FC2ブログ

山遊人の徒然日記

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。
No  139

新雪深い養老山

1月3日(日) 

       yoro.png 
年末からの寒波の襲来で、当名古屋地方も大晦日から雪が降り、今年は恒例の元旦登山が出来なかった。
やっと天候も回復した3日、今年初めての山行に養老山へ出かける。
6時半に家を出て、7時半過ぎに養老へ着く。
滝上の駐車場への林道を登るも、積雪がかなりあり、途中の急坂をスタッドレスをはいていても登ることが出来ない。
しかたがないので引き返して、下の養老公園駐車場に停める。
yoroP1000814.jpg 

8時前、滝への遊歩道を歩きだし、養老の滝を通り滝上の駐車場に行く。
      yoroP1000816.jpg 

林道登山口から谷に降り、三方山斜面をジグザクに登り、10時頃尾根上のベンチのある休憩所に着く。
既にかなりの積雪があり、ここからスノーシューを着ける。
一人で先を歩いていた登山者は、ワカンもなく歩きにくそうで、途中で抜き去る。
前日のトレースがついているが、かなり時間がかかり、2時間以上の登りでやっと三方山に辿りつく。
山頂からは、木曽三川が蛇行する濃尾平野が見下ろせる。
yoroP1000825.jpg 

展望を楽しんでいると、15人ほどの大勢のパーティーが登ってくる。
近江の浅井の方々で、今日はここまでということである。
三方山から稜線の笹原峠への道はまだ誰も歩いていないようで、トレースがついていない。
yoroP1000828.jpg 

どうするか迷ったが、小倉山までは行ってみることにする。
スノーシューを着けていてもかなり潜り、両側の樹木が雪の重みで垂れ下がって通りにくい道を笹原峠から左に折れて、吹き溜まりでは雪が1m近くある稜線を小倉山までラッセルである。
yoroP1000836.jpg 

小倉山直下の斜面では、膝までの雪をかき分けて苦労する。
12時過ぎ、やっと小倉山山頂に着く。
山頂では50cm以上の積雪である。
yoroP1000845.jpg 

北には養老山地最高峰の笙が岳が聳えている。
yoroP1000840.jpg 

風が強いので養老山へ行くことはあきらめ、早々に下山にかかる。
途中4,5人が登ってくる。
下りはスノーシューを着けているので1時間半ほどで滝まで下り、午後2時過ぎに駐車場へ帰着する。

予想外の積雪で養老山には登れなかったが、今年初めてトレースの着いていない新雪の道をスノーシューで歩き、雪遊びをすることが出来て楽しい山行であった。
                            山遊人

別窓 | 山行 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 山遊人の徒然日記 |