FC2ブログ
09< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>11

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 10月の記事一覧 
2009
10/28
Wed
Category:山行

秋空にバラグライダー舞う入道ヶ岳 

10月28日(水)
            nyudo.png 

高気圧が張り出した秋空の一日、所属する山の会の同期の仲間たち10人で、春にはアセビの群落で有名な鈴鹿山系の入道ヶ岳へ山行する。

          nyudomap.jpg   
                                  (GPSで歩いた軌跡をとり、地図に落しました)

コースタイム
椿神社9:40 → 9:50井戸谷道分岐 → 10:40滝谷道分岐 → 11:45入道ヶ岳12:40 → 14:15宮妻峡キャンプ場



7:15に名古屋駅へ集合し、近鉄で四日市まで行き、バスに乗り換えて椿神社へ9:10に到着する。
神社横の広場で準備運動をして、9:40入道ヶ岳へ向けて出発する。
nyudo01DSCF1878.jpg 

一日天気もよさそうなので、秋の山を楽しもうと、皆張り切って軽い足取りである。
井戸谷道の分岐を越え、河原を渡り、頭上に入道ヶ岳を仰ぎながら二本松尾根道に取りつく。
nyudo02DSCF1883.jpg 

しばらく杉林の中の谷沿いの道を登り、1時間ほどで中間点である滝谷道との分岐に出る。
ここから二本松尾根通しの道になり、避難小屋を越えて、ぐんぐんと高度をあげていく。
nyudo03DSCF1887.jpg 

天然記念物に指定されているアセビとイヌツゲが混じる胸突き八丁の急な斜面を登り、やっと足元にクマザサが混じるようになると、右手の方の展望が開け山頂は間近である。
nyudo04DSCF1888.jpg 

神社から2時間少しの登りで、11:45鳥居が立ち三角点のある入道ヶ岳山頂に到着する。
nyudo07DSCF1893.jpg 

入道ヶ岳はまさに入道の頭のように丸い山頂で、草原になっており、周囲の展望も開けた気持ちのいい山頂である。
北には鈴鹿の中心部、御在所岳や鎌ヶ岳が指呼の間に聳えている。
nyudo06DSCF1890.jpg 

東には眼下に四日市の街が広がり、伊勢湾も見渡せるが、今日はやや霞んでいる。
今日の行程は急がないので、山頂でゆっくりと昼食を摂っていると、北西の雲母峰(きららみね)の上空にパラグライダーが2、3機舞い上がる。
nyudo05DSCF1889.jpg 

そのうちの1機がこちらに向けて飛んできて入道ヶ岳山頂に着陸する。
珍しいので、皆で並んで飛び立つところを見ようと待っているが、風の強さや向きが難しいらしく、なかなか飛び立てない。
しばらくしてやっと飛び立つと、思わず皆で拍手が沸き起こる。
nyudo08DSCF1894.jpg 

nyudo09DSCF1896.jpg 

山頂には我々だけであり、ゆっくりと憩った後皆で記念写真を撮る。
nyudo10DSCF1899.jpg 

nyudo11DSCF1900.jpg 

1時間ほどの山頂での休憩の後、12:40下山にかかる。
北の頭を経て、宮妻峡への下山道である宮妻新道を下る。
この道はほぼ尾根通しの道であり、落葉に埋まった急な登山道を1時間少しで宮妻峡に出て、川を渡りキャンプ場に14:15に到着する。
nyudo14DSCF1910.jpg 

宮妻峡は紅葉でも有名なところであるが、まだ少し早いようである。
ここでタクシーを呼び、近鉄湯の山温泉駅近くの片岡温泉に行く。
今日一日の汗を流し、16:36の電車に乗り、四日市を経て午後6時少し前に名古屋駅へ到着する。

天気にも恵まれ秋空のもと気持ちのいい山行のできた一日であった。
入道ヶ岳の山頂は広々としており、パラグライダーを見上げながら昼寝をしていると、時の経つのを忘れてしまうような、好きな山頂の一つである。
                         山遊人


Posted on 23:55:59 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
10/25
Sun
Category:山行

鈴鹿山系でのビヴァーク研修山行 

10月24日(土)~25日(日)

           釈迦ヶ岳 

所属する山の会が主催して、鈴鹿釈迦ヶ岳、愛知川流域において行われた、非常時のビヴァーク体験やセルフレスキューなどの技術研修山行に参加する。
参加者は全員で17名である。



kensyumap03.jpg  
(GPSデータを地図上に落としました。途中電池切れで手書きのところがあります) 

10月24日(土)
朝7時半に集合し、4台の車に分乗して9時半前に三重県の鈴鹿山麓の朝明渓谷に到着する。
朝明茶屋へ移動し、小屋前広場でリーダーよりセルフレスキューなどの講習を受ける。
kensyu01IMGP2174.jpg 

kensyu02IMGP2179.jpg 

10:50今春新しくできた中尾根登山道から釈迦ヶ岳を目指す。
kensyu04IMGP2181.jpg  

庵座谷道の入口から入り、キャンプ場横から中尾根に取りつく。
少し登って尾根上に出て、後はずっと尾根通しの道である。
2時間ほどの登りでだんだんと展望が開け、御在所方面の山々も望まれる。
kensyu08IMGP2200.jpg 

kensyu09IMGP2209.jpg 

松尾尾根を経て、3時間ほどで釈迦ヶ岳山頂に14時過ぎに到着する。
kensyu10IMGP2214.jpg 

山頂から鈴鹿主稜を南に下り、猫岳を経て羽鳥峰峠手前まで下る。
ちょうどこのあたりでは中腹から上は紅葉が見頃である。
kensyu06IMGP2190.jpg 

kensyu07IMGP2193.jpg 

峠から猫谷林道に下り、すぐ下の谷でリーダーが準備したラーメンを御馳走になる。
kensyu11IMGP2217.jpg 

伊勢谷小屋まで下り、荷物を持って午後5時前に薄暗くなりかけた伊勢谷の道を少し登り返し、途中の河原にBCを設営し、そこで夕食を摂る。
kensyu15IMGP2236.jpg 

寒くなり、皆でつつく暖かいなべ料理がおいしい。
kensyu12IMGP2220.jpg 
 
午後8時過ぎ夜間歩行の訓練を兼ねて、ヘッドランプをつけ、根の平峠を経て北へ水晶岳を目指す。
午後9時過ぎ、水晶岳手前の登山道でビヴァークをすることとする。
曇ってはいるが、幸い風もなく、全員が思い思いにツェルトを設営する。
いつも持ってはいるが、使用するのは初めてであり、指導をうけながら何とかねぐらが出来、中に入り居心地を確かめる。
10時ごろ就寝するも、パラパラと雨が降ってきたり、風が出たりして、なかなか寝付かれない。
シュラフカバー一枚では夜中にさすがに寒く、何べんも眼が覚める。
実際のビヴァークとなればシュラフカバーもなく、大変さを実感する。



10月25日(日)
朝5時ごろ起床し、ツェルトを撤収し、水晶岳山頂に登るも、残念ながら雲が出て朝陽は見ることができない。
5:50に根の平峠に向けて下山し、峠を少し下った所から40分ほどの「ブナ清水」へ立ち寄る。
ここは谷の中の気持ちのいいところであり、ブナの春の芽ぶきの頃や紅葉の頃は素晴らしいことであろう。
kensyu13IMGP2229.jpg 

kensyu14IMGP2232.jpg 

伊勢谷のBCに戻り、朝食を食べ、再び伊勢谷を登って、タケ谷を下り、愛知川出合いに降りる。
愛知川はちょうど紅葉が見頃である。
kensyu16IMGP2239.jpg 

私たちの班は、愛知川を渡り、クラシ谷を詰めてクラシから続く900m地点を目指すも、谷を間違えてしまい、また、戻って登り返したのでもうひとつの班と別行動になる。
急な斜面を登り、12;00にやっと900m地点鞍部に着く。
時間も遅いのでクラシにいくことは断念し下山にかかる。
もう一つの班は予定通りクラシに登ることができる。
タケ谷から伊勢谷を経て、BCに午後2時過ぎに戻ってくる。
もう一方の班は少し遅れて、午後4時過ぎに無事到着する。
BCを撤収して、暗闇迫る午後5時過ぎ全員無事で朝明茶屋へ帰着する。

私にとって今回の研修山行は、いろいろと初めての体験が多く、実に成果のあるものであった。
特に、ビヴァーク体験は寒くつらい体験であり、実際にビヴァークをしなければならない事態におちいったら大変であろうことを実感する。
また、夜間歩行や地形図を見ながらルートを探しての歩行体験も勉強になった。
これからも安全登山に心がけ、楽しい山行を続けたいものである。
最後になったが、いろいろとご指導いただいたリーダー、サブリーダーには感謝を申し上げたい。

                       山遊人

 

 

Posted on 23:55:59 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
10/21
Wed
Category:山行

紅葉真っ盛りの恵那山 

10月21日(水) 

                                      ena102103enasanバナー 

高気圧に覆われた秋晴れの絶好の登山日和の一日、所属する会が指導する登山教室の現地学習として、日本百名山の一つ東濃地方の盟主である恵那山へ19名で山行する。
恵那山の由来は、昔は胞(えな)山とも書かれ、伝説では、天照大神が生まれたときこの山に胞衣(えな)を納めたとされ、それが山の名前となったとされている。
今回は山行が初めての方もおり、歩き方や日ごろ教室で学んだ用具の使い方、地図の見方等の現地学習が主の山行である。


ena102102enasanmap.jpg 

ena102101enadanmen.jpg 

コースタイム
広河原登山道駐車場9:08 → 9:35広河原登山口 → 11:20 1716ピーク → 12:35主稜線分岐 → 13:28恵那山山頂(三角点)14:05 → 15:25 1716ピーク → 16:30広河原登山口 → 17:15 駐車場


朝7時に集合し、マイクロバスで中央道を走り、園原ICを出て、神坂峠への林道をしばらくで、9時少し前に広河原登山道駐車場に着く。
4台ほど先客の車が止まっている。
ena102104IMGP2122.jpg 

入念に準備運動をして、9:08車止めゲート横を通り、広河原の登山口に向けて林道を歩きだす。
あたりの山の斜面はちょうど紅葉が盛りで、明るい朝の光に輝いている。
ena102105IMGP2124.jpg 

ena102106IMGP2132.jpg 

林道を30分ほど歩きトンネルを抜けると、左手に広河原登山口の案内板が現れる。
ena102107IMGP2133.jpg 

登山口から本谷川の河原に降り、掛けられた橋を渡り、恵那山主稜から北東へ派生した尾根を登りだす。
この橋では、数年前には雨で水かさが増し渡れなくなり、女性の方1名が亡くなるという事故が起きている。
大雨の後では渡ることができなくなるようなので、事前の確認が必要である。
ena102108IMGP2136.jpg 

いきなりかなりの急坂をジグザグを切りながらの急登から始まる。
しかし、この広河原からの道は整備が行きとどいており、大変歩きやすい。
両側の雑木林の紅葉の中を、ストックの使い方などの指導を受けながら歩を進める。
ena102109IMGP2138.jpg 

2時間ほどで尾根に出て、周囲の植生がカラマツ林にかわると、山頂までの中間点である尾根上の1716mポイントに出る。
しばらくしてシラカバの木の多いあたりから徐々に両側の展望が開けてくる。
傾斜のゆるくなったクマザサの中の道を展望を楽しみながら歩を進める。
ena102112IMGP2151.jpg 

左側には一点の雲もない青空に、伊那谷を隔てて、南アルプスの屏風のような連なりが徐々にせりあがってくる。
北の甲斐駒ヶ岳から南の聖岳まで3000m級の山々がすべて見渡せる。
ena102111IMGP2146.jpg 

高度が上がり、南アルプスの肩越しに、雪のある山頂が少し見え、あれは富士山ではないかとの声があがる。
カメラの望遠レンズで覗いてみると、確かに富士山の頭が少しのぞいている。
ena102115IMGP2155.jpg 

ena102114IMGP2154.jpg 
                 中央アルプス

ena102113IMGP2152.jpg 
                 南アルプス

ena102121IMGP2168.jpg 
           御岳、乗鞍岳、北アルプス穂高連峰

ピークから1時間ほどで主稜線にぶつかり、道は右へ折れ、展望のない針葉樹林帯を登り、午後1時半過ぎやっと三角点のある恵那山山頂に到着である。
ena102116IMGP2157.jpg 

山頂には展望台もあるが、登ってもあまり展望はきかない。
ena102119IMGP2164.jpg  

他の登山者もいない静かな山頂で昼食を摂り、皆で記念写真撮影をする。
ena102117IMGP2161.jpg 

ena102118IMGP2162.jpg 

ena102120IMGP2166.jpg 

時間が遅いので、最高点の方へは行かず、午後2時過ぎ下山にかかる。
午後3時を過ぎて、一段と赤みが増す紅葉の斜面を見下ろしながら下山を急ぐ。
午後4時半過ぎに本谷川の広河原に到着し、薄暗くなりかけた林道を下って、午後5時過ぎに駐車場へと戻ってくる。


教室の生徒さんで初めての方にとっては少しきつい山行であったかもしれないが、それぞれに学ぶことが多く収穫のある山行であったと思う。
天気に恵まれ、素晴らしい紅葉にも出会えて、秋の山を満喫した一日であった。

                          山遊人

 

 

 

Posted on 23:59:50 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
10/14
Wed
Category:山行

秋色進む守屋山 

10月14日(水)  
                                    moriya22moriya22守屋山

あちこちから垣根越しに金木犀の甘い香りが漂う秋本番のこの頃である。
秋色を求めて、信州諏訪湖の南にある守屋山にいつもの山仲間3人と山行する。
守屋山は山頂に諏訪大社上社の御神体が祀られており、春にはザゼンソウでも有名な山である。
また、ほぼ日本の中央にあるので、展望がよいことでも知られている。
moriya21moriya21moriyamap.jpg 
      (GPSの軌跡をカシミールで地図に取りこみました)

moriya01moriya01danmen.jpg 
コースタイム
杖突峠駐車場9:35 → 10:10登山口10:18 → 10:58守屋山東峰11:16 → 11:40守屋山西峰12:42 → 13:12前岳休処 → 13:57立石コース登山口 → 14:15杖突峠駐車場 


朝6:30名古屋を出発し、中央道の伊奈ICを出て、高遠から国道152号線を北上し、9:20杖突峠手前の登山口駐車場に到着する。
駐車場の横には、個人のアジア文化の研究所のモンゴルなどの建物が建っている。
moriya02moriya02IMGP2040.jpg 

準備をして、9時半過ぎに色づき始めたカラマツ林の中の道を緩やかに登り、アカマツが現れるころ、林道を横切ってザセンソウの群生地を過ぎ、林道終点の登山口に到着する。
moriya03moriya03IMGP2044.jpg 

moriya04moriya04IMGP2045.jpg 

moriya05moriya05IMGP2046.jpg 

ここには駐車場もあり、林の中には立派な避難小屋や簡易トイレも設置されている。
moriya06moriya06IMGP2049.jpg  

ここから登山道は左の林の中の急坂を登り、しばらくで尾根上に出て、鎖のかかった岩場を越すと、間もなく守屋山東峰(1631m)に到着する。
moriya07moriya07IMGP2057.jpg 

やや雲が多いが、山頂からは蓼科山や八ヶ岳連峰、南アルプス、中央アルプスなどが望まれる。
残念ながら北アルプスは雲の中である。
moriya08moriya08IMGP2059.jpg 

東峰のすぐ下には、柵で囲まれた中に守屋神社奥宮がある。
ちょうど山頂にいた地元の方に、この神社は諏訪大社の上社の御神体でもあことを教えていただく。
moriya10moriya10IMGP2061.jpg 

しばらく山頂で展望を楽しんだ後、三角点のある守屋山西峰にと向かう。
登山道の脇にはナデシコの花が一輪咲いている。
moriya09moriya09IMGP2060.jpg 

一旦下り、黄葉の進む明るい雑木林の尾根道を快適に歩を進める。
moriya15moriya15IMGP2075.jpg 

木の間越しに諏訪湖も眼下に望むことができる。
moriya16moriya16IMGP2078.jpg   

西峰直下には小さな休憩小屋があり、外観の割には中はきれいにされている。
moriya12moriya12IMGP2066.jpg 

 東峰から20分ほどで三角点のある西峰(1650m)に到着する。
moriya13moriya13IMGP2070.jpg 

西峰の山頂は、なだらかな草地が広がっており、ここでゆっくりと昼食を摂る。
しばらくして、地元の20名くらいの団体が上がってきて山頂で宴が始まる。
1時間ほどゆっくりとし、12:42山頂を後にする。
下りは立石コースをとり、カラマツ林のジグザグ道を降り、亀石や立石をはじめとした奇岩が続く石巡りのコースを通る。
moriya14moriya14IMGP2072.jpg  

                      moriya17moriya17IMGP2082.jpg 
                 鬼ヶ城

moriya19moriya19IMGP2088.jpg 
                   亀 石

moriya18moriya18IMGP2085.jpg 
                 立石の展望台

石巡りをしながら、1時間少しで立石コース登山口に降りる。 
国道を歩き、15分ほどで登り口の杖突峠駐車場に帰りつく。
帰りに高遠のさくらの湯で汗を流し、午後8時頃名古屋へ帰る。
 以前から守屋山は一度登ってみたいと思っていた山であったが、今回やっと念願がかなった。
往復3時間少しと割合簡単に登ることができ、展望は抜群の山であり、夏にはお花も多い山と聞いている。
今度は新雪か残雪の頃にもう一度訪れてみたいものである。
                               山遊人

 

Posted on 23:59:59 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
10/03
Sat
Category:山行

紅葉まぶしい甲斐駒ヶ岳 

10月3日(土)

                 甲斐駒

秋もだんだんと深まりゆき、今日は中秋の名月である。
この時期は高い山から順に紅葉が始まり、北アルブス穂高の涸沢でもちょうど見頃を迎えているらしい。
穂高へも久しぶりに行ってみたいが、例年のこの時期の小屋やテントサイトの混雑振りを想像すると二の足を踏んでしまう。
かわりに、前日からの雨が心配されたが、何とか回復しそうな天候なので、急に思い立ち、紅葉を求めて一人で南アルプスの甲斐駒ヶ岳へ山行する。  
kaikoma1024.jpg  
 (カシミールを利用して、GPSデータの軌跡を表示しました。仙水峠で電池が切れました) 

コースタイム
7:02北沢峠 → 8:43双児山 → 9:20駒津峰 → 11:00甲斐駒ヶ岳11:50 → 13:40仙水峠13:50 → 15:00北沢峠


朝3:00に名古屋を出て中央道を走り、南アルプス林道バス発着所の伊那市長谷村の戸台へ5:30に到着する。
上の駐車場は既に満車状態で、停留所には20人ほどが並んでバスを待っている。
雨もあがりこれから晴れていきそうな天候である。 
kaikoma1952.jpg  

6時少し前の一番バスに乗り北沢峠に6:40に着く。
心配された雨も何とか上がるが、さすがに2000mの峠は寒く気温3度である。
準備をして、7:02針葉樹の茂る薄暗い道を甲斐駒ヶ岳へ向けて登り始める。
途中1時間ほど登った展望がきくところからは、夏に登った仙丈ヶ岳や北岳のピラミダルな頂が木の間越しに望めるようになる。 
kaikoma1953.jpg  

尾根に出てしばらくで双児山(2649m)に到着する。  
 kaikoma1900.jpg   

ここから一気に展望が開け、仙丈ヶ岳や北岳などの南アルプスの山々ははもちろん、中央アルプスや北アルプス連峰もよく見える。
前方にはこれから登る甲斐駒ヶ岳が駒津峰の後ろに頭を現わす。 
kaikoma1967.jpg  

道は一旦下り、ゆるやかにハイマツの中を登り返すと駒津峰(2752m)へ到着である。
山頂からは甲斐駒ヶ岳が圧倒的な迫力で眼前に迫ってくる。 
kaikoma1974.jpg  

周囲の山々もよく見渡すことができ、鳳凰三山の地蔵岳の特徴的なオベリスクが雲海に浮かんでいる。
その後ろには富士山も頭を覗かせている。 
kaikoma1978.jpg  

駒津峰からは、尾根通しにいくつか岩峰を越えていくと、大きな花崗岩が重なる六方石に出る。
ここから先道は尾根通しに行く道と巻いていく道に分かれる。
登りは尾根通しの道をとることにする。
途中2、3か所大きな岩を越すやや危険なところが あり、急な道を一気に山頂に向けて登る。
登り始めて4時間強のちょうど11時に山頂に到着である。 
kaikoma1990.jpg  

山頂からはさえぎるもののない大展望が開けている。 
kaikoma1980.jpg   

kaikoma1998.jpg   

kaikoma1996.jpg  

山頂では大ぜいの登山者が憩っており、さすが百名山の賑わいである。
ゆっくりと昼食を摂り、11:50下山にかかる。
下りは巻き道を通り、六方石に出て、駒津峰からは仙水峠へと下る。
途中の中腹あたりは紅葉がかなり進んでいる。
仙水峠からは、いままで見えなかった甲斐駒ヶ岳の摩利支天が、ガスのなかから突然姿を現わし、その大きさに驚かされる。 
kaikoma2012.jpg  

峠から下る途中の斜面は、ダケカンバやシラカバなどの紅葉が真っ盛りである。 
kaikoma2015.jpg   

 
午後4時の最終バスに乗るつもりでいたが、峠で会った方から午後3時の臨時バスが出ると聞き、大急ぎで下り、ギリギリに北沢峠に戻ってくる。
さすが紅葉の季節で、大勢の人がバスを待っており、何とか2台目のバスに乗ることができ、午後4時戸台の仙流荘前に戻る。
帰りに桜で有名な高遠の「さくらの湯」で汗を流し、午後9時ごろ帰宅する。
今回の山行は、急に思い立っての山行であったが、雨上がりのさわやかな秋空のもと、展望にも恵まれ、紅葉も楽しむことができた楽しい山行であった。
 
                          山遊人

 

 

Posted on 23:59:59 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)