FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  142

早春の奥浜名の里山を歩く

1月23日(土)
          jougamine尉ヶ峰

所属する山岳会の同期会(山路会)の今年最初の月例山行で、静岡県奥浜名の尉ヶ峰(じょうがみね)に山行する。
尉ヶ峰は浜名湖最奥の引佐細江の北東に位置する展望のいいことで知られた人気のある山である。
天候にに恵まれれば富士山や南アルプス南部の山々を望むことができる。

 


jougaminemap01.jpg
jougaminedanmen.jpg 
今回の参加者は9名で、朝7時に名古屋駅に集合し、JR東海道本線で新所原まで行き、そこから天竜浜名湖鉄道に乗り換え、9時過ぎ西気賀駅で下車する。
名古屋では曇り空であったが、現地は温暖な気候で、里山歩きには絶好の天気である。
無人の西気賀駅前で準備運動をしてから、9時半過ぎに歩き出す。
踏切を渡り、案内板に従い、両側にみかん畑の広がる斜面を緩やかに登っていく。
jougamineP1000942.jpg 

姫街道を横切り、車道に出て、案内に従って登山道に入る。
jougamineP1000946.jpg 

シダや灌木の茂る山道を緩やかに登り、幾度か林道を横切り、1時間ほどで尾根上の佐久米道との分岐に出る。
休憩中に参加者からいただいたすばらしく大きな甘いイチゴに舌鼓。
jougamineP1000949.jpg 

途中では、時々木の間越しに浜名湖を見下ろすことができる。
jougamineP1000951.jpg 

しばらくで、東屋やトイレのある駐車場に着く。
そこの展望台から遠く尾根越しに富士山の頭が雲の間から少し見える。(写真ではよくわからない)
jougamineP1000953.jpg 

階段を登り、頂上直下の「獅子落し」と名付けられた岩の急登を15分ほど登る。
jougamineP1000957.jpg 

jougamineP1000960.jpg 

約2時間弱で山頂に到着する。
山頂からは、眼下に浜名湖が見え、遠く太平洋もキラキラと輝いている。
jougamineP1000969.jpg 

ここの山頂には、イノシシの親子の像があり、かわいい縞模様のウリボウもいる。
jougamineP1000968.jpg 

山頂のベンチでゆっくりと歓談をしながら昼食を食べ、早春の山を満喫する。
jougamineP1000966.jpg 

12時過ぎ佐久米道への尾根道を下山にかかり、1時間ほどで引佐峠に出て、ここから江戸時代の東海道の脇街道である姫街道を下っていく。
jougamineP1000972.jpg 

この姫街道は石畳の道が残っており、途中には昔のお姫様行列が休憩をしたという姫岩などの遺跡もある。
jougamineP1000973.jpg 

jougamineP1000978.jpg 
        我が会のお姫様連(姫岩の上で) 

姫岩の近くには石仏も祀られている。
jougamineP1000980.jpg 

みかん畑の中の道を湖を見ながらのんびりと下る。
jougamineP1000975.jpg 

2時前に西気賀駅に下山し、駅舎の喫茶店で一服をしたり、みかんの買い物をしたりして、午後2時半前の電車に乗る。
途中の駅では餌付けされたユリカモメがを見るためにわざわざ電車が停まってくれる。
jougamineP1000990.jpg 

途中東都筑駅で下車して温泉へ行き、汗を流して、午後6時過ぎに帰名する。

厳寒期の山行であったが、奥浜名の温暖な里山をのんびりと歩き、早春の山を満喫できた今年初めての同期会山行であった。
                                  山遊人

 

別窓 | 山行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |