FC2ブログ
01< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.>03

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 02月の記事一覧 
2009
02/15
Sun
Category:季節の花

なばなの里の枝垂れ梅 

 2月15日(日)
         「なばなの里」の枝垂れ梅

昨日から。この時期にしては異常な暖かさが続いている。
20度を超えた所も出ており、季節が一月以上も先に進んだ感じである。

知人にチケットをいただいたので、春のようなうららかな陽気に誘われ長島の「なばなの里」へ出かける。

2009-02-15 11-09-37

この時期は花はあまり期待しておらず、温泉に入る目的である。
園内に入ると、入り口に枝垂れ梅が5~8部咲きとの案内があり、さっそく見に行く。
ここの枝垂れ梅を見るのは初めてである。
行ってみると、数百本はありそうな紅白の枝垂れ梅が、この暖かさに誘われてすでに満開に近い状態である。

2009-02-15 10-55-12

2009-02-15 10-54-19

2009-02-15 10-56-08

2009-02-15 10-59-24

2009-02-15 10-59-05

いちばんいい時期に来た感じである。
枝垂れ梅は、いつもは名古屋市の農業センターに見に行くのだが、ここのも捨てがたい感じである。
園内の40mほど上る展望台に乗り、園を上から眺めたが、梅園の満開の様子がよくわかる。

2009-02-15 11-20-06

2009-02-15 11-19-39

また、すぐ横の長良川河口堰が手に取るようである。

2009-02-15 11-19-02

園内の日帰り温泉「里の湯」に入る。
ここは料金が高いためか、空いていて、ゆっくりと湯に浸ることができる。
思わぬ梅見を堪能できた休日であった。

山遊人

 

Posted on 18:25:44 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
02/11
Wed
Category:山行

高ボッチ高原でスノーシュー 

2月11日(水)

takabotti.png


今年初めてのスノーシューで遊ぶため、諏訪の高ボッチ高原へ山行する。
今年の2月は暖かい日が続いているので雪があるか心配であったが、朝6時にいつもの仲間3人と出かける。
塩尻インターを出て、9時前に山麓の「JAアスティたかおか」駐車場に着く。
ここから松本盆地を隔てて北アルプスの峰々がよく見渡せる。
特に、常念岳の端正な三角錐が白く輝いている。
フロントで駐車の許可をもらい、道を教えてもらって9時半前に出発する。
カラマツとアカマツの混じる広い登山道を登り、しばらくで林道に出る。
雪が圧雪されてカチンカチンに凍っている林道を注意深く歩き、出発して1時間ほどで高ボッチへの登山道へ入る。

takabotti 2009-02-11 10-09-43

トレースはしっかりとついているが、このあたりからは完全な雪道となる。 
1時間ほど登り、雪に埋まったひょうたん池を右に見て、少し傾斜のゆるくなった所でスノーシューをつける。
積雪は30cmぐらいある。
ちょうど12時に、牧場の柵をまたいで、広い展望がきく林道にでる。
上空は素晴らしい青空で、風もないいい天気である。
眼前の鉢伏山はもちろん、少し行ったところからは蓼科山や霧ヶ峰、反対側には北アルプスがよく見える。

takabotti 2009-02-11 11-51-53 

takabotti 2009-02-11 11-51-40

途中の休憩所の小屋に荷物を置いて、12時20分頃1665mの高ボッチ山の山頂に到着する。
山頂からは眼下に諏訪湖を見下ろし、その向こうには南アルプスの甲斐駒ケ岳、北岳、仙丈ヶ岳がそびえて見える。
東には、蓼科山から八ヶ岳連峰が連なっている。

takabotti 2009-02-11 12-23-20

takabotti 2009-02-11 12-20-15

takabotti 2009-02-11 12-21-51

takabotti 2009-02-11 12-20-52

だんだんと雲が出始め、残念ながら北アルプスは雲に隠れ出す。
ここまで一人の登山者と会うこともなく、素晴らしい眺望を我々だけで独り占めである。
十分に展望を満喫し、休憩所の小屋で昼食を摂る。
この頃から天候が急激に悪化し始め、風も出て非常に寒くなる。
早々に昼食を終え、帰り支度をし始める頃には雪も舞い始める始末である。
山の天候の急激な変化に驚かされる。
13時過ぎに下山にかかり、スノーシューの威力で、15時前には「アスティーたかおか」へ到着する。
ここの温泉で体を温め、19時前には帰名する。

今年はどこも雪が少なく、”スノーシューで真っ白な大草原漫歩”とはいかなかったが、冬の高ボッチ高原は静かで展望に恵まれたいい山である。

山遊人

 

Posted on 23:00:00 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
02/04
Wed
Category:未分類

久しぶりにスキー 

2月4日(水)

      鷲ヶ岳スキー場で25年振りのスキー

今日は立春である。
暦どおりの暖かな日である。
昔やったスキーをまたやりたくなり、バスツアーで鷲ヶ岳スキー場へ行く。
水曜日が女性デーでリフトがただになるためか、バスは若い女性でほぼいっぱいである。
8時に名古屋駅を出て、10時過ぎスキー場へ到着する。
ここ数日暖かかったため、途中の道はまったく雪がない。
平日だというのに、駐車場はほぼ満車状態である。 

wasi 2009-02-04 17-05-39

スキーと靴を借りて久しぶりにゲレンデに立つ。
最近のスキー板は昔に比べてずいぶんと短い。
ほぼ25年振りのスキーで果たして滑れるのか少々不安である。
ゲレンデは9割以上がスノーボーダーである。
下の方で少し足慣らしをして、一番短いリフトで上に上がる。
滑り出してみると、体で覚えたことは覚えているもので、何とか滑り降りることができた。
スキー板が短いので、回転が楽である。
徐々に長いリフトで上の方まで行き、中級の斜面でも大丈夫である。
それにしてもゲレンデは、ボーダーばかりで、コースの途中で座っており大変に危険である。
雲ひとつないいい天気に、ゲレンデ一番上からの大日岳や白山連峰の眺めが素晴らしい。

wasi 2009-02-04 11-26-19

wasi 2009-02-04 14-08-24

wasi 2009-02-04 17-04-32

午後3時頃まで滑って、温泉に入り、5時半のバスで帰名する。

本当に久しぶりのスキーであったが、滑っている時の爽快感をまた思いだした。
年寄りの冷水で、骨折などに気をつけて、この年になってまた復活したくなった。

山遊人

 

Posted on 23:55:00 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)