FC2ブログ
中央アルプスで雷鳥誕生!
2019/07/02(Tue)
7月2日(火)

ライチョウのひな確認 50年前に絶滅の中央アルプスで

 国の特別天然記念物・ライチョウのひなの孵化(ふか)が1日、中央アルプスの木曽駒ケ岳(長野県)で確認された。中央アルプスのライチョウは50年ほど前に絶滅したとされるが、昨年、北アルプスから飛来したとみられる雌1羽が見つかり、環境省が「復活作戦」に乗り出していた。今後は成長を見守るとともに、天敵対策やえさとなる現地の植物などの調査も進めるという。

 環境省信越自然環境事務所(長野市)によると、職員が1日午後、この雌の巣にあった卵6個のうち、5個が孵化した跡を発見。その後、巣の約30メートル先で5羽のひながこの雌の周りを歩く様子などを確認した。

 中央アルプスのライチョウは1969年を最後に目撃例がなく、絶滅したと考えられてきた。ところが昨年夏、木曽駒ケ岳で雌1羽が見つかり、この雌が産んだとみられる無精卵のある巣も確認された。環境省は今年6月、北アルプスの乗鞍岳の巣で一部採取した有精卵と、木曽駒ケ岳の巣の無精卵を入れ替えてこの雌に抱かせ、「中央アルプス生まれ」のライチョウの復活を目指していた。

 7月に入り、中央アルプスは夏山シーズンを迎えた。同事務所の担当者は「神経質な時期なので、山でライチョウを見つけても近づかず、遠くから見守って」と話している。(大野択生)

(朝日新聞DIGITALより)


「中央アルプス雷鳥」の画像検索結果
(YouTube)

山遊人

この記事のURL | 山のニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遭難者捜索
2017/07/10(Mon)
7月10日(月)

猿投山で遭難者捜索

7日~9日までの3日間、今年5月16日に猿投山で遭難され、行方不明になっている方の捜索活動に参加した。
sousaku1.jpg

11日間、延べ150名以上の当会会員等が参加して行われた捜索活動である。
sousaku2.jpg

事故後すでに50日以上が経過し、ご家族の方のお気持ちを思うと何とか手がかりでも見つからないかと、必死の捜索活動が続いた。
猿投山山域のほとんどの尾根、谷を捜索したが、残念ながら遺留品さえも見つからなかった。
今後また機会があればご家族の方の意向等も踏まえ、再開されるかも知れない。
捜索に参加された多くの皆様暑い中本当にお疲れ様でした!!

それにしても、捜索活動に参加して”山では絶対に遭難してはならない”という思いを一層強くした。
地形図やコンパスの必携はもちろん、登山届を必ず出すことなどを守って安全登山に心がけたい。
山遊人


この記事のURL | 山のニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年も開催「夏山フェスタ」
2017/06/18(Sun)
6月17日(土) 

第5回「夏山フェスタ」開催される!!

      WS000003.jpg

IMG_3741.jpg

IMG_3740.jpg

IMG_3743.jpg

山遊人
この記事のURL | 山のニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
成瀬陽一氏講演会案内
2016/06/17(Fri)
6月17日(金)

日本における沢登りのエキスパート「成瀬陽一氏」講演会

日 時:平成28年6月18日(土) 午後4時~午後6時

場 所:日本山岳会東海支部ルーム
      名古屋市中区富士見町8-8 OMCビル地下1階

支部員、支部友会員の方は是非聞きに来てください!


      sawaya.jpg
山遊人
この記事のURL | 山のニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第4回夏山フェスタ始まる
2016/06/11(Sat)
大盛況の夏山フェスタ!

いよいよ今日から第4回夏山フェスタが始まりました。
午前10時の開場と同時に大勢の人が押し掛けました。
300席ある各セミナーとも座席はほぼ満席の状態でした。
午後からは、今年から始まる「山の日」記念放談会も開催されました。

yamafes5.jpg

yamafes6.jpg
(会場風景)

yamafes7.jpg
(山の日記念放談会)

明日もまだ開催されています。
特に、明日は一筆書き日本百名山、二百名山で有名なプロアドベンチャーレーサー「田中 陽希 さん」のト―クショーが開催されます。
多数の方のご来場が期待されます。
山遊人

この記事のURL | 山のニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ