FC2ブログ
10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12

山と写真をこよなく愛するおじさんのブログです。 山行記録や旅日記また花の写真などを中心によしなし事を載せていきます。 同好の方がみえましたらお立ち寄り下さい。

山遊人の徒然日記

 季節の花の記事一覧 
2018
05/06
Sun
Category:季節の花

復活待たれるカキツバタ:知立無量壽寺 

5月6日(日)

無量壽寺のカキツバタ

「伊勢物語」在原業平の東下りの故事で有名な、知立無量壽寺境内にある「八橋かきつばた園」のカキツバタが、昨年から土壌汚染などにより生育不良になっているそうです。

http://www.city.chiryu.aichi.jp/kanko_bunka_sports/kanko_bunka_sports/1/1451813608109.html

20年来通っているので今年も行ってみましたが、最盛期に比べて本当に花が少なくなってしまいました。
保存会で土壌改良などをして再生に努力してみえるということです。
3万株のカキツバタが咲き誇る往時のような風景を再び見たいものです。

IMG_3069.jpg

IMG_3078_20180506134158caf.jpg

IMG_3076.jpg

IMG_3074.jpg

IMG_3080.jpg
山遊人


Posted on 14:07:21 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2018
04/05
Thu
Category:季節の花

春の競演 

4月2日(月)

春の花の競演(猿投・足助地区)

以前の職場のグループで、猿投地区や足助へ花の撮影旅行に出掛けました。
「勘八峡」では、ソメイヨシノは花吹雪盛んでしたが、シダレザクラやハナモモ、ミツバツツジなどが満開でした。
IMG_2731_20180405060503e20.jpg
(シダレザクラとハナモモ)

IMG_2743.jpg
(ユキヤナギをバックに)

IMG_2751.jpg
(ミツバツツジ)

IMG_2754.jpg
(モミジの花芽)

猿投地区の「桃の里」では、ピンクのモモの花の絨毯が一面に広がっていました。
IMG_2765.jpg
(桃の里の展望台より)

IMG_2770_201804050604497cb.jpg
(猿投山をバックに)

足助「飯盛山」のカタクリは残念ながらすでに最盛期を過ぎており、チラホラとみられる程度でした。
IMG_2782_201804050604500ea.jpg
(巴川と新緑の飯盛山)

IMG_2797.jpg
(咲き残りのカタクリちらほら)

IMG_2792.jpg

IMG_2795_201804050604530b1.jpg
山遊人

Posted on 06:43:14 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
08/03
Mon
Category:季節の花

夏空に咲くユリの園 

8月3日(月)
       梅雨明けの空に映えるユリの園

長かった東海地方の今年の梅雨がやっと本日明けた。
観測史上最も遅い梅雨明けであるらしい。
昨日までのうっとしい天気が去り、久しぶりに夏空が戻ってきた。

数年前に奥美濃のスキー場にできた「ダイナランド」のゆり園に行く。
9時過ぎに駐車場へ着くも、すでに数十台駐車してある。
ゲレンデに出るとユリの絨毯が目に飛び込んでくる。
リフトやバスで上へあがることができるが、今日は我が家の柴犬「ウィル」を連れて来たので、歩いて上がる。
下の方はやや遅い感じであるが、中腹辺りが見頃である。
ゆっくりとユリを鑑賞しながら、30分ほどでリフト終点の駅まで上がる。
月曜日だというのに結構人が来ている。
夏の青空と白い雲に、赤、黄、白色のユリが鮮やかである。
ゲレンデ上部はまだこれからというところである。
上から斜面を見下ろすと、正面には鷲ヶ岳が雲の間に山頂を見せている。
daina01IMGP1679.jpg 
daina02IMGP1685.jpg 
daina03IMGP1695.jpg 
daina04IMGP1701.jpg 
daina05IMGP1709.jpg
今日は「ウィル」君も一緒です。
 
daina06IMGP1719.jpg 
daina07IMGP1726.jpg 
daina08IMGP1745.jpg 

1時間半ほど鑑賞して、帰りに以前行ったことのある白鳥の「阿弥陀ヶ滝」へまわり、滝を見にいく。
雨上がりで水量がすごく、真下まで行ってマイナスイオンたっぷりの滝のしぶきを全身に浴びる。
        daina09IMGP1758.jpg 

白鳥へ戻る途中「正ヶ洞の棚田」が見える展望地へ寄る。
青々と伸びた稲穂の先に棚田が連なっている。
daina10IMGP1768.jpg 

最近はスキー場のゲレンデに夏の間いろいろな花を植えて観賞させてくれるところが増えている。
一昨年の初冬に、このゲレンデを通り大日岳を目指すも、予想外の雪に途中で敗退したことを思い返しながらの真夏の奥美濃ドライブであった。
                          山遊人
Posted on 19:51:36 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
05/06
Wed
Category:季節の花

花の美しい季節 

5月6日(水)

連休も今日で終わりです。
今年の連休は、後半雨にたたられました。
この時期はいろいろな花が美しい季節です。
季節の花を追って写真を撮りに行っています。
今年も知立の無量寿寺にカキツバタを見に行ってきました。
雨が降っており、朝早かったのでほとんど人は来ておりませんでした。
しかし、残念なことに昨年病気が発生して、ほとんどの池のカキツバタがだめになってしまい、昨年植え替えたのでここ2、3年は花が咲かないそうです。
こんなことは初めてです。
有名な花の名所なので残念です。

お茶席横の池はまだよかった。
hanaIMGP1357.jpg  

hanaIMGP1359.jpg 

hanaIMGP1360.jpg 

裏の一番大きな池はこのありさま。
hanaIMGP1362.jpg  


おまけ

連休前に摂ったセンチュリー通りのナンジャモンジャの花
egoDSCF0906.jpg 

egoDSCF0907.jpg 


我が家にあるエゴ木の花が今年はたくさん花をつけ満開になりました。

hanaDSCF0937.jpg 

hanaDSCF0942.jpg
 
hanaDSCF0944.jpg 

 

Posted on 18:42:27 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)
2009
04/08
Wed
Category:季節の花

悠久の桜花 

4月8日(水)
        根尾の薄墨の桜

そろそろ今年の名古屋の桜の饗宴も終期を迎える。
暖かな一日、急に思い立って久しぶりに根尾の薄墨桜を見に車を走らせる。
朝6時半に家を出て、瑞穂市、本巣市を通り根尾川に沿って北上する。
平日の早い時間のため順調に走ることができる。
根尾近くなると、北に能郷白山がたっぷりの残雪をいただき、白く輝いて見える。
8時少し過ぎに橋を渡り、薄墨公園に着く。
すでに、村の人が多く出て駐車場整理をしている。
車もすでに50台以上は駐車している。
昨日NHKテレビで満開の様子を写していたからか、さすがに人手が多い。
30年以上も前に来て以来で、あまり記憶にない。
薄墨公園へ行く坂道の両側には多くので店が出ている。
坂道を上がり切り、久しぶりの桜との対面である。
地元本巣市によれば、樹齢1,500余年、樹高16.3m、幹囲9.9mの世界一の名桜、
満開はつややかな白、散り際には淡墨色になることから淡墨桜と名付けられたとある。
開花シーズンには、1日8,000人近くの人々が訪れるそうである。
うす曇りの中、少し白みをおびた花がほぼ満開である。
幹にも風格が漂よい、どちらから見ても美しい姿である。
エドヒガンの桜で、花はソメイヨシノに比べると白っぽく小ぶりである。
何度も枯死の危機に遭いながらも、宇野千代さんら多くの人々の努力で甦った不死鳥のような桜である。
千数百年という悠久の年月をこの山中で、風雪に耐えて毎年花を咲かせてきたのである。
これからも大事に見守っていきたい桜の銘木である。
今度の土日が多くの人が来て今年最後の花見になりそうである。
今度はいつ来れるかわからないが、いつまでも咲き続けて欲しいと願いながら帰名する。
                               山遊人

usuzumiIMGP1227.jpg

usuzumiIMGP1219.jpg


usuzumiIMGP1208.jpg


usuzumiIMGP1212.jpg


usuzumiIMGP1211.jpg

 
Posted on 15:42:14 «Edit»
  tb: (0)    com: (0)