jpg 

小屋の中は清潔で広く、20人ぐらいは寝られそうな広さで、トイレも設置されている。
ここで濡れたカッパを脱いで、ゆっくりと昼食を摂る。
R0010051.jpg 

昼食を済ませ、12:45池山へ向けて出発する。
緩やかな尾根通しの道を行き、13:02池山山頂に着く。
晴れていれば、宝剣岳をはじめとした中央アルプスの主峰が千畳敷カールの背後に広がって見えるのだが、今日はガスで何も見えない。
R0010054.jpg 

R0010055.jpg 

山頂で記念撮影をする。
R0010056.jpg 

山頂からは尾根通しの道を下り、鷹打場を経て、バスを降りたところに出て、更に下のスキー場横を通り、午後3時にスキー場駐車場に着く。
ここでバスに乗り込み、駒ヶ根高原の温泉で汗を流し、午後6時半無事名古屋に帰ってくる。



今回は久しぶりに雨の中の登山教室となり、池山からの展望が得られなかったのは残念であったが、参加された受講生の皆さんにとって、雨の中の歩行のいい経験になったのではないかと思う。

                            山遊人

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |