FC2ブログ
御在所岳の樹氷
2009/01/14(Wed)

          1月14日(水)
          御在所 
昨日は名古屋でも雪がちらつき、ここ数日大変寒い日が続いている。
冬型も少し緩み、風もない絶好の日になりそうなので、恒例となっている三重県の御在所岳の樹氷を見に行く。
今日は樹氷を見るだけで山を歩くつもりはないので、普段着のままである。
ロープウェーは9時からしか動かないので、7時過ぎにゆっくりと家を出る。
湯の山あたりからは鈴鹿山脈がくっきりと見え、稜線は真っ白である。
どこも雪は相当あるようである。
8時半過ぎにロープウェー駐車場へ着く。
ここまでの道にはほとんど雪はない。
三脚を担いだカメラマンが三々五々とロープウェーを待っている。
9時一番の便で山上駅まで12分の空中散歩である。

gozaisyo0901-8.jpg

山頂の雪は1mほどであり、昨晩少し積もったようだ。
山頂駅から上がった朝陽台の展望台のあたりの樹氷がきれいである。

gozaisyo0901-6.jpg

gozaisyo0901-5.jpg

gozaisyo0901-4.jpg

眼下には四日市のコンビナートの煙もよく見える。
伊勢湾は少し霞んでいる。

gozaisyo0901-3.jpg

鎌ヶ岳はやや雲がかかるも、ときおり特徴的な三角錐の山頂を見せてくれる。

gozaisyo0901-7.jpg

スキー場への道を辿り、氷瀑を見に行く。
ここの氷瀑は人工的なものだが、高さ10mほどもあり、一見の価値はある。

gozaisyo0901-1.jpg

gozaisyo0901-2.jpg

徐々に雲も出始めてきたので、1時間ほどでロープウェーで下山する。
帰りに、湯の山駅近くの片岡温泉で温まって帰名する。

毎年のように樹氷見物に来ているが、今日は条件が整って割合きれいな樹氷を見ることができた。
天気予報をよく見て出かけてくれば、まだ2月中は素敵な樹氷に会えるかもしれない。

山遊人

 

この記事のURL | 旅日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明けましておめでとうございます
2009/01/01(Thu)

         2009年(平成21年)元旦
           茶臼山 

明けましておめでとうございます。
穏やかな光の中新しい年が明けました。
皆様にとって新しい年が輝かしい年でありますようお祈り申し上げます。
本年もまたよろしくお願い申し上げます。

今年も恒例となった元旦の初日の出山行に行ってきました。
今年は愛知県の最高峰である茶臼山からの初日の出です。
茶臼山からは天気が良ければ南アルプスから上る初日の出が見えます。

冬型気圧配置で、山間部は雪模様の天気予報であったが、とにかく朝3時30分に名古屋を出発する。
国道153号線を豊田から足助、稲武を通り、茶臼山高原道路を登る。
高原道路に入っても雪がほとんどなく、スノーシューを持ってきたが使えそうにない。
6時少し前スキー場の駐車場に到着する。
雪はまったくないが、さすがに冷え込んでいる。外気温は-10℃くらいである。
数台駐車してあるが、登山客かスキー客かわからない。
準備をしてまだ暗い中6時過ぎにヘッドランプを点けて出発する。
途中の登山道もまったく雪がない。
ゆっくりと登って6時30分には山頂に到着する。
このころからあたりは明るくなり始める。
山頂の展望台には先着の方が2名おり、しばらくしてもう2名の方が登ってみえる。 

tyausu-9.jpg

雲ひとつなく南アルプス方面の山々がシルエットになってよく見える。

tyausu.jpg

寒い中ふるえながら待っていると、7時過ぎようやく今年最初の太陽が南アルプス南部の山の上から顔を見せ始める。

tyausu-1.jpg

tyausu-3.jpg

tyausu-4.jpg

tyausu-2.jpg

太陽はあっという間に上ってしまい、また今年も新しい年が始まった。 一年の平穏を祈る。
下りは周遊道を行こうと、しばらく行くとそちらにも展望台があり、こちらの方が眺めがよさそうである。
カメラマンの方が2名盛んにシャッターを切っている。
ここからの下りは北斜面のためか雪がかなりある。

tyausu-5.jpg

野外活動センターの方へ出ると、道の傍らに矢作川源流の碑が建っている。
茶臼山が矢作川の源流とは知らなかった。

tyausu-6.jpg

8時前に駐車場へ戻り、元旦に営業している売木温泉「こまどりの湯」につかり体を温める。
帰りは売木峠を通り、153号線に出て、12時前に帰名する。

予想に反して天気がよく、今年も素晴らしい初日の出を見ることができた。
今年の山行も天候に恵まれ一年無事で楽しい山行をしたいものある。

山遊人

  

この記事のURL | 山行 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |